こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女性はダブルヒロインものがお好き?(その1)

アニメ映画「アナと雪の女王」の大ヒットを受けてか、この秋のテレビドラマって、「ダブルヒロインもの」が多くないですか?
「どれだ」と言われると答えようがないんですが(オイ(汗))、でも、駅や電車内の広告ポスターを見ると、男性タレントの姿がなく、「女性2人」のものばかりのような気がする。

でも今までも、「ダブルヒロインものがウケた」ということは、多々ありましたよね。
少なくともWJで長期連載を成し遂げている漫画は、意図したものか結果的なものかは別として、ダブルヒロインの構図になっているようです。
例えば、『ONE PIECE』ではナミとニコ・ロビン、『NARUTO』では春野サクラと日向ヒナタ、『BLEACH』では井上織姫と朽木ルキア。

(「長期連載」かどうかは意見が分かれるかも知れませんが、私の大好きな『べるぜバブ』では、ヒルダと邦枝葵。)

「WJで長期連載を成し遂げている漫画」といえば、ぶっちぎりで『こち亀』ですが、そして『こち亀』のヒロインといえば秋元カトリーヌ麗子ですが。
「麗子のことが大好き」という女性読者って、見たことないです(汗)。

女性って正直なところ、「紅一点もの」って、あんまり好きじゃないんですよね……「好きじゃない」というより、「紅一点のヒロインには、リアリティを感じない」というべきか。

フィクションで「紅一点もの」があんまり見られなくなったのは、女性読者・女性視聴者の「リアリティのない、ステレオタイプの女を描くな」「女を十把ひとからげに扱うな」という心情を、作る側の人々が考えた結果かも知れませんね。
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)』でも、著者の斎藤美奈子氏は、「アニメや特撮における紅一点の法則も、90年代に入ったあたりから、急速に崩れている」と書いてるし。

「宇宙戦艦ヤマト」がリメイクされ映画化された時も、確か監督は、
「旧作では、看護師の仕事とか、レーダー手の仕事とか、庶務的な仕事とか、通信の仕事とかは森雪が一手に引き受けていたが、今回は別のキャラにそれらの仕事を振り分けた。
どれも、いかにも女性の仕事って感じがするから、旧作では紅一点の森雪1人に割り振ったのかも知れないけど、これらの仕事を全部1人でやるなんて、現実的には絶対無理だから」
みたいなことを語ってたし。

++++++++++++++++++++++++++++++
バトルもののフィクションにおいて、「出番の多い女性キャラ2人」が「ダブルヒロイン」と呼ばれるには、

「2人とも、足手まといなお姫様ではない」

ことが条件ですかね。
『ONE PIECE』のナミもロビンも、『NARUTO』のサクラもヒナタも、『BLEACH』の織姫もルキアも、それぞれ自分なりの個性的な戦闘力を持ってますしね。

(それを思うと、『こち亀』の麗子は、警察官という職業であるにも関わらず、それらしい毅然とした姿って、滅多に見せないですよね(汗)……何かというと「きゃあ」と言って竦み上がってばかりいるし(汗)。)


次に、バトルものじゃないフィクションにおいて、「出番の多い女性キャラ2人」が「ダブルヒロイン」と呼ばれるには……

「1人のオトコを巡って2人で争わない」

ということが条件かな?(笑)
「1人のオトコを巡って、仲が良かった姉妹や、親友同士だった女性2人が争う」みたいな状態が強調されて描かれる作品は「ダブルヒロイン」とは言われないですよね。

考えてみれば、NHKの朝ドラなんてたいていこのパターンですけど、「ダブルヒロイン」とは言われませんもんね。
ついこの前まで放送されてた「花子とアン」は珍しくこのパターンではなく、準主役の蓮子が、人気・存在感ともに主役の花子を凌ぐほどにまでなりましたが、それだって、「花子と蓮子が、1人のオトコを巡って争う」というエピソードがいっさいなかったから、かも。

(余談ですが……マナカナは、子役として「ふたりっ子」で、大人になってから「だんだん」で、朝ドラの主役を2回務めましたが……2回とも、「1人のオトコを巡って、姉妹で争う」ってエピソードがあったんですよね(汗)。)

「出番の多い女性キャラ2人が、『1人のオトコを巡って争う』以外のことでエネルギーを使っているところを見せてくれた」と、(女性の)読者・視聴者に思わせてくれた作品が、「ダブルヒロイン」という「称号」を受けられるのかも。

でも、大半の朝ドラにはこれからも、「1人のオトコを巡って、仲が良かった姉妹や、親友同士だった女性2人が争う」みたいなエピソードが必ず織り込まれていくのでしょう……視聴者の側も、「またこれか」と若干うんざりしつつ、朝の忙しい時間に「知らない世界じゃない」「未知のものではない」という安心感をもって見られるし。

それに、一応国の予算を使っている公共放送としては、ヒロインが「少しも寒くないわ」と言い切ってバタン!と扉を閉めるような朝ドラを放送してたら、国から「この国の少子化に拍車をかける気か」とか何とか、修正をいただいてしまいそうだし(笑)。


ちょっと長くなりそうなので、二つに分けよう。

++++++++++++++++++++++++++++++
女性はダブルヒロインものがお好き?(その2)進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4607-ec999084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。