こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




危険なブログ?(汗)(その2)~「我が家の天使」って、誰?(汗)~

さて、「こ、このブログは危険だ(汗)」と私が勝手に認定するブログの特徴について語る・第2弾です。

さてさて。
家庭内のことを書いたブログ、特に、赤ちゃんや小さい子供の言動についてのことを書いた記事が多いブログで、

「我が家の天使」

というフレーズをよく見かけますが。

この「天使」という言い方、こっちは目にするたび、ギクッとなるんですよ(汗)。
何でかというと……。

流産や死産でお子さんを亡くした親御さんや、まだ幼いお子さんを亡くした親御さんが、

「この世での短い滞在期間を終え、天国へ帰っていった我が子」

という意味で、亡くなったそのお子さんのことを「天使」と呼ぶことがあるから。

亡くなった子供も、元気に育っている子供も、その親にとってみれば、同じく大事な存在なのでしょうが、しかし。
この両者が同じ言葉で呼ばれることには、私はどうにもこうにも、違和感を感じてしまいます(汗)。

「自分の家族のことを自分のブログで何と呼ぼうが、勝手でしょ」と言われてしまうのかも知れませんが。
元気に育っているお子さんのことは、できれば「天使」以外の呼び方で、そのお子さんのことを書いていただけないでしょうか(汗)。
本名とは全然違う、キラキラネームのようなニックネームでも考えて……あ、本名がキラキラネームなら、ニックネームのほうをクラシカルな名前にする、とかでもして。

++++++++++++++++++++++++++++++
ところで。
「我が家の天使」という書き方にはギクッとなってしまう私ですが、でも、「天使のように愛らしい」とか「天使のように無垢」とかの言い回しは、すいっと頭に入ってきます。

しかしこの、天使のことが「愛らしい」とか「無垢」とか、「赤ちゃんや幼児の姿」とか「肩や背中から翼が生えている」とか「白い服を着ている、又はほとんど裸」とかってのが半ば「常識」になったのって、いつ、何がきっかけだったんでしょうね。
ローマ神話のキューピッドのイメージと重なったという説や、「森永」のロゴマークの影響だという説もあるそうですが(笑)。

ちなみに聖書じゃ、「イエスが処刑された後、弟子たちがイエスの墓の様子を見に行くと、イエスの亡骸はなく、1人の天使がいた」というエピソードがありますが。
この「天使」ってのは

「白い服を着て、背中から翼の生えた、小さな子供」

などでは全然なく、

「別にどこにも翼はなく、普通の服を着た、大人の男性(しかもひげを生やしていた)

だったそうです(笑)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4558-774ab6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。