こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の、第1話から第4話あたりまでの、ざっくりした感想。

記事タイトル通り、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の、第1話から第4話あたりまでの、ざっくりした感想をまとめてみます。

++++++++++++++++++++++++++++++
ヒロイン・杉文(すぎ・ふみ)の最初の台詞が

「皆さーん、ご飯ですよー!」

だったのには、激しくコケた……という声は、多かったみたいですね(汗)。
確かにな(汗)……1人で、あんなに嬉々として握り飯こさえる女なんて、いないってば(汗)。

大河ドラマって、冒頭のシーンは、「世の歴史が大きく動いたその場に近いところに、主人公がいた」って感じの、緊迫したシーンを切り取って持ってくることが多かったような気がするんですが……(例えば「八重の桜」では、「新政府軍が会津城に大砲をガンガン撃ち込んでくる中、八重が鉄砲を持って、周りに指示を出しながら、自らも発砲してる」というシーンだった)。

杉文の場合、何でよりによって

「皆さーん、ご飯ですよー!」

なんだ(汗)。


えー、もちろん、「歴史的に大仕事をやり遂げた男性の背後には、それを支えた、名も知られぬ多くの女性たちがいた」というのは、紛れもない事実。

だけど、そういう女性たちの功績を称えるというのは、今現在を生きている女性にとっては、痛し痒しなことなんですよね。

「女性は別に、お金で報われなくたって、昇進できなくたって、いいじゃないですか。
世の中のため働く男性を、ご飯を作ってあげることで支えるのは、素晴らしいことじゃないですか」


という理屈で、女性が低賃金労働に従事することや、女性ばかりが家事(という無賃金労働)を担うことが正当化されてしまうことにつながりかねないから。

かと言って、昔や今に、家の外では低賃金労働に、家の中では無賃金労働に従事してきた(あるいはしている)女性たちの人生を価値のないものだなどとは絶対思いたくないし、ねえ(ってか、この私自身が、「家の外では低賃金労働、家の中では無賃金労働」という状態にかなり近い身の上だし(汗))。

この「花燃ゆ」の舞台は山口県、つまりアベさんの出身地であるわけですが。
まさか

「女性は別に、お金で報われなくたって、昇進できなくたって、いいじゃないですか。
世の中のため働く男性を、ご飯を作ってあげることで支えるのは、素晴らしいことじゃないですか。

それこそが、“輝く女性”というものですよ」


とかの意味が込められてるんじゃないですよね?(汗)
どなたか、どなたか違うと言ってください(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
子役の子が井上真央に激似でびっくり。井上真央が生んだ子かと思ってしまったじゃないか(笑)

「八重の桜」のコドモ八重は元気いっぱいだったけど、コドモ文は暗いな(笑)、ちょっと新鮮

「ヒロインの弟は、聾唖だが賢い、優しい子供」という設定(?)って、持統天皇を思い出す

第1回で、文の叔父が文を殴るシーンでは、本気でちょっと気分が悪くなった。「暴力シーンがありますのでご注意ください」という注意書きを流したほうがいいレベルだったと思う

「ヒロインが、初婚の相手より再婚相手と先に出会ってた」って設定、斬新だな

大河ドラマが幕末ものの年は、自分を「坂本龍馬、吉田松陰、勝海舟」あたりに例えたがるオヤジが微妙に増殖して飲み会の席とかでウザいんですが、今年はどうかな(汗)

「大河ドラマを、新年1週目から放送するのはやめてくれ、正月ボケの頭だと見逃してしまう」という意見を見かけたんですが……昔は、「新年1週目」に日曜日があれば、それが三が日のうちでも、放送開始してたんですよね

++++++++++++++++++++++++++++++
他にもあったような気がするが、それはまた別の記事にしよう。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4725-a11e3fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。