こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




危険なブログ?(汗)(その3)~コメント欄もメール欄もないブログ~

ここ1年くらいの間のことになるのか。
それより前から拝読していたヒトサマ(複数)のブログで、「コメントを受け付けない、という設定に変わる」ということがありました。

芸能人のブログなんかは、「コメントを受け付けない」という設定になっているものは珍しくないですが、一般のお方のブログでは、最初はたいてい「コメントを受け付ける」という設定になっています。

それが「コメントを受け付けない」と変わるのは、何が原因なのか。

いちばん多い理由は、

「悪意のこもった嫌がらせのようなコメントが、連日のように来るようになった。
相手するのも無視するのもエネルギーを使うので、もうコメント欄は閉じます」

というもの。

次に多い理由は……というより、「悪意コメント締め出し」以外の理由はほんと様々で、

「自分のイライラ・モヤモヤした気持ちを吐き出して、少しでもストレス解消したいだけだから、誰かからのアドバイスやご意見や、誰かとのつながりはいりません」

というお方や、

「忙しくて、ブログを書くのが精いっぱい。コメントをいただいても、返事を書いている暇がありません」

とか、いろいろあるようです。



でも……いち読者として見ると。

「コメント欄もメール欄もないブログ」というのは、危険

だと思います(汗)。

なぜか……理由は書くまでもないと思いますが。

++++++++++++++++++++++++++++++
いちばんの理由は、

「書いてはまずいことを書いていても、『それ、書いちゃまずいですよ』と、誰からも教えてもらえないから」

です。

ここのところ、

「『どうせ仲間内しか見てないし』と思って、軽い気持ちで、はしゃぎ過ぎた写真をSNSで載せた若者が、その後“全国ニュース”レベルで袋叩きに遭う」

みたいな事件が続きましたが。
あのテの事件を引き起こした若者を叩きまくった大人が、全員「自分のブログに載せる情報について、載せる・載せないの規準がしっかりしてるか?」というと、決してそんなことはないはずだ(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
前にも書いたと思いますが、私は「身バレ」をけっこう恐れているほうなので、「書いちゃまずいことを書いてしまって、身バレする」ってことは、自分にもヒトサマにも、極力起きて欲しくないのですが(汗)……世の中の人たちはもしかして、「身バレ」をあんまり恐れてないのか?

芸能人のブログなんかは「身バレ」の余地がないから、何を書いても「身バレ」にはならない代わりに、何かまずいことを書けば、即本人のイメージ低下につながるわけですが……。
そのあたりはマネージャーとか事務所とかが、事前にきっちり、本人に教育をしてるでしょうし、仮にまずいことがアップされてしまった後でも、「すぐ削除しろ」と指示できる。

だが。
一般人のブログだと、書いてる本人の周りに「マネージャー的な人」がいれば、「あれ、削除したほうがいいよ」と言ってくれるのでしょうが……。
「自分のイライラ・モヤモヤした気持ちを吐き出して、少しでもストレス解消したいだけだから、誰かからのアドバイスやご意見や、誰かとのつながりはいりません」というお方の近くに、「ブログの内容をチェックしてくれる、マネージャー的な人」がいるとは思えない(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
だから。
コメント欄を閉じるのではなく、「管理人の承認後公開」の設定にするとか。
コメント欄を閉じるなら、せめて、メール欄を設けるとか。
コメント欄もメール欄も設けないなら、拍手コメント欄を設けるとか。
何かしら、「外からのコメントを受け付ける」という設定は、残したほうがいいと思う。


これは、「書いてはまずいことを書いてしまったとき、指摘してもらうため」だけじゃなく、「明らかな勘違いや思い違いを書いてしまったとき、それを指摘してもらうため」にも、です。

例えば、「情け深いお上が、下々の者どもに1人1万円をくれるので、該当する者は10月31日までに申請するように」ということが決まったとしましょう。
で、「該当する者」が、「申請締め切りは11月30日」と勘違いしていて、それをブログに書いていたとします……しかも「周りの人は誰も該当しないので、周りの人には誰にも言ってません」みたいなこととともに。

そんなとき、そのブログにコメント欄やメール欄があれば、「締め切りは11月30日じゃなくて10月31日ですよー!」と誰かしらが指摘してあげられるでしょうが、コメント欄もメール欄もなくては、指摘しようがない(汗)。

そんなブログをお見かけするたび、ハラハラ冷や冷や(汗)……まあ、ヒトサマのこと心配する前に己のことを心配しろって感じなんですが。

繰り返しになりますが、私は「身バレは極力避けたい派」なので、上に書いたようなことをあれこれ考えてしまうんですが…………世の中の人たちはもしかして、「身バレ」をあんまり恐れてないのか?(汗)
世の中「身バレ上等」の流れなのかもしかして?(汗)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4595-c2e3ed2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。