こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2015年・ポケモンが夏を連れてきた。~「フーパ」観てきました(その1)~

3週間くらい前のことですが、「ポケモン・ザ・ムービー 光輪(リング)の超魔神 フーパ」観てきました!

光輪の超魔神フーパのパンフ。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」とまとめて観ようと思ってたんですが、今回の「BORUTO」は公開が8月7日。
かたや、「ポケモン」のほうは7月18日公開だったので、「BORUTO」が公開される頃には「ポケモン」の上映は回数がもうかなり減っていて、この」二つの作品を効率良く観るためのスケジューリングが少しばかり大変でした(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
さて「フーパ」ですが……あ、「いましめられしすがた」こと「スモールサイズ」のほうのフーパですよ?
サトシを「サートン」、ピカチュウを「ピーカン」と呼ぶところ、可愛いですねえ。
サトシの夢である「ポケモンマスター」を「ポンスター」を呼ぶところも(笑)。

そういえば以前、テレビアニメのほうで、シューティを「シュー太郎」、サトシを「サン太郎」と呼ぶオッサンがいて、オカシかったっけ(笑)。

釘宮理恵の声も、可愛いですねえ。
「ONE PIECE」のシュガー、ちょっと前までNHKでやってた「キングダム」の貂、CSでやってる「BLEACH」の夏梨とネム、「銀魂」の神楽……と、「この人の声を聴かない日はない」って感じです。
けっこう声の高低差が激しい人ですよね。
フーパの声とネムの声なんて、同じ人が発してるとは思えない。

で、スモールフーパの声は釘宮理恵でしたが、「ときはなたれしすがた」ことラージサイズの「超フーパ」の声は山寺宏一でしたね。
「うーん、アニメ「銀魂」変換すると、神楽と松陽先生か……『戒め』と『解放』が逆のような気もするが……」と、一瞬思ったんですが、でも最近の『銀魂』の展開じゃ、「松陽先生も実は一筋縄じゃいかないキーパーソンだった」って設定になるみたいですしね。

++++++++++++++++++++++++++++++
バルザとメアリ兄妹の曽祖父グリスの声は、森川智之でした(笑)。
森川智之、「父親役」は多いですが、一気に「曽祖父役」にまで飛んでしまったか(笑)。

しかも、バルザの幼い頃の声が、竹内順子なんですよね(笑)。
「森川&竹内」といえば「NARUTO」シリーズで「父&息子」としてお馴染みですが。
今回は「曽祖父&曾孫息子」でした(笑)。

(しかし、バルザの名前はいかにも「異国情緒に溢れた名前」って感じなのに、メアリの名前は何でこんな現代的で、リアルにいっぱいいる名前だったんだろう。)


そして、在りし日のグリスじい様が、スモールフーパに懇々と教え諭すシーンがありましたが。
これ、「BLEACH」変換すると「黒崎一心&夏梨」なんですよね(汗)。
一心父さんの説教なんか、夏梨はまるで耳を貸さなそう(汗)。

「キングダム」変換すると「李牧&貂」ですね。
「銀魂」変換すると「佐々木異三郎&神楽」。
おお、けっこう共演多いな。

100年前にグリスじい様は、「水・火・土」を操って、「超フーパ」の力を封印する壺を作ったそうですが。
「うーんグリスじい様、水のチャクラと火のチャクラと土のチャクラを使えたのか」と思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++
バルザ役の藤原竜也の声の演技は、なかなか良かったです。
ポケモン映画では、毎年、顔出しの芸能人が数人しますが、その中で名前がトップにクレジットされる役者としては、けっこう若いですよね。
去年は三田佳子だったし、一昨年は高島礼子だったし、その前の年は高橋克実だったし。

アニメ映画ってしばしば、「話題性を狙って、知名度は高いが演技力はお世辞にもアレな芸能人をキャスティングする」ってことをやりますが(汗)。
今回は、そういうことはなかったようです。

++++++++++++++++++++++++++++++
今回は、ニャースの「伝説祭りニャ」という言葉の通り、伝説のポケモンが山盛りだったわけですが。
大型の伝説のポケモンたちが空をビュンビュン飛んで激しいバトルを繰り広げるシーンで思ったのは、主に二つ。
一つは、

「このポケモンたちは、急に“おでまし”させられて、状況なんてほとんどわからないだろうに、よくここまで激しく戦うなあ。
特にラティオスとラティアスなんて、よくサトシの言うことをあそこまで忠実に聞いてくれるなあ」


ということ。

もう一つは、

「大勢の人が住んでいる街の上空で、あんな巨大な生き物が多数バトルしながら飛んでるなんて、危なくてしょうがないだろうに(汗)」

ということ。
「ゲノセクト」の時なんて、街への被害、かなりありましたよね……街は大規模停電してたし(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
考えてみたら、「クライマックスシーンが街なかか、自然の中か」って、その年の劇場版の仕上がりの印象をけっこう決めてるかも。
今回の「フーパ」、一昨年(2013年)の「ゲノセクト」は街なか、去年(2014年)の「ディアンシー」、2012年の「キュレム」、2011年の「ゼクロム」「レシラム」は自然の中でしたね……うーん、自然の中のほうが、やや多いのかな?

++++++++++++++++++++++++++++++
もっといろいろあるので(感想が)、二つ(以上)に分けます。
関連記事



テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4926-f11a29ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。