こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




アニメ「べるぜバブ」第48話「オレが親です」の感想。

(オープニングは「Baby U!」、エンディングは「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪(期間生産限定盤)(アニメ盤)」。)

(※第50話まで視聴した状態で、この第48話の感想記事を書いています。)

小西克幸、バトルシーンでは、「北斗無双」で鍛えた刻みの速い叫び声を発揮してたな

男鹿が「頼むわ東条」と言ったあたりの、「男鹿&東条、ヒルダ&葵」の絵面がいいな

男鹿の「ゼブルエンブレム」って、「劇場版戦国BASARA」の、政宗の「Jumping Jack Breaker」に似てる(笑)、ってか、劇場版BASARAのほうを観た時に、「これ、男鹿のあの技に似てるな」と実は思ったんだ(笑)

男鹿の「まだだよ」って言い方かっこええ

「オレが親だからだ」、ベル坊驚く、ヒューと風が吹く……のシーンもかっこええ! ここ、名シーンだなあ!

そして後のほうで、この、男鹿が「オレが親だからだ」と言った時のサマを反芻して微かに笑うヒルダがいいな

焔王やナーガたちが去っていくシーンが、『BLEACH』第21巻で、藍染たちが尸魂界を去っていくシーンに似てた(笑)

ところでこのアニメ、去年の1月から始まったから、ちょうど1年が過ぎたんですね。まだまだ続いて、楽しませて欲しいです!(主題歌のコンピアルバムも出ないかなあ)



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号『べるぜバブ』バブ134「ガールズバトル」~WJ3・4号『べるぜバブ』バブ137「VSジャバウォック」の感想。

WJ51号『べるぜバブ』バブ134「ガールズバトル」からWJ3・4号『べるぜバブ』バブ137「VSジャバウォック」までの4号分の感想を、まとめてアップ!

++++++++++++++++++++++++++++++
・WJ51号『べるぜバブ』バブ134「ガールズバトル」の感想。

男鹿を庇って前に飛び出した葵姐さん、かっこええ

それと田村センセイ、キャラ全員の名前を読者に覚えてもらう気、全くないな(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
・WJ1号『べるぜバブ』バブ135「ゲーム」の感想。

パズル勝負なら、助っ人として来て欲しいのは姫川かな……と思ったら、その通りの展開になってて嬉しかった

「ナンプレ」って「ナンバープレース」の略だったのか、知らなかった(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
・WJ2号『べるぜバブ』バブ136「総大将」の感想。

総大将のジャバウォックって、観た記憶はあるんだけど、よく覚えてない、申し訳ない(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
・WJ3・4号『べるぜバブ』バブ137「VSジャバウォック」の感想。

ヒルダが目を覚ましたコマと、ベル坊が「アウ」と言ったコマ、泣けた(涙)

男鹿と東条に左右から同時に顔をぶん殴られたら、頭が砕ける気がするが(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(12月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)』)
(同じ12月2日に、これも発売になりました→『大長編 べるぜバブ2 ベルベル☆タイムトラベル 時をかけるベル坊 (JUMP j BOOKS)』)
9月2日に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


アニメ「べるぜバブ」第46話「燃えろ、超絶合体!」・第47話「お待たせしました」の感想。

アニメ「べるぜバブ」第46話「燃えろ、超絶合体!」・第47話「お待たせしました」の感想を、まとめてアップ!

(オープニングは「Baby U!」、エンディングは「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪(期間生産限定盤)(アニメ盤)」。)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第46話「燃えろ、超絶合体!」の感想:

(※この第46話まで視聴した状態で、この第46話の感想記事を書いています。)

一緒に踊ってる禅さんと男鹿とベル坊オカシイ(大笑)

「禅さんが男鹿に説教してる間もラジカセの音楽が止まってない&禅さんのマイクのエコーがかかったまま」というところに大笑いした

ってかあそこでの禅さん、マイクを使う必要、全くないと思う(笑)、エアロビのインストラクターの資格でも持ってるのか禅さん(笑)

姫川の会社の人間は、髪型も姫川と同じなのか(笑)

ウサギの仕草の真似してるベル坊オカシイ(笑)

