こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ダブルヒロイン」……実現するのは、難しい(汗)。(その3)

どうも世の中の管理職とか経営者ってのは、新しく労働者を迎え入れるに当たっては、

「新卒の正社員だけに配慮すればいい」
「新卒の正社員が入ったときだけ、その先輩である正社員だけに世話を言いつければいい」


としか思ってない人が多すぎる気がする。

例えば、
「正社員の下に、非正規社員が入ったとき」
に、
「新しく入った非正規のことも、迎え入れる正社員のことも、ほとんどほったらかし」
ってことをやっちゃったり。
そういう方針の企業だと、「迎え入れる正社員」の側も、「新しく入った非正規」のことを、それなりにしか扱わない、ってことになりやすいんです。

それから、
「非正規社員の下に、正社員が入ったとき」
に、
「じかに指導に当たる非正規には特に何にも言わないのに、それ以外の正社員だけを集めて『新人の指導を頼む』と指示する」
ってことをやっちゃったり。
こんなことをされたりしたら、「じかに指導に当たる非正規」は、面白いはずがありません。
結果、新しく入った正社員にも、以前からいる正社員にも、反感を持つようになりかねません。

そして、
「中途採用の正社員が入社したとき」
に、
「誰からもほとんど声かけをしないまま、初めの数日、放っておく」
ってことをやっちゃったり。
中途採用の正社員が辞めてしまう理由でいちばん多いのは、「入社初日に、一人きりで放っておかれた」ってことだそうですよ。


「中途採用の正社員」はともかくとして、パートやアルバイトや派遣社員等の非正規労働者を企業が雇うのは、はっきり言って「人件費を安く抑えるため」なのでしょうが。
「人件費が安い」からと言って、「社内の偉い人は、関心を向けなくてもいい」ということではありません、むしろその逆。

社内の偉い人たち、極言すれば社長が直接、「君には期待している、しっかりやってくれ」と声をかける、くらいのことが必要。

そういう感じのことをやって、非正規労働者にやる気を持ってもらって、しっかり働いてもらって、そこで初めて、「会社が払う賃金が安い割には、労働者はよく働いている」、つまり「人件費が安く抑えられている」という状態になるのです。
「パートやアルバイトや派遣社員等の非正規労働者として、人を雇った」という時点でもう人件費を安く抑えたようなつもりになっている社長がいたら、それは全くの思い違いです。

「非正規が1人辞めた」くらいのことは、社長にとっては大したこととは思えないのかも知れませんが。
現場にいる、他の労働者たちにとっては、即時かつダイレクトに大問題です。

「え、先月営業部に入った派遣の人、もう辞めちゃったの?」
「うん。今月製造部に入ったパートの人も、来月で辞めるって」
「ふーん……」


――みたいな会話が社内でしょっちゅう交わされるようでは、「士気が下がる」「空気が重くなる」「生産性が落ちる」、ひいては「『この会社、そんなに魅力がないのかなあ、そんなに問題だらけなのかなあ。自分も転職を考えたほうがいいのかなあ』と思う労働者が増える」ということにつながりますから。

繰り返しになりますが、非正規労働者ってのは「人件費が安い」からと言って、「社内の偉い人は、関心を向けなくてもいい」という存在ではありません、むしろその逆です。


あ、上のほうで、
「正社員の下に、非正規社員が入ったとき」
「非正規社員の下に、正社員が入ったとき」
「中途採用の正社員が入社したとき」
を、留意すべきケースとして、挙げましたが。

Sさんと私の場合は、「非正規社員の下に、非正規社員が入ったとき」だったわけですね。
これはこれで、要注意のパターン。

何でかというと、「近親憎悪」「同属嫌悪」が生じやすいから。

Sさんと私のうち、どっちかが正社員だったら、Sさんもあんなにひどい態度は取らなかったんじゃないか、って気がするんですよ。
(繰り返しになりますが)Sさんにしてみれば、「先輩格の自分は、実務経験は豊富だが、資格は持ってない」のに、「後輩は、資格は持ってるが、実務経験は少ない」……それだけでも、煙たかっただろうに。
その上、「後輩は、自分と同じ非正規」とあっては、煙たさも2倍だっただろう。

だから、Y部長がそのあたり、もうちょっとSさんに、私についての事前情報を伝えて、「面倒見てやってくれ」くらい言ってくれてたら、もうちょっとどうにかなってたかも知れないのになあ、と思うわけです。


そして。
どんなに煙たい相手であっても、その「煙たい」という気持ちを全開にするのは、言うまでもなく、やめたほうがいい。
Sさんも、「どうせ短い付き合いなんだし」と思って私に対してああいう態度に出たんだろうけど、でも、Sさんがあの後も資格の勉強を続け、合格したとしたら、またどこかで私とばったり巡り会ってしまう可能性だって充分あるんだし。

ハラスメントってのは、やった側はすぐ忘れても、された側はずーっと覚えているものです。
そして、次に巡り会ったときは、力関係は逆転しているかも知れないのです……これは、「ハラスメントした側とされた側が、その後時間が経って、力関係が逆転した時、どうなったか」ってケースを、私自身が実際に何例か見てきたもので。
いやー、激烈ですよ、「かつてハラスメントされた側の意趣返し」って(汗)。

いろんな企業で「ハラスメント防止研修」みたいなことが行われてますが。
「あなたがハラスメントした相手が、何年も経ってから、予想外の形で報復してくるかも知れませんよ」と言って聞かせるだけじゃ、駄目なんですかねえ……そりゃ確かに、若干「脅し」にはなりますけど……ねえ(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
「ダブルヒロイン」……実現するのは、難しい(汗)。(その1)戻る
「ダブルヒロイン」……実現するのは、難しい(汗)。(その2)戻る
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4623-3284d822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。