こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




祝・王女命名!

イギリス王室に生まれた王女の名前は、「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決まったそうで!
これで愛称は「シャロやん」に決定ですね!

(それは「マッサン」の主演女優だった「シャーロット・ケイト・フォックス」の、日本での愛称だ(笑)。)

「シャーロット」は「父の父(つまりチャールズ皇太子)」にちなんだ名前、「エリザベス」は「父の父の母(つまりエリザベス2世)」にちなんだ名前、「ダイアナ」は「父の母(つまりダイアナ皇太子妃)」にちなんだ名前らしい。

(でも、キャサリン妃のフルネームが「キャサリン・エリザベス」、キャサリン妃の母の名前が「キャロル・エリザベス・ミドルトン」なので、「エリザベス」は「母」及び「母の母」にちなんだ名前でもあると思うんですけどね。

そして、キャサリン妃の妹の名前が「フィリッパ・シャーロット・ミドルトン」だそうで。

まあ「母の妹」は傍系血族になるし、「王族が、王族じゃない(王族だったこともない)一般人の名前をもらった」ってことでもないような気がするけど……欧米人の名前は、4親等くらいまで辿っていくと、名前の一部はたいてい共通していたりするのかも知れない。)

++++++++++++++++++++++++++++++
それにしても欧米人って、近い親等の親族の名前を、生まれた子供によく付けますよね……フィクションの話ですが、『嵐が丘』なんて、母とその娘が同じ「キャサリン」という名前だし。
テレビドラマの「ダウントン・アビー」では、クローリー家の三女シビルが女の子を産んですぐ亡くなってしまいましたが、残された夫トムは、まだ名前の決まってなかった娘に、何と「シビル」という名を付けましたし。



あれって、日本人の感覚だとちょっと理解しがたいと思うんだけど(汗)……あー、「漢字を1文字もらう」みたいな感覚なのかな?
だったらわからないでもないが。

++++++++++++++++++++++++++++++
「エリザベス」という名前がミドルネームに選ばれたのも、この名前には短縮形が多く、バリエーションがたくさんあるから、かも。
「エリー」「エル」「エルザ」「イライザ」「リサ」「リズ」「リジー」「べス」「ベティ」「ベッツィー」「ベット」……これ全部、元は「エリザベス」ですからね。

『高慢と偏見』のベネット家の次女エリザベスは、家族からは「リジー」、ご近所さんや友達からは「イライザ」と呼ばれてた。
「ER 緊急救命室」の外科医エリザベス・コーデイは、なぜかロマノだけから、「リジー」と呼ばれてたな。
エリザベス・テーラーの愛称は「リズ」でしたね。



「エリザベス」ってのはもしかしたら、「英語圏によくいるとされている女性」「英語圏によくあるとされている女性名」くらいの意味なのかも……日本で言うところの「花子」みたいな(笑)。

こちらを参照

英語人名の短縮形

++++++++++++++++++++++++++++++
日本人が、子供の名付けに当たってものすごく凝った名前を考えてしまいがちなのは、「日本人の名前には、ミドルネームの習慣がない」ってこともあるのかも。

「名前は、親や祖父母や、聖人・聖女にちなんだものを、二つか三つくっつけて付けるのが当たり前」みたいな習慣があれば、
「子供のたった一つの名前を決める権利を、親だけが持っている!
ここで張り切らんでどうする!」
みたいな、「名付けハイ」みたいな状態には、ならないかも知れないな。

++++++++++++++++++++++++++++++
イギリスで一般人のお方たちが予想していた王女の名前としては、「アリス」「シャーロット」「エリザベス」「ビクトリア」あたりが上位だったとか。

「ビクトリア」は、私も候補に挙げてました。ただ……「ウィリアム王子とキャサリン妃の娘の名前の候補」としてじゃなく、その昔、「チャールズ皇太子とダイアナ妃の娘の名前の候補」として、だったんですけどね。

ダイアナ元妃が事故で亡くなった時も、「あー、これで、『チャールズ皇太子とダイアナ妃の娘・ビクトリア』が生まれることは、永遠になくなってしまったなあ」と思ったっけ。

++++++++++++++++++++++++++++++
あ。
これで愛称は「シャロやん」に決定……とか無責任なことを書いてたら、イギリスでの愛称は「ロティ」で定着しそうだとのこと。
なるほど。


ともあれ。
シャーロット・“ロティ”・エリザベス・ダイアナ王女が、健やかに育ちますように!
私もこれから毎年5月上旬には、「シャーロットケーキ」を食べてお祝いすることにします!(笑)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4822-8156d2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。