こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3年と9ヶ月と20日。~ケミカルライトの(正しい使い方の)ススメ~

今日、ネット上で、

「ペンライトを駅で光らせないで」

というようなタイトルのニュースを見かけました。
このペンライトとは、「ルミカ」とか「サイリウム」とか呼ばれることの多い、「ケミカルライト」のことだそうで。

「コンサート等のイベント会場で、観客がケミカルライトを客席で振ることが多いが、イベントからの帰り道で、まだ光っているケミカルライトを駅のホームで振る人がいると、ケミカルライトの光は駅員が合図のために使うライトと光り方が似ているので、紛らわしく、非常に危険。

安全のために、光っている状態のケミカルライトは、駅では完全にしまい込んで、光が見えないようにして欲しい。

年末年始はイベントが多くなるので、特に気を付けて欲しい」


とのことでした。

確かに、「光、音、ニオイ、振動を発するものには注意(発さないように注意)」ですね。

特に最近は、「大閃光タイプ」という、通常より光の強いケミカルライトがたくさん売られてますが。

あれって、駅なんかで振られたら困るのはもちろん、本来なら使っていいはずのイベント会場でも、実は個人的には、使って欲しくないんですよね(汗)。

何でかというと……文字通り、光が強すぎるから。
横や前で振られると、光が強すぎて、その強い光がこっちの視界に入ると、一瞬ですが目が眩む(汗)。

まあそれでも、盛り上がってるときに振るんなら、「まあこれはしょうがない。ここでは振りたいよね」と思えるんですが。
困るのは、「振ってないとき」のほう。

たいていの人が、「膝の上に置く」か、「膝の上に置いた、パカッと口が開いたバッグの中にポンと入れる」かするんですが……。
それだと、「強い光がこっちの視界に入ってしまい、目が眩む」という意味では、「振ってるとき」とあんまり変わらないんですよね(汗)。
しかも、ガンガン盛り上がってるわけじゃない静かな時間帯にそうなると、もう気が散って仕方がない(汗)。

なので、大閃光タイプのケミカルライトを使う方々にお願いです。
振ってない時間帯は、深いポケットの中に入れるとか、バッグに入れたら上からバンダナ被せるとかして、強い光が周りに漏れないようにしてもらえると助かります。
どうかご一考を。


さてこれは、女性に人気のピンク。

ルミカライト 6インチレギュラー ピンク 25本業務用パック入ルミカライト 6インチレギュラー ピンク 25本業務用パック入
()
ルミカ

商品詳細を見る


春のイベントなんかだと、会場では、この色が増えるような気がします。
暗い会場に、ほのかなピンクの光がたくさんゆらゆらしている様子は、会場上のほうから見ると、すんごくきれいです。


それから……また防災ネタで恐縮なんですが、停電のときなんかは、これを手首にはめたり、いくつかつなげて首にかけたりすると、自分の居場所を知らせることができて、良いそうです。

ケミカルライト5色50本セット★ステック・ブレスレットケミカルライト5色50本セット★ステック・ブレスレット
()
ヘルメスリンク

商品詳細を見る


あとは、別に停電してなくても、夜の外出のとき(花火大会とか)、子供の手首にはめさせると、大人から見て見つけやすくて良いそうですよ。
ブレスレットタイプじゃなくても、スティックタイプのもののフック部分に紐を通して首にかけさせても使えるらしいです。
100メートルくらい離れていても、見えるそうです。


これは文字通り、防災用のもの。

ルミカライト 防災用簡易ライト 3本入 イエロールミカライト 防災用簡易ライト 3本入 イエロー
()
UNI

商品詳細を見る



ケミカルライトは、

製造後だいたい5年くらいは使える
保管する場所と方法にさえ気を付ければ、メンテナンスの必要がない。乾電池も充電も不要
発光色が多く、好きな色が選べる
色にもよるが、6時間から10時間くらいは光り続ける
(逆に言うと、光り続けて欲しい時間の長さに合わせて色を選ぶこともできますね)
(上にも書きましたが)100メートルくらい離れていても見える
水中での使用も可能
火花を発しないので、ガス漏れしている恐れのある場所でも使える
飛行機にも持ち込み可能

等々、メリットがいろいろあります。
1本200円弱くらいで買えますし、今ではいろんなところ売られてますので、使ったことのないお方は、見かけたら1本、いかがでしょうか?
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4683-0e1cd68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。