こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




NHKドラマ10「聖女」第1話「運命の再会」の感想。

久しぶりに、日本のテレビドラマの感想を書いてみようと思います。
標的にするのは、いや違った、取り上げるのは、NHKドラマ10の「聖女」

では開始!

++++++++++++++++++++++++++++++
第1話「運命の再会」の感想。

「1人の女性が、複数の裕福な男性に近づいて親密になり、女性がまとまった金銭を手に入れるとほどなく、その男性たちは次々と死んでいく」って、同じく「ドラマ10」の枠でやってた、「ラスト・マネー ―愛の値段―」と似てるなあ、ってか同じだなあ(汗)

番宣で、肘井基子がどこぞのカトリック教会で、頭にベール被って物思いに耽ってるシーンがあったけど……「カトリック教会」は、「書店員ミチルの身の上話」にも出てきたなあ(汗)

やっぱり、信徒が十字を切ったり、女性信徒がベールを被ったり、美しい装飾品がたっぷり置かれたりしているカトリック教会のほうが、プロテスタント教会より、絵になりますよねえ……プロテスタント教会の中なんて、ほとんど「何とかコミュニティセンター」ですからね(汗)。「テレビドラマに使われる教会」といえば、ほとんどがカトリックですよね

あ、その場合、その教会の名前はたいてい「地名+マリア教会」ってのがお約束(笑)

そういえば私も、友達の代理で家庭教師をやったこと、1回だけあったなあ……もちろん「代理です」と、友達からも私からも言いましたけどね。一応勉強を見終わった後、先方のお母さんから出していただいた親子丼が美味かった

女性は――特に若い女性は――「頭が痛くなるほど白い服」ばかりを年じゅう着てはいられないんですけどね、月イチの体の事情があるから(って、生々しい話はよせ私(汗))

でも実際のところ、仕事の場に、面積の広い白い私服をしょっちゅう着てくる女性には、何となく、仕事を頼みづらい(汗)……以前、同じ部署に、真っ白なスーツや真っ白なワンピースをよく着て出勤してくる女性の後輩がいたんだけど、こっちは「服、汚したくない……よね?(汗)」と思ってしまって、「台車に段ボール箱を積んで、2階と地下の間を何回も往復する」みたいな仕事は頼めなかったもんなあ(汗)

あーそうそう、晴樹がモノローグで言っていたこの「頭が痛くなるほど白い服」って、「真っ白いものをじっと見ていると頭が痛くなることがある」って意味ですよね?最初聞いた時、「白い服だと何で頭が痛くなるんだ?」と思った(汗)

「女性の仕事着の色」といえば、看護師である泉美の制服が白じゃなくピンクなのも、ドラマでは半ば絶対のお約束になってるナースキャップを被ってないのも、「伝統的な看護師のイメージ」から離すためでしょうね。「伝統的な看護師のイメージ」に合わせると、そっちが「聖女」みたいになっちゃうから

晴樹が勤める「小さな弁護士事務所」がどう描かれるのか、けっこう楽しみです。いやー、弁護士のみならず、今やどの「士業」の事務所も、営業には苦労してますからねえ

病院で、千倉の妻(名前は「文江」だそうで)が、テレビ画面に映った肘井基子の顔を見て「全部アンタのせいなのよー! 死ね、死んでしまえー!」と錯乱してましたが……普通ああいうときって、画面に向かって「全部アンタのせいなのよー!」じゃなく、周りの人に向かって「全部この女のせいなのよー!」って言いますよね?(汗)かなり高齢のおじいちゃん・おばあちゃんなんかは、孫からのビデオレターに対して、まるでその孫がすぐそこにいるかのようなリアクションを見せることがありますが、千倉の妻はまだそんな年じゃ全然ないし(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
待て、この「ドラマ10」の得意テーマって、「女性と愛」と見せかけておいて、実はそうじゃないのかも……。

小さい息子を持つシングルマザーが保険金殺人を重ねる「ラスト・マネー ―愛の値段―」といい。
これまた小さい息子を持つシングルマザーが、経済的自立を求めて働き行動し、同じ境遇の女性たちと連携して母子家庭への支援を訴えるシーンで終わる「シングルマザーズ」といい。
大学在学中、ホストに貢ぐために昏睡強盗を繰り返して逮捕され、懲役7年の刑期を終えた後の女性の人生を描いた「いつか陽のあたる場所で」といい。
地方銀行で営業職として働く41歳の主婦が、顧客のカネ1億円を横領する「紙の月」といい……。

「女性とカネ」が、隠れたテーマなのかも(汗)。
「下流の宴」とか「サイレント・プア」とか、タイトルからしてズバリですもんね(汗)。

(「ドラマ10」ではなく「よる★ドラ」枠でしたが、片田舎の平凡な若い女性書店員が、全く意図せず宝くじ2億円を当ててしまったばかりに波乱万丈の人生に引きずり込まれていく「書店員ミチルの身の上話」もそうでしたよね。)

まあ、これはこれで現代的な作りなのかも知れませんね。

早く第2回を観て、感想を書こう(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
NHKドラマ10「聖女」第2話「愛を乞う女」・第3話「プライド」の感想。進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4557-9fbf464b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。