『BLEACH』の感想でも書いたけど、「ゲームの中で戦う」という設定が使われたのは、『BLEACH』より『べるぜバブ』のほうが先だった(笑)

「ロボット5体が合体する」というのは、『銀魂』の「蓮蓬篇」で観たばかりだ(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第47話「お待たせしました」の感想:

(※この第47話まで視聴した状態で、この第47話の感想記事を書いています。)

古市たちも焔王たちも、丸3日もあそこで過ごしていて、誰も「ちゃんとした食事を作ろう」と言い出さなかったのか(汗)

ヨルダは変装するなら、服装をいつもとガラッと変えるだけじゃなく、顔を隠すべきだったな

「クズボノブ」って、原作にはいなかったですよね?「一片の悔いなし」って、内海賢二つながりですよね(笑)……イマドキの子供はわかるのかな(笑)

ちなみに内海賢二の奥様は、長いこと「ドラえもん」でしずかちゃんを演じていた野村道子です

コマちゃん役は、龍野直樹ですか……「銀魂」の敏木斎か。他には……「ドラゴンボール」のウーロンとか、「魔界都市<新宿>」の水鬼とか。姿がちっちゃい役が多いお方なんだろうか

次回は、男鹿の「オレが親だからだ」が聞けるわけか! たーのーしーみー!(まあのちに「ノリで言っただけ」とヒルダに白状していたが)

++++++++++++++++++++++++++++++
↓2012年版カレンダー(アニメ版)。
べるぜバブ [2012年 カレンダー]べるぜバブ [2012年 カレンダー]
(2011/10/26)
.

商品詳細を見る




テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ49号『べるぜバブ』バブ132「王と男鹿」・WJ50号『べるぜバブ』バブ133「ケンカ」の感想。

WJ49号『べるぜバブ』バブ132「王と男鹿」・WJ50号『べるぜバブ』バブ133「ケンカ」の感想を、まとめてアップ!

++++++++++++++++++++++++++++++
WJ49号『べるぜバブ』バブ132「王と男鹿」の感想:

(※このWJ49号まで読んだ状態で、このWJ49号の感想記事を書いています。)

この週はバリバリのバトル回だったから、あんまり書く感想はないかな(汗)

バジリスクの「目を合わせたら動けなくなる」って力、『パタリロ!』のバンコランを思い出した(笑)

まあバジリスクは「美形」じゃないし男鹿も「美少年」って感じじゃないけど(笑)

バジリスクの斧を真剣白羽取りしてるベル坊可愛い(笑)

「ゼブルエンブレム」より「ゼブルブラスト」のほうが言いやすいと思うんだがな(汗)

東条、どこで寝てるんだ、そもそもどうやってそこまで来た(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
WJ50号『べるぜバブ』バブ133「ケンカ」の感想:

(※このWJ50号まで読んだ状態で、このWJ50号の感想記事を書いています。)

「ヒルダが火炙りにされかけてる」「それを男鹿が救出に来つつある」ってところが『BLEACH』に似てる……と書いたけど、ヒルダの火炙りを監視してるあのキャラも、ギンに似ていなくもないような(笑)

男鹿が東条にモノローグで言った「そしてごめん、けっこーぶっ壊した…」って台詞オカシイ(笑)

東条と男鹿の「ほう、ヨメが…」「ヨメじゃねーよ」ってやり取りオカシイ(笑)

東条は「敵の刀を折り、自分は左腕を斬られる」ってバトルをしてたけど……「刀を折られる」「左腕を斬られる」って、1号前のWJ49号の『BLEACH』では、白哉がこの二つを一身に受けてたっけ(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(12月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)』)
9月2日に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


アニメ「べるぜバブ」第44話「強くならなきゃいけません」・第45話「ゲームは一日1時間までです」の感想。

アニメ「べるぜバブ」第44話「強くならなきゃいけません」・第45話「ゲームは一日1時間までです」の感想を、まとめてアップ!

