こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2015年・敬老の日!~日頃の人間関係を良好に保つのは、防災の一環~

今日(9月21日)は敬老の日&上弦の月でした。

さて、明るいニュースなのか暗いニュースなのかわかりませんが。
今の日本には、

「80歳以上が1千万人以上いる」
「100歳以上が6万人以上いる」


んだそうで。

ついつい「――たまったもんじゃない(汗)」と思ってしまったとしても、しょうがない数字だと思う(汗)。

こういうことを現実世界で言うと(実際には言いませんけどね)、

「そんなに年寄りは邪魔なのか!」
「そんなに年寄りは役立たずだと言いたいのか!」


と、高齢者から怒鳴られるんでしょうが、しかし。

そう怒鳴る高齢者がどういう人であるか、そして現役側の1人1人がどう考えているかは一切関係なく、

「基本的に高齢者というのは、働いて収入を得る手段がないから貧しく、でも病気はよくするから、家族にとっても社会にとっても、とにかくお金がかかる存在である」

という前提で作られているのが、日本の今の社会保障制度なんですよね。
だから、高齢者が病院へ行っても、窓口で払うお金は、現役世代より安くて済むし、年金なんてものもある。
介護施設で重労働している現役世代の収入より、その施設に入っている高齢者の年金のほうがずっと高額だったりすることもある。

もし高齢者が、「全部の年寄りを、『役立たずでカネばかりかかる』みたいに扱うな!」と言うのであれば、そういう考えを持つ人たちを集めて政党でも作って、「高齢者を全部ひっくるめて手厚すぎる給付をするような制度は、少し改めよう」みたいな政策を打ち出してみれば?と思う。
有権者の中でも現役世代は、きっと、かなりの人が投票しますよ?


でも。
しないですよねそんなこと。
「全部の年寄りを、『役立たずでカネばかりかかる』みたいに扱うな! 少なくとも、オレは断じて違うぞ!」と息巻くような高齢者に限って、「もらえるものは全部もらう」「現役世代の苦労なんて知ろうともしない」「んで『役立たずでカネばかりかかる』みたいに扱われるのは絶対嫌だ」って人なんですよね。

でもこれ、逆に言うと。
一部の高齢者にとっては、チャンスかも。

つまり、「オレは断じて、お荷物な年寄りなどではないぞ!」と言うような高齢者に、若い世代を含め、現役世代はうんざりしている。
だから、現役世代を心を通わせたかったら、若干、抜け駆けっぽいことをする。

つまりつまり、

「現役世代の苦労を、積極的にねぎらう。
自分の世代の自慢話や苦労話をしない。

そして、『自分たちの世代にも、恵まれていた点はいっぱいあった』と、口に出して言う」

ということを、意識して行う。

そして、「現役世代に、美味しいものでもご馳走する」というようなことを、ときどきでいいから、する。

そんな感じのことをしていれば、横暴な暴動老人に疲れ果てている現役世代は、「この人は、他の高齢者とはいい意味で違うな」と思うようになる(可能性が、少しは高くなる)。

「別に、現役世代に良く思われたって、何の意味もない」と思われるのかも知れませんが。

4年半前の東日本大震災のときや、このたびの「平成27年9月関東・東北豪雨」のときみたいに、ひとたび日常生活が崩れれば、高齢者は「災害弱者」になりやすい。
そういうときに備えて、周りの人たちとできるだけ良好な関係を築いておくのは、自分のためでもあります。
まさに「情けは人のためならず」。

そりゃ、自衛隊や警察が助けてくれることもあるかも知れませんが。
それ以前に、ご近所の人が「大丈夫ですか?」「食べるものありますか? ちょっと持ってきましたけど」と訪ねてくれたりしたほうがいいに決まってますよね。

私だって、
「いつも横暴な暴走老人」
と、
「こっちの日常的な大変さをわかってくれてる高齢者(※別に、美味しいものを奢ってくれなくてもいいんだけど)」
とでは、後者のほうを気遣いたいに決まってます。

あ、だから、「現役世代に、美味しいものでもご馳走する」というのは、「遠くに住んでいる息子夫婦と孫」とかではなく、「物理的な距離が近い人たち」に対してしたほうがいいですね(笑)。

「日頃の人間関係をできるだけ良好にしておくのは、防災の一環でもある」という認識が、もっと広がればいいと思う。


(※ これは別に、「地域社会の中での高齢者」に限ったことではないですけどね。
職場で「パワハラ」「セクハラ」「いじめ・嫌がらせ」「挨拶しない。されても無視」とかやってる人たちにも、ですけどね(汗)……ああいう人たちって、自分の優位が永遠に続くとでも思ってるのかなあ(汗)。)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4952-1d9aec17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。