こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




社長の“思い”は、不要です?(汗)

先日、「メールマガジンの発行」についてのセミナーに行ってまいりました。

事前に、「BtoB」「BtoC」くらいについては調べていったんですが、セミナーに参加してみたら、「セグメント」やら「ソリューション」やら「ステップメール」やら、半分くらいはちんぷんかんぷん(汗)。
そもそも「BtoBって何だ? 『もみじまんじゅう!』のB&Bなら知ってるが」のレベルですからワタシ(汗)。

でも、聞いた中で、理解できたことも少しはありました。(当たり前じゃ(汗))

++++++++++++++++++++++++++++++
いちばんインパクトがあったのは、

「メルマガは、最後まで読んではもらえないことを前提に、構成を考えろ」

ということ。

確かに、「人の話は(話しているのが誰であれ、一応)最後まで聞け」とは言われますが、「人の書いた文章は(誰が書いたものであれ、一応)最後まで読め」とは言われませんよね。
むしろ、社会人になると、「文章を最後まで読む」ほうが、珍しいかも……特に、「メール」や「メールに添付された文書」で、なおかつちょっと長いものなんかは、大半の人は「社長が書いたものであって、後で感想を発表させられたり、レポートを書かされたりする」というものでもない限り、最後までなんて読まないのが当たり前かも。

++++++++++++++++++++++++++++++
次に、面白かったのは、

「“思い”を伝える文章と、“情報”を伝える文章は、一つのメールの中に混ぜて送ってはダメ」

ということでした。
「冒頭に社長の挨拶、その後に商品紹介」みたいな構成のメルマガだと、社長の挨拶というのはどうしても「創業当時から今に至るまでのあれやこれやの思い」みたいなものになりがちで、そうなると読者は、肝心の「商品紹介」まで読まずに、そのメルマガを閉じてしまうんだそう(汗)。

もちろん、「社長の思いを顧客に伝える」ということ自体はとても良いことだと思うのですが、重要なのは、「“社長の思い”を、“商品紹介の枕”にしない」ということですね。

++++++++++++++++++++++++++++++
この話には、私にも思い当たることがありまして……。

以前、短期間だけいた事業所で、その事業所に入った直後に「社長がじきじきに書いた業務マニュアルがある」と言われ、それを渡されたのですが……。

まさに、「社長が創業当時に思いを馳せ、『当時、どのような気持ちで電話に出ていたか、お客様を迎えていたか』みたいなことが綿々と綴られている」というシロモノ。
「マニュアル」じゃなく、「エッセイ」「回顧録」みたいなもので、言っちゃ悪いが、実務には全然役立たなかったのでした(汗)。

憚りながら

「マニュアルは、新人や初心者にこそ作らせろ。
ベテランの作ったマニュアルは、実際にはほとんど使えない」


というのが私の持論(半ば暴論)なんですが。

「社長」なんてのは、「ベテラン」の極みにいる人。
その人が作ったマニュアルなんて、いや、「マニュアルのつもりで作ったもの」なんて、「マニュアルとは似ても似つかぬもの」に仕上がるのは当たり前なんだった。

++++++++++++++++++++++++++++++
あと、「読者はPCで読んでいるのか、スマホで読んでいるのか、把握した上でレイアウトを決めろ」ということも、言われたな。
昨今では、「メールやメルマガは、PCでしか読んでいない」という人は、すんごく少数派なんだそう……私がそうなんですが(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
たくさんの貴重な情報と、一抹の不安を胸に、私はセミナー会場を後にしたのでした(汗)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4711-248b4d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。