(オープニングは「Baby U!」、エンディングは「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪(期間生産限定盤)(アニメ盤)」。)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第44話「強くならなきゃいけません」の感想:

(※この第44話まで視聴した状態で、この第44話の感想記事を書いています。)

Aパート締めのアイキャッチに、樫野諌冬(かしの・いさふゆ)がもう出てた、本編ではまだ登場してないのに……と思ったら、Bパートからの登場でしたか

真田兄弟を瞬殺するシーンの神崎&姫川オカシイ(笑)

「食事前のお祈り」は全然「くっだらないこと」じゃないと思う、大事なことだと思う(必ずしも踊る必要はないけどな)

しかし男鹿は、今まで「踊るヒルダ」を平然と受け流してきたのか(汗)

男鹿を気絶させて引きずっていく葵オカシイ(笑)

浴槽の中で泳いでる光太可愛え(笑)(現実にあれをやられたら嫌だろうけど(汗)。現実の親御さんは、まだオムツの外れていない赤ちゃんや子供を、温泉や銭湯の浴槽には入れないでくださいね(汗))

樫野諌冬を演じるのは早見沙織か、サーラ(劇場版NARUTO ザ・ロストタワー)で亜豆ちゃん(@バクマン。)ですね

次回予告で、男鹿が「何のアニメだよ!」と言ってましたけど、ついこの前までのアニメ「銀魂」も、「何のアニメだよ!」って感じでしたよね(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第45話「ゲームは一日1時間までです」の感想:

(※この第45話まで視聴した状態で、この第45話の感想記事を書いています。)

頻出キャラの中に1人、大金持ちか小金持ちがいると、のちの展開で何かと便利ですよね

姫川の顔をかたどったスクリーンセーバーオカシイ(笑)

神崎、人の家の冷蔵庫を漁ってものを食べるなら、賞味期限を確認するのは当たり前のことだぞ(汗)

学校で、涼子だけ出席していたあのシーン、やっぱりオカシイ(笑)

古市たち8人が「ひーめかーわくん、あーそぼ」と言ったあのシーンオカシイ(笑)、姫川も、本当はまんざら嫌でもないんだろうが(笑)

禅さんに「よろしくお願いします」と言った男鹿、かっこええな。男鹿の敬語って滅多に聞けないから貴重だ

あと、原作のほうでも言われてることだけど、この漫画って基本的に、「修業の最中の様子を描く」ってことはしない方針みたいですね。確かに、「主人公の修業」って、よっぽど上手く描いてくれないと、退屈なエピソードになることが多いから(汗)、賢明かも知れない

姫川のマンションで、9人がネトゲに入った後のことだけど……悠木碧のあんな低い声、初めて聴いた(笑)

そして、千秋のあんな多い台詞も初めて聴いた(笑)、もう1年近く続いてるのになこのアニメ(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
↓2012年版カレンダー(アニメ版)。
べるぜバブ [2012年 カレンダー]べるぜバブ [2012年 カレンダー]
(2011/10/26)
.

商品詳細を見る




テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


アニメ「べるぜバブ」第42話「修業の時間ですよ」・第43話「兄はどこへ消えたのでしょう?」の感想。

(オープニングは「Baby U!」、エンディングは「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪(期間生産限定盤)(アニメ盤)」。)

アニメ「べるぜバブ」第42話・第43話の感想を、まとめてアップ!

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第42話「修業の時間ですよ」の感想:

(※この第42話まで視聴した状態で、この第42話の感想記事を書いています。)

このアニメの原作漫画を「『BLEACH』に似てる」と思ってるのは私だけじゃないみたいだけど……『べるぜバブ』は「人が死なない『BLEACH』」かも知れないな

田村センセイって、男性キャラ同士の連帯より、女性キャラ同士の連帯を描くほうが上手いかも

「美咲が烈怒帝瑠の初代総長だった」ってことを含め、コミックスの捨てカットページに載ってる情報ってアニメではどうやって表現するんだろうと思ってましたけど、「アランドロンの解説によって」でしたか、アランドロンの使い方としてはかなり良いほうだと思います

同じポーズで驚いてる男鹿とベル坊オカシイ

「男鹿が葵を、自転車の2人乗りで家まで送る」というシーンは、「男鹿の中で何かが変わった」ということを表す重要シーンですけど、けっこうしっとり描かれていて良かったです

