こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3年と10ヶ月と24日。~ジャーサラダを巡る、二つの誤解~

今日(2月4日)は立春(りっしゅん)&満月でした。

さて、最近、NHKの朝のニュースの中でも取り上げられた、ジャーサラダ
確実にブームになってきてます。

ところで。
心配性なお方からなのか、はたまた、ブームにはとにかく一言言わないと気が済まないお方からなのかはわかりませんが、このジャーサラダブームにも、ネガティブな声が上がっているようで。

でも、聞いたところ、ネガティブな声の多くは「誤解」「杞憂」だと思うんですが……その中の二つを取り上げてみます。

++++++++++++++++++++++++++++++
誤解その1は、
「瓶を熱湯で消毒しないと、中に入れたものが腐る」
というもの。

しかし。
「瓶を熱湯で消毒しないと駄目」というのは、「本格的な保存食としての瓶詰め」を作るときの話です。
「お弁当に持っていく」くらいなら、瓶は常識的な洗い方をしていれば、大丈夫なはず。

「瓶を5個用意して、日曜日に、続く平日5日分をまとめて作り、冷蔵庫で保存して、1日に1瓶ずつ食べていく」程度では、「中に入れたものが腐る」ことを心配する必要はないはず。
「長時間通勤なので、冬以外の季節に持ち運ぶのが心配」「職場に冷蔵庫がないので、昼時まで保管するのが不安」というのならわかりますが、小さめの保冷バッグを用意すれば大丈夫だと思う。

瓶詰め作りに挑戦したいお方は、こちらをどうぞ!

365日、おいしい手作り!「魔法のびん詰め」: とっておきの保存食レシピが満載! (王様文庫)365日、おいしい手作り!「魔法のびん詰め」: とっておきの保存食レシピが満載! (王様文庫)
(2012/02/28)
こてら みや

商品詳細を見る


++++++++++++++++++++++++++++++
誤解その2は、
「こんな細長い瓶に入れたんじゃ、食べるときに食べにくくてしょうがないはず。
箸の文化の日本には不向きなのでは?」

というもの。

しかし。
ジャーサラダってのは、「瓶に詰めて運び、食べるときはサラダボウル等、食べやすい別の器に空けて食べる」ということを想定されたものです。

だから、「瓶には、ドレッシングを最初に入れる」のです。
食べる前に、蓋をしたまま瓶を振って、それから別の器に中身を全部空けるから、瓶は細長くていいのです。

「箸の文化か、スプーン・フォーク・ナイフの文化か」はこの場合、あんまり関係ないようです。
「細長い瓶から直接食べる」んだとしたら、それはどの文化でもやりにくいと思います。

私が欲しいレシピ本は、これ。

ジャーサラダジャーサラダ
(2014/11/29)
若山 曜子

商品詳細を見る


++++++++++++++++++++++++++++++
私が気になるのは、瓶の素材。
家で作って家で食べるなら「ガラス」が最適なんでしょうけど、持ち運ぶとなると、「ガラス」はちょっと不安。

これが「元祖」のジャーらしいですが、これの素材は何なんだろう?

BALL メイソンジャー [ ワイドマウス 480ml クリア ] Mason jar WIDE MOUTH 正規品BALL メイソンジャー [ ワイドマウス 480ml クリア ] Mason jar WIDE MOUTH 正規品
()
BALL

商品詳細を見る


あと、「瓶の中身を、別の器に空けて食べる」となると、その「別の器」ってのが必要ですよね。
これも、毎日のように使うなら、職場の給湯室で洗えて、職場に置きっぱなしにしても構わないものにしたい……となると……できれば割れにくい素材のものがいい。
今、気になっているのは、このシリーズです。

Kotii オーバルプレート270 アイボリーKotii オーバルプレート270 アイボリー
()
Kotii(コティー)

商品詳細を見る


災害時に備えて、「1人1人が、『割り箸を何膳かと、プラスチックのカトラリーと、同じくプラスチックの食器を何種類か』を、職場に置いておく」ということは、しておいたほうがいいかも知れない。
会社も、「カップラーメン」や「インスタントスープ」は備蓄してくれていても、「割り箸」「スプーン」まではないかも知れないし。


――うーん、来月が「震災から4年」の月であるせいか、最近とみに、何を見ても何を聞いても「災害への備え」を考えてしまうんですが。
4年前の発災後は、被災地では、おにぎりやカップラーメンや菓子パンは比較的すぐに行き渡ったものの、生鮮食品がなかなか届かず、「野菜や果物が欲しい」という要望が切実だった時期があったそうです。
それを思うと、「新鮮な野菜を使ったサラダを食べられる」ってことも、「非常時には叶えられないこと」であり、「平和な日常の中にある、小さな幸せ」ですよね。

この国が、この世界が、すべての人がいつも、新鮮な野菜を使ったサラダを食べられるような、そんな国であるように、そんな世界であるように、願うのでした。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4720-7a6b1a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。