こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)」を、一般公開初日に、舞台挨拶つきの回を鑑賞してきた580人の一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その3)

感想・その3!
イグニッション!

++++++++++++++++++++++++++++++
古くは「王様のレストラン」、最近では「タイトロープの女」等々、「企業再生もの」のドラマが好きな私としては、見逃せないエピソードがありました!
「梅茶菓支店」のエピソードです!

六太があの梅茶菓支店に滞在していた期間は長くはなかったはずですが、それでも、「無気力感が充満していた事業所を、そこそこ活気のある、生き生きとした場に生まれ変わらせた」ってことを、やってのけてましたよね。

正直、この「#0」で「六太ってやっぱりすごい奴だ」といちばんはっきり思ったのは、このエピソードによって、でした。

しかも本人は、それを目的として派遣されたわけじゃ全然ないし、本人にもそんな意図は全くなかったらしいし、やってのけた後も、「やり遂げた」みたいな感慨はほとんど感じてなかったみたいだし……かっこ良すぎだろ(笑)。

卑近な例で恐縮なんですが、ワタクシ自身が今まで見てきた、いわゆる「不機嫌な職場」を思い返すと、あれらの職場を蘇生させるなんて、宇宙飛行士に選ばれるより難しいだろうと思う(汗)。

でも考えてみたら、宇宙飛行士ってのは、頭脳的・技術的・体力的にはもちろんのこと、トータルな人間性を見ても、最高の部類の人たちのはずですもんね、ってことは、企業や事業所の再生を任せても、いい成績を残してくれる可能性はもともと高いのかも。
コンピテンシーだのソーシャルスタイルだのエニアグラムだのPDCAだのISOだのと言っては社長や社員を煙に巻いてコンサル料だけはガバッと持っていく怪しげなコンサルタントなんかより、よっぽど(やめなさい私(汗))

++++++++++++++++++++++++++++++
以下、断片的に。

この「宇宙兄弟」では、「南波六太といえば、ドーハの悲劇」のように描写されてますが。現実世界では、この「ドーハの悲劇」を知らない世代がそろそろ成人式を迎える頃なんですよね(汗)……ああ隔世の感(汗)

少年六太は、ロケット飛ばし大会で、自分のゼッケン番号が99番で日々人が100番だったことを「いつもこいつがいいところを持っていく。俺は間が悪い」みたいなことを、モノローグで言ってましたが……それを言うなら、テレビアニメのほうだって、今のところ「全99話」なんですよね(笑)

偶然でしょうけど、この「宇宙兄弟#0」の公開日は、8月9日。で、今年最大のスーパームーンが見られたのが、8月10日・11日。「宇宙兄弟」では、テレビアニメでも映画でも、「月」ってのは重要なキーワードですから、なかなかいい日程でしたね(笑)

ブライアンって、「何年も前に亡くなった、伝説の人物」のような気がしてたんですが……日々人と頻繁に会い、訓練も一緒にしてたんだから、「ついこの前まで、生きてた人」なんですよね、忘れかけてた(汗)

そして逆に、六太とブライアンは、面識はない。「その2」で書いたような事情があったため、六太とブライアンも会ったことがあるような気がしてたんですが、これも間違い(汗)

そして。シャロンもせりかもケンジも新田も絵名もジェニファーも茄子田さんも鶴見さんもピコもビンスも登場しなくても、「物足りない」って感じがしなかったのはすごい。まあシャロンは「たまたま登場しなかった」わけですが、その他の人々と六太は、まだ出会ってないわけですしね。人間、僅か数ヶ月先に、優秀かつ強烈な多数の人材と出会うかも知れないんですよね……楽しみでもあり、怖くもあり(汗)

でもまあ、NASAにしてもJAXAにしても、「優秀で強烈な人材」ってのは、集まるところに集まるのかも知れない……「類友」の法則で。とすると、優秀でも強烈でもない私は、今後「優秀で強烈な人材に大量に出会う可能性」は、決して高くないな(爆)

あ、「優秀で強烈な人材」といえば。パンフレットでは、バトラー室長と同じ枠の中に、「ヤンじい」ことデニール・ヤングが描かれてたじゃないですか。あのページに載ってたキャラたちの中で、「ヤンじい」だけの出番がなかったので、「?」と思ったんですが……。ヤンじい、もしかしたら当初は、出番あったんじゃないんかな……でも、演じていた石田太郎さんが亡くなってしまいましたからねえ(涙)

++++++++++++++++++++++++++++++
あーそうだ、細かいことですが(そして映画の内容とは関係ないことですが)、気になったことを一つ。

その1」でも書いたように、私の行った回は、上映の前に舞台挨拶があったわけですが。

舞台挨拶が終わり、登壇者たちが捌けて、植村アナが客席に「では間もなく上映が始まりますので、お待ちください」と言った途端に、かなりの数の人がさっと席を立って、会場からさーっと出ていったんですよ。

「トイレかな?」と思ったんですが……出ていった人たちがその後戻ってきた気配がなかったので、ちょっとの間、頭の中で引っかかりましてね……。

で、少しして気づいたんですが。
あのお方たちは多分、「1回目のチケットも2回目のチケットも当たった」なおかつ「1回目の上映を観て、1回目の舞台挨拶を観て、2回目の舞台挨拶を観て、2回目の上映は観ないで席を立った」って人たちだったんですね(汗)。

まあ、「席を立ったのは、その後の時間帯に、別の用事があったから」かも知れないので、あんまり断定的なことは言えませんが……。
もし「舞台挨拶は1回目のも2回目のも観たいけど、映画は1回観ればもういいよ」ってことだったのだとしたら、私は寂しいぞ(汗)。
せっかく縁あって、同じ日の同じ場所の同じ回のチケットが手に入ったんだから、最後まで一緒に観たかったよ(涙)。

次に同じような機会があったら、その時は最後まで一緒に観ようねー!

++++++++++++++++++++++++++++++
これは、映画用に改めて作ったものじゃなく、テレビ用のものですよね。

宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK宇宙兄弟 ORIGINAL SOUNDTRACK
(2013/12/04)
TVサントラ

商品詳細を見る


でも、映画観たら、これ、欲しくなりました。

「宇宙兄弟」と、直接の関係はないですが(笑)。

KENN VOCAL ALBUMKENN VOCAL ALBUM
(2014/05/28)
KENN

商品詳細を見る


++++++++++++++++++++++++++++++
これで締めるのかと思いきや、まだ続くのです!(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
「宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)」を、一般公開初日に、舞台挨拶つきの回を鑑賞してきた580人の一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その1)戻る
「宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)」を、一般公開初日に、舞台挨拶つきの回を鑑賞してきた580人の一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その2)戻る

「宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)」を、一般公開初日に、舞台挨拶つきの回を鑑賞してきた580人の一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その4)進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4540-a27d787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。