――ただ、おまけコーナーでも指摘されていたように、「高校生2人が、自転車を2人乗りする」ってのは違法行為なので、本当はやっちゃいけないんですよね、私もあんまり気にしてなかったけど(汗)

ただ男鹿も「話す相手がすぐそばにいる」「だけど、その相手に顔を見られることはない(←これ重要)」というシチュエーションじゃないと、あそこまで腹の中をぶちまけることはなかったろうしなあ、それには「自転車の2人乗り」くらいしか、簡単には実現できないからなあ

「男鹿、葵のジイサマ、そして葵」が、BASARAの「幸村、信玄、そして佐助」に見えた(笑)

神崎と、パー子こと由加は、もう付き合えばいいと思う(笑)

古市&寧々って組み合わせもいいかも知れない(笑)

アイキャッチの光太、何で今頃紹介されるんだ……ってか、まだ紹介されてなかったっけか

男鹿、包帯した手で雑巾を絞るのはやめたほうがいいと思う(汗)

雑巾掛けするベル坊の後ろ姿を見て「可愛い……」とメロメロになる葵が可愛いと思う(笑)

アニメの光太って何であんなに性格悪いんだ(汗)

東条と、東条に「何回も同じ説明をさせられている」という禅さんオカシイ(笑)。ここのアニメの演出、すんごく面白くなってた

帝毛の影組たち、何で男鹿たちと一緒にお茶飲んでるんだ、いつ戻ってきた(笑)

あーそうだ、「男鹿と葵が2人でいる時に警官に咎められる」って、これで2度目だな(笑)。(※1度目は、公園で初めて出会った時)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第43話「兄はどこへ消えたのでしょう?」の感想:

(※この第43話まで視聴した状態で、この第43話の感想記事を書いています。)

「何罪(なにざい)だ」って、鋭いな男鹿(笑)

裁判シーンって、これが2回目でしたよね……東条が帽子被って現れて、ベル坊が男鹿に「ぶっちゃけ頑張ろうぜ」と言うのは、3回目ですよね(笑)

神崎と古市の「異議なし!」「異議のない人は黙っててください」ってやり取りオカシイ(笑)

男鹿の「オープニングまで長えよ」ってモノローグもオカシイ(笑)

古市、「平日の昼間ゲーセンに来ている社会人はダメ社会人」ってのは偏見だぞ(汗)、世の中、「土日・祝日の夜に働いて、平日の昼間に休んでる」というちゃんとした社会人だって、いっぱいいるんだから……医療職の人なんか、かなり多くの人がそうだろ

もう「パー子は神崎のファン」という設定でいいと思うけど(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
↓これは、アニメ版かな? 2012年版カレンダー。
べるぜバブ [2012年 カレンダー]べるぜバブ [2012年 カレンダー]
(2011/10/26)
.

商品詳細を見る




テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ48号『べるぜバブ』バブ131「算数は苦手」の感想&アニメ「べるぜバブ」第41話「絶体絶命どうしましょう」の感想。

WJ48号『べるぜバブ』バブ131「算数は苦手」の感想:

(※このWJ48号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

こ、この漫画、(「話が新しい展開を迎えるあたりで、新キャラがガンガン出る」という意味で)また『BLEACH』化が加速してる(汗)

そして、戦う女性キャラが、敵に火で処刑されかけるところを、男性主人公が救出に行くという意味では、「『BLEACH』化が加速」ってより、田村センセイこりゃもう確信犯だな(笑)

そしてそして、処刑されかけてた女性キャラが、救出に来た男性主人公に、素直に礼を言わずに『なぜ来た』と咎めるような言い方をするってのも、この道はいつか来た道(笑)

そしてそしてそして、ラストのコマでの、男鹿の「今、数字いっぱい出すんじゃねー」って台詞は、『BLEACH』の、0から9のキャラたちとか、「縛道の○○」とかへのオマージュですかそれとも何か別のものですか(笑)

あー、でも、真面目な話、小西克幸伊藤静「でっかい声」でのコール&レスポンスは、ちょっと聴いてみたい、マイクを壊す勢いで演じて欲しい

あとは何だ……あーそうだ、アニメじゃヘカドスたちが颯爽と登場したばかりなのに、原作じゃもうあんなボロボロなのか、ああ無情(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(9月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 13 (ジャンプコミックス)』)
(同じ日(9月2日)に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)

