こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3年と8ヶ月と27日。~○○から、73年~

今日(12月8日)は針供養の日でした。


ところで、「『8月15日は何の日ですか?』と聞かれて、答えられない若者がいる」とか何とか、よく言われますが。
8月15日がそうなら、12月8日はもっとそうなんだろうな。

まあ、「『○月×日は何の日ですか?』と聞かれて答えられない人が増えた」ということだけをもって「全くもって嘆かわしい」みたいなことをあんまり言う必要もないとは思うけど。


ところでところで、Wikiの「12月8日」のページを見てみたんですが。
「原子力」とか「核」とかに関係の深い出来事がやたら多いような気がします……不気味な偶然ですねえ。

今後は、どの日のことであれ、「原子力」や「核」がこの地球上でますます幅を利かせていくような出来事がWikiに書き加えられないことを祈ります。

そう、「針と糸」程度の、「仕組みがわかりやすくて、不具合がすぐわかって、簡単に交換が利いて、安全に廃棄できる」ような道具しか、人間は持っちゃいけなかったのかも知れないな。
少なくとも今は、そうじゃない道具に、人間のほうが振り回され、使われ、支配されてるような場面が多すぎる気がする。


2011年3月11日の大震災の半月ほど後が、春のお彼岸でしたが。
あの頃、私は「原発をあの世へ送る準備をしなくては。そのためのお彼岸だ」「この先、春のお彼岸が来るたび、ずっとそう思うことになるだろう」みたいなことを書いてました。

そして今、「原発供養」という言葉が、頭に浮かんでしまったよ。
都心を威勢よく「原発反対!」「原発いらない!」と大声あげながらデモ行進するより、私には「原発供養」という言葉のほうがしっくり来るな。

この国も、すぐに「脱原発」とはなかなかいかないかも知れないが、しかし、少なくとも「今後も原発ガンガン新増設」「原発ますます隆盛を極める」となると思っている人はいないだろう。

となると、やっぱり原発には、「供養」って言葉が似合う気がする。

つい3年9カ月くらい前まで、原発は日本のあちこちに溶け込んでいた。
その中でも、福島第一原発のおかげで、首都圏の、電気をふんだんに使う、便利で快適な生活は成り立っていたのは確か。

なのに、そのことを全然知らなかった、知ろうとすらしなかった首都圏の人が、2011年3月を境に「私は目覚めたんです」「国家の隠蔽を許してはならない」みたいなノリで「絶対反対!」とか「いらない!」とか声高に言うことには、どうにもこうにも違和感を拭い切れない。

まあ確かに、隠蔽されてることはあるんだろうけど、しかし。
「福島にある原発で作られていた電気は、すべて首都圏に送られていて、福島では全く使われていなかった。首都圏で使われる電気の大半は福島の原発で作られていた」ということは、隠蔽も何もされてなかったし、原発の地元に行けば小学生だって知っていた。

だから。
これは、威勢よくデモをやってる人に限ったことではないけど、「そもそも自分に関心がなかったから知らなかったこと」と「国家や大企業が隠蔽していたから知らなかったこと」を混同しては駄目だよ。
何でもかんでも「国家や大企業のせい」にしては駄目だよ。

(※「威勢よくデモをやってる人が、全員混同している」と言っているわけではありません。)


あー、冒頭で「『8月15日は何の日ですか?』と聞かれて、答えられない若者がいる」と書きましたが。
正確に答えられそうな年齢層の人に「国によって終戦記念日が違うってことをご存知ですか」と聞いて欲しい。

知ってるお方も多いだろうが、知らないお方も多いのではあるまいか。

「『○月×日は何の日ですか?』と聞かれて答えられない人が増えた」ということだけをもって「全くもって嘆かわしい」みたいなことをあんまり言う必要もないとは思う……というのは、そういうことでもあるのです。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4659-8cd354a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。