こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




超々高齢化社会の風景。~赤の他人が出したゴミを巡って、カラスとバトル(汗)~

二つ前と、三つ前の記事で、以前の通勤先から帰る時の電車内での出来事について、書きましたが。

その通勤先エリアのことで思い出したことがあったので、書いてみます。

通勤先は、駅を降りてからもけっこう歩くところにあったので、民家の前も、集合住宅の前も、そしてゴミ置き場の前も、たくさん通りました。

で。
ゴミ置き場に置かれたゴミに、ネットが被せられていることがありますよね、野良猫やカラスがゴミ袋を破かないように。

ところが、ネットの外に、ゴミ袋がポンと置かれていることが、よくあったのです。

当然、カラスが突っついて破いて、中のゴミを引っ張り出していることも多く、そういう時私は、近づいてカラスを追い払い、ネットの端を持ち上げて、破れたゴミ袋をネットの下に蹴り込みながら、「これを捨てた人も、ここまで持ってきたのなら、何でネットの中にちゃんと入れないんだろう」と、思ったものです。

そんな話を同僚にしたところ、

「『ネットに触るのが嫌だから』って理由で、自分の持ってきたゴミ袋をネットの外に置く人って、けっこういるよ。
『この後ゴミを置きに来る人が、ついでに入れてくれるだろう』と思ってるみたい」


と言われてびっくり!

「自分さえ良けりゃいい」って人が、そんなに多いのか(汗)。


そして、「(私が)カラスを追い払って、ゴミをネット下に蹴り込む」ということを何度もやっているうちに、カラスのほうも私の顔を覚えたらしく……。

ある日の朝のこと。
通勤先の最寄り駅から通勤先に向かって歩いていると、前方上空から、カラスが1羽、猛烈なスピードで急降下して、こっちへ向かってきました!

「確実にこっちの頭や顔を狙ってる!」と思った私は、たまたま持っていた傘(畳んだ長い傘)を上へ向けてぶんっと振り上げたところ。

カラスは、今度は急上昇して、後方上空へと飛び去っていきました。

やっぱり私を狙ってたのか(汗)。
でも、赤の他人のゴミ出しマナーが悪いせいで、無関係なこの私がカラスに襲われちゃ、たまったもんじゃないよ(汗)。

やっぱり「子供や若者が激減し、高齢者が激増している地域」とか、「何となく、明らかに盛りが過ぎた地域」って、ああいうことになりがちなのかなあ。

これが地方都市なら、ご近所の相互監視の目ってものがあるんでしょうけど(特にゴミ出しについてなんか、いちばん厳しい)。

しかし都会の郊外だと、「隣は何をする人ぞ」って状態に何十年も慣れてしまっている人が多いだろうから、自分らのアパートのゴミ出しマナーがなっていないせいで、遠くから通勤している誰か(この場合は私ですが)がカラスに襲われかけようが何だろうが、もう完全に、どうでもいいのかも知れない。

それから、これ前にも書きましたが、

「認知症と思われる高齢女性が、ゴミ置き場でも何でもないところに、大量の不燃ゴミを捨てている。

(しかも、「ポンと置いていく」って感じじゃなく、「丁寧に置いていく」って感じで。
多分、そこを正式なゴミ置き場だと思ってるんだと思う)」

とか、

「犬の散歩の途中に犬がフンをしても、片づけないで立ち去る飼い主をよく見かける」

とかいうのも、同じ地域のことです。

でも、ねえ……そういうことをしてるから、若い人たちが更に減っていくんだと思うけど。


あ、前のほうで「カラスに顔を覚えられた」と書きましたが、これはあくまで「カラスは、自分の縄張りの中によく入ってくる人間の顔を覚える」ということだそうで、「恨みに思った人間の顔を覚えて、どこまでも追いかけてくる」ということはないそうで。

そして、「カラスとは目を合わせてはいけない」ってのも、迷信だそうで。
わざとカラスの目を覗き込むために近づくのは危険ですが(まあそんなことする人もいないだろうけど)、対峙しなくてはならないときが来たら、「睨みつける」くらいのことはやっても大丈夫だそうです。

――って、ゴミ出しマナーの悪い通勤先エリアのおかげで、カラスの習性にちょっとだけ詳しくなってしまったよ(汗)、嬉しいんだか、悲しいんだか(汗)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4780-34f8c909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。