こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ダブルヒロイン」……実現するのは、難しい(汗)。(その1)

今日(10月31日)は上弦の月でした。

さて、数日前、「この秋のテレビドラマって、「アナ雪」を意識したのか、「ダブルヒロインもの」が多くないですか?」みたいなことを書きましたが。
深田恭子と寺島しのぶが共演してるドラマの設定に、ちょっと興味を惹かれました。

深田恭子は、
「弁護士資格はあるが、法廷での手腕に欠けていて、今は弁護士の仕事からは離れている31歳」、
寺島しのぶは、
「法廷での手腕には抜群に優れていたが、やり方が強引すぎたのが災いして、弁護士資格を失ってしまった41歳」
という役どころだそうで。
この2人がコンビを組んで、事件に当たっていく、ってストーリーになるんでしょうね(って、もう放送は始まってますが)。

「資格は持ってるが、実務経験は少ないA」と、「実務経験は豊富だが、資格は持ってないB」がいて、AとBがコンビ組んで働く……ということなら、別に弁護士に限らず、いろんな職種でありそうですけどね(笑)。

しかし現実には、そういうAとBがコンビ組んでうまくいくのは、なかなか難しかったりする(汗)。


というのも、思い出したことがありまして。
もう、数年前のことですが……(あんまり愉快な話ではないです(汗))。


私は、某企業の総務・人事・経理部的な部署に、非正規の労働者として入りました。
その部署で使えそうな資格を持っていたので、拾ってもらえたらしかったです。

その部署の同じ係には、「私が持っている資格は持ってないけど、実務経験が豊富」という女性がいました。(Sさんとしましょう。)

このSさんも非正規労働者で、「Sさんが近々辞めるので、後任を頼む」ということで、私がその係に配属になったらしかったです。
Sさんは、年齢的には多分、私と同世代。

「このSさんとたった2人の係」「私がSさんの後任予定者」というのが、不運の始まりだった(汗)。


就業1日目の昼過ぎ頃までは、何事もなく、Sさんとも普通の会話がありました。

ところが、午後になったあたりから突然、「何か話しかけても、8割くらいは無視される」ということが始まりました。

1日目の夕方、終業のチャイムが鳴り、私は当然帰るつもりでいたのが、Sさんは相変わらずこっちのことなんか無視したまま、自分の仕事を続けている。
私は「普通、初日の人間に対しては、定時になったら『お疲れ様、今日はもういいですよ』とか何とか、周りは声をかけないか?」と思っていたんですが……全然そんな気配はない。

チャイムが鳴ってから30分が過ぎ、1時間が過ぎ、1時間半が過ぎた頃、「もうこりゃ自分から言わないと駄目らしい」と思い、Sさんに
「もう失礼したいんですが」
と言ったところ……
「ああ、何、もう帰るの?」
みたいな、無感動な……なぜか不機嫌そうなリアクション。

翌日からも、「何か話しかけても、8割くらいは無視される」ということは続き。
無視はされなくても、こっちが聞いたことに対して「自分で考えてやってください。聞いてばかりだと1人でできませんから」と言われて、突き放されてばかり。

こっちが処理した後、Sさんにチェックを受けるため回した書類も、「間違ってます」と言われ返されることが何回もあったんですが、「どこが間違いですか」と聞いても、「自分で考えて直してください」と言われるばかりで、「ここをこう直せ」という説明を全然してくれない。

返されたものをひと通り調べてみて、直したつもりで再提出しても、また「間違ってます」と言われ返され、やっぱり「ここをこう直せ」という説明は、全然なし。

「Sさんが近々辞めるので、後任を頼む」ということで私が拾われたはずなのに、そのSさんにこんなに何にも教えてもらえないって、どういうこと?
このまま、近いうちに1人で仕事しなきゃならなくなるの?
そもそも何で、こっちが話しかけても、8割くらいは無視されるの?
周りの人たちは、この状況に何にも気づいてないの?
それとも、気づいても、それも無視なの?
いったいどういう企業なのここ?

――とか、いろいろ考えたら、「続けるのは無理」としか思えず……1ヶ月足らずで、辞めました。
(Sさんが辞めるのより先に辞めた(汗)。)

まあその企業、難儀だったのはSさん問題だけじゃなかったが。
入ってから知ってびっくりしたのが、「ワーキングマザー社員を含めほぼ全員が、毎日、夜の8時半や9時まで残業している」ということだった(汗)。

前提として、「通勤に往復4時間くらいかかる」「会社がある場所が郊外すぎて、周囲にお店が何にもない」ということは事前に知ってたんですが。
そこまでは許容できても、そこへ加えて「長時間労働」、そして「前任者からのいじめ・嫌がらせ」までは、飲めませんでした。

長くなりそうなので、このあたりでいったん分けます。

++++++++++++++++++++++++++++++
「ダブルヒロイン」……実現するのは、難しい(汗)。(その2)進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4621-abc7af5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。