(『べるぜバブ』の次の巻(12月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)
↑まだ表紙の絵はわかりません)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第41話「絶体絶命どうしましょう」の感想:

(※この第41話まで視聴した状態で、この記事を書いています。)

原作の感想からBLEACHBLEACHばっかりで恐縮なんですが(汗)……この漫画がアニメになって更に「BLEACH」との共通点が増えたと思ったのは……アニメ放送が始まってからまだ1年経ってないというのに、兼ね役の声優が異様に多い」ということだったな(笑)

のちのちのために覚書↓
ヘカドス(声:伊藤健太郎
グラフェル(声:高橋英則
ナーガ(声:白石涼子

焔王って、何だかデジャヴを感じると思ったら……「ポケモンDP」で言うところのポッチャマや「ポケモンBW」で言うところのミジュマルに似てるんだ

パー子こと花澤由加が神崎に「パー子」と命名されたのって、このエピソードだったっけか

このアニメ、ほんとに「男の入浴シーン」が多い(笑)



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ47号『べるぜバブ』バブ130「男鹿の帰還」の感想&アニメ「べるぜバブ」第40話「刺客(しきゃく)は客ではありません」の感想。

WJ47号『べるぜバブ』バブ130「男鹿の帰還」の感想:

男鹿の言った「今オレは一匹の飢えた狼なのさ」って台詞、アニメでは、かっこええ小西ボイスがまた無駄に当てられるんだろうなあ(笑)

古市が男鹿とラミアに言った「何なのお前ら2人してっ!! 山賊!?」って台詞オカシイ(笑)

何回も書くようだけど、最近は「記憶を消す」って流行ってるのか、『銀魂』といい『BLEACH』といい「タイバニ」といい、そして今度はこの『べるぜバブ』といい(笑)。まあヒルダは実際は記憶を消されることはなさそうだけど

それから、この漫画って、定期イベントのように「メイド姿の女性キャラが縛られる」って展開になるなあ(汗)、やっぱり、そういう需要があるのかなあ(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(9月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 13 (ジャンプコミックス)』)
(同じ日(9月2日)に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)

(『べるぜバブ』の次の巻(12月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)
↑まだ表紙の絵はわかりません)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第40話「刺客(しきゃく)は客ではありません」の感想:

「刺客」って、「しきゃく」とも読むんですね、私、「しかく」という読みしか知らなかった(汗)

静って、整骨院の娘だったのか……この設定、原作にあったっけか?

あと静って、深窓のお嬢様なのかと思ったら、東条と一緒になって喧嘩してたりしたのか(笑)

「姫川・神崎のかいせつコーナー」では大笑いしたぞ!(笑)

んで姫川&神崎が説明を終えてゼーゼー言ってたけど、たかが通りすがりの子供に、ゼーゼー言うほど熱心に説明してやったんだな、いい奴らだな(笑)

男鹿のピンクのエプロン姿オカシイ

「ヒルダは料理が下手」というエピソードをこれ以上増やさないでくれ(汗)、ってかこれ何回も書いてるけど、女性キャラの料理の下手っぷりを描けば、視聴者・読者は笑うという安易な考えはいい加減捨ててくれギョーカイの皆さん、全く面白くないから

石矢魔の街なかに「富士山銀行」があるのに笑った(笑)

思えばこのアニメの原作漫画って、ヘカドスが登場したあたりから、『BLEACH』っぽくなってきたと言われてましたけど……ヘカドスの声を当てるのって、伊藤健太郎かーい!(笑)キャラの位置づけがますます「BLEACH」じゃないかー!(笑)(ヘカドス=伊藤健太郎=恋次、そして、ヘカドス=ベル坊の兄の部下、恋次=ルキアの兄の部下!(笑))

今頃気付いたんですが、エンディングのクレジットの「企画協力」のところに、服部ジャン=バティスト哲さんの名前が出てますね



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ46号『べるぜバブ』バブ129「囚われの侍女悪魔たち」の感想&アニメ「べるぜバブ」第39話「兄は泣き虫でした」の感想。

WJ46号『べるぜバブ』バブ129「囚われの侍女悪魔たち」の感想:

