こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




祝・近藤麻理恵氏選出!

今日(4月20日)は穀雨(こくう)でした。

さて、片付けコンサルタントの近藤麻理恵氏が、アメリカの「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に選ばれたそうで。
おめでとうございます。

しかし……「おめでとう」と書いたそばから、アレなんですが。

このお方の著書は、パラパラ読んだことはあるのですが……どうも、私には合わないみたい(汗)。

でもほんと、「合わない」というだけであって、「私か近藤氏かの、どっちかが駄目だ」ということではないんですよね(多分)。
整理整頓の本って、主張していることが人によって正反対であることもあるけど、どっちの主張をする人にも、ファンがついていたりするし。

例えば、近藤氏は「片付けは、キッチンから始めては駄目です、必ず失敗します」みたいなことを書いていたと思うんですが。

「片付けは、キッチンから始めましょう」と書かれてある、(他の著者の)本もあります。

で。
私はどっちかというと、「片付けは、キッチンから始めたい」タイプ。
そんで、「キッチンから始めたせいで、失敗した」ということもない(はず)。

つまり、「近藤氏のやり方が、私には合ってない」ってことだと思います。


そういえば、その昔大ヒットした、野口悠紀雄センセイの「超・整理法」シリーズってものがありますが。

で、この「超・整理法」シリーズに対して、これも大ヒットした『捨てる!技術』の著者・辰巳渚氏が、ちょっと批判めいたことを書いたことがあったんですよね。

そうしたら、野口センセイがその批判に対して激怒してしまい、自著の中でかなりページを費やして、『捨てる!技術』のことを、批判し返していたっけ(汗)。

私は、使っている手帳は「超整理手帳」だし、野口センセイの講演にも何回か行ったことがあるし、一方、辰巳氏の書いていることにも共感できることはいっぱいあったから、「両方好きだから、喧嘩しないでくれ」と思ったなあ(ってか、今でも思う(汗))。


今更ですが、「超整理法」が世に広まるきっかけになった1冊がこれ。

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
(1993/11)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


辰巳氏の出世作がこれ。

新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)
(2005/12/01)
辰巳 渚

商品詳細を見る



その後、「古封筒を使った押し出しファイリング」は当時ほど注目されなくなり、今は「クラウドを使って仕事しよう」ってことあたりが注目されてるのかな?
「捨てる!技術」ブームのほうも、「断捨離」ブームに上書きされたような感がありますが……。

「この人の書いた整理法はいいな、自分に合ってるな」と思ったら、そういう人を1人から3人くらいに絞り込んで、その後はあんまり浮気しないで、その人の書く整理法を追い続ける……ってことをしたほうがいいのかも知れない。
これは、小説の作家なんかと同じで。

あとは……野口センセイがバリバリの現役でいるうちに、私がクラウドやGメールにを使いこなせるようになることを目指そう(汗)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4798-61339f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。