こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




クスリとリスク。(その27)~頭痛に、頓服薬ではなく、予防薬が現れた!?~

昨日の「ためしてガッテン」は、頭痛特集でしたが。

大雑把に言うと、

「頭痛薬といえば、今までは痛くなってから飲むものだったが、最近、痛くなくても飲む薬というものが、出た。
それを数か月間飲み続けると、飲むのをやめた後も、もう痛くなることがなくなる。
(つまり、予防薬のようなもの。)

ただしこれは、医師の診断を受けて、医師が処方した薬に限る。
その辺で売ってる頭痛薬でこれをやっては、絶対ダメ」


というようなことでした。
なるほど。
頭の片隅に、覚えておこう。

小学校の頃からの頭痛持ちとしては、30代くらいの人が「今まで頭痛ってなったことない」と言ったりするのが信じられないんですが、でも確かに、頭痛に限らず「体のどこかの痛み」って、自分が経験したものじゃないと、わかりようがないですからねえ。
ましてや頭痛ってのは、擦り傷や切り傷と違って、痛みを引き起こしてる箇所が見えるわけじゃないし、原因が何なのか、本人にもわからないことも多いし。

世の中の人には「自分にはわからない、体の痛みがある」ってことを、知って欲しいですマジで。
「痛み」というと、とかく男性は「股間をぶつけたり蹴られたりしたときの痛み」、女性は「出産のときの痛み」ばっかりを強調しがちですが、んなこと、人生でそう何回もあるわけじゃないんだし。

特に頭痛ってのは、まるで「仮病の理由の代表格」みたいに扱われることも多いから。
私が以前いた職場でも、朝「頭痛で休む」「頭痛で遅刻する」と電話連絡すると、電話口でものすごい大声で怒鳴りつけてくる上司がいたんだが、あの上司も多分、仮病だと思ってたんだろうなー。

(その上司は、仕事上の変化というものをものすごく嫌がるタチで、入社から定年まで約40年間、1度も部署を異動せず、同じ仕事を続けました。
(地味な割にきつい部署で、希望してその部署に来る人などいないような部署だったので、会社側にとっても都合が良かったんでしょうけどね。)

また、上司や同僚や部下と適切な人間関係を持つこともできず、部内ではもちろん、部外の人からもバカにされてました。
飲み会では、一緒にいるのが全員自分より目上でも、大皿に盛られて出されたものは、じか箸でバクバク食べ……その他にもいろいろありましたが。

今思うと、最近話題の、発達障害だったんだろうなあ。
会社は、そういう社員のことはよく見極めないと駄目だよ……年功序列で自動的に昇進なんかさせちゃ駄目なんだよ(汗)。)


さて、放送されてた、予防薬的な薬って、保険の対象になるのかな。
頓服薬にかかるお金より安く上がるなら、そっちを考えてもいいかも知れない。

ところで、「栗」「薬」って、漢字が似てるなあ(笑)。
読みも「くり」「くすり」だし……打ち間違えても気づかないかも(笑)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4986-24f57da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。