(※このWJ46号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

ヒルダがベヘモットの部下たちに言った「貴様らにドブ男(お)はもったいないな」という言葉、男鹿を「ドブ男(お)」と呼んでいたのを思い出しての言葉か?と思ってうるっと来たら、すぐに「ダチがやられて黙っているのは男ですらねぇ」という、男鹿のあの言葉が回想されてましたね(涙)

ところで、「ドブ」って漢字で「溝」と書くんですね、知らなかった

ヒルダとヨルダは姉と妹だった、とな? リンとルイ(@北斗の拳)が姉妹だった、みたいなもんか……いや違うな、ルイと違ってヨルダは、姉妹ネタが出るかなり前から登場してたもんな

そうだ、ヒルダが言った「姉が妹を助けるのに理由などいるか?」という言葉で、お妙さん(@銀魂)が大昔――第1話だったか?――に言った親が大事にしていたものを子供が守ることに理由が要るの?みたいな台詞を思い出した……やっぱりWJ漫画のヒロインたちは、こういう啖呵を切る姿が似合うなあ

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(9月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 13 (ジャンプコミックス)』)
(同じ日(9月2日)に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)

(『べるぜバブ』の次の巻(12月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 14 (ジャンプコミックス)
↑まだ表紙の絵はわかりません)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第39話「兄は泣き虫でした」の感想:

(※この第39話まで視聴した状態で、この記事を書いています。)

この回は大半が原作にないエピソードでしたけど……かなり面白かった、油断してた!(笑)

ヒルダと葵に左右から挟まれて歩いている男鹿が、「何だこの息苦しさは……気まずい、気まずいぞ!」とモノローグで言ってるけど……男鹿に「気まずい」なんてことを感じる神経があったことに驚いた(殴)

3人以上いる場で、気まずい雰囲気になる→『何か喋れ』という指令が出る→その喋りは上手くいかない→『何か歌え』という指令が出る→やっぱり上手くいかないって、お約束の流れですよね(笑)

ヒルダは男鹿に、葵のことを「いきなり悪魔などと言われて、信じられる人間は少ない」と、まるで気遣うような言い方をしてますけど……このアニメって、まさにヒルダが男鹿にいきなり悪魔を名乗り、それを信じるよう強制するってところから始まったんだけどな(笑)

「ごはんくん」の乗り物に乗ってる男鹿とベル坊可愛いな(笑)

男鹿は、葵に「昔々あるところに」と語り出してから「いやあ、ここ突っ込むところだろ」と自分で自分に突っ込んでましたけど……男鹿ってあの「昔々あるところに」で始まる小話を、突っ込まれること前提で語ってたのか、私はてっきり本気で思ってるのかと思ってたぞ(笑)

焔王のことを「ヒルダさんの連れ子」、男鹿のことを「小学生にして既に1児の父親」と勘違いする山村和也オカシイ(笑)

「絶叫マシンに、男鹿&古市が並んで座っている」という絵に吹いた(笑)

「アランドロンがジェットコースターを吸収し、吐き出す」というあの演出は面白かった。アニメでアランドロンの出番が増えてるときってたいてい「――出なくていいのに」という仕上がりになってるんだけど(汗)、これは良かった

焔王が迷子になった後の園内放送がいちいち訂正されているのオカシかった、「迷子になって」「お迷い遊ばされて」とか(笑)

――で、でも、あの園内放送をいちいち訂正してたのって、誰だったんだ?(汗)あの呼び出しのシーンって、絵を観る限り、焔王の侍女悪魔は3人とも、男鹿やヒルダたちと一緒にいますよね?(汗)

ヒルダとヨルダ、アップになった顔がそっくりだな……今になればむべなるかな、なんだけど

男鹿、「出口から先回りして、お化けどもをおとなしくさせるか」って、何でそういう発想になるか(笑)

東条の登場シーン(駄洒落ではない)、何で「唐傘お化け」担当なんだ、本気で吹いた(笑)

葵が「ちょっと荒っぽい方法だけど」と前置きしてるけど……「ちょっと」どころじゃないと思う、あの一行の中で結局いちばん凶暴だったのは、実は葵だったと思う(笑)

イザベルの「千葉方面に、何やら、名前を出すのも憚られるような、すごい遊園地があるらしいですよ」という台詞にも吹いた(笑)

エンディングを歌っている「佐々木希」ってどこかで見たような名前だと思ったら、それは「佐々木望」だった。あと、「ささきのぞみ」という女性声優もいるんですね

次回予告で、男鹿と古市が早口言葉を言ったところだけ、「男鹿と古市」じゃなく、「小西克幸水島大宙」になっていた(笑)。あまりにもキャラと一体化してるから忘れそうになるんですけど、あの人たちを含め声優さんたちって、「すんごい技術を持った職人」でもあるんですよねえ、うんうん、見直した!(←声オタ女至福のひととき)



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


WJ45号『べるぜバブ』バブ128「薺(なずな)と禅」の感想&アニメ「べるぜバブ」第38話「兄弟ゲンカ、始めました」の感想。

WJ45号『べるぜバブ』バブ「薺(なずな)と禅」の感想:

(※このWJ45号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

今回のサブタイトル、何だか微妙にラブコメ風(笑)

1ページ目の「もう離さねーぞ」のところ、アニメで小西克幸がどんだけ無駄にかっこええ芝居をしてくれるか、楽しみだ(笑)

酔天こと薺は禅さんの元カノ……ではなかったらしいけど、「好意を持ってた」のは確からしいな

で、葵の父は武者修業に出てしまっていて、母はその行方を追って、やっぱり家を出てしまっているとな? でも、光太があんなに小さいんだしなあ……2人とも、最低限2年くらい前までは、葵と一緒に住んでたはず、だよなあ……

田村センセイって下戸かな? 酔っ払いの描写が上手すぎる(笑)(※役者も、「下戸のほうが酔っ払いの芝居が上手い」ってのはけっこう常識(笑))

薺がテーブルの天板を割るコマ、小さいけど、私は見た瞬間すんごく笑ったぞー!(笑)

男鹿のTシャツにプリントされた文字は、今度は「ぬの」かい(笑)。今までは「おやじ」とか「絶滅」とか、あったな(笑)

美咲姉ちゃんも酒乱なのか……ってか、美咲姉ちゃんってまだ未成年だったんじゃ?(汗)

で、イザベラとサテュラも仲間入りか……でも、アニメでは敵として新登場したばかりだから、読んでいて微妙に調子が狂った(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(9月2日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 13 (ジャンプコミックス)』)
(同じ日(9月2日)に、これも発売になりました→『べるぜバブ魔王外伝 田村隆平短編集 (田村隆平短編集)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第38話「兄弟ゲンカ、始めました」の感想:

(※この第38話まで視聴した状態で、この記事を書いています。)

返す返すも、新オープニング、良いですねえ。ベル坊の男鹿への激愛っぷりが現れていて、非常によろしい(笑)

そして、ベル坊を連れてスクーターを乗り回す男鹿が、現世で買って帰ったバイクを瀞霊廷の中で乗り回してスゲー怒られた(らしい)檜佐木と重なって見えて仕方がない(※声が同じだから(笑))。いっそ檜佐木が赤ん坊連れて駆け回ればいいと思う(笑)

葵のヒルダはベル坊を『坊っちゃま』と呼んでいる→ベル坊はヒルダの子じゃないって推理はもっともだよなあ……男鹿家の人々は、何でそこ突っ込まないんだろう

「ベルボトム」「ベルボーイ」「ベルギーワッフル」のくだりオカシ過ぎる(笑)

イザベラを演じるのは、寿美菜子ですか。私、第24話の「ただいまかい」の感想で、残るは寿美菜子だけだな(スフィアの中で)みたいなことを書いてたんですが、それなりに重要な役になりましたね

焔王組初登場を記念して、ご新規キャラの配役を書いておこう。
焔王木下紗華
ヨルダ寿美菜子
イザベラ美名
サテュラ小堀友里絵

あ、「スフィア」といえば……一部の非常識な一般人が良識を欠く行動を取っていたようで、「スフィア」の方々は大変な思いをしたと思います……どうか、元通り伸び伸びと仕事のできる環境が早く整えられますように



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。