こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3年と4ヶ月と22日。~続・吉永小百合だってアンタのカミさんとほぼ同じことやってんだよ~

東日本大震災から、3年と4ヶ月と21日。~吉永小百合だってアンタのカミさんとほぼ同じことやってんだよ~」の続きです。

またいったん話が飛びますが。

「日本の地方議会の議員は、9割が男性で、6割が60歳以上」だそうです。
つまり、
「地方議会≒おじいさんの集団」
ということです(汗)。

ということは。
「女性に関することも、子供に関することも、主に“おじいさん”たちが集まって、女性や子供に関する“イメージ”や“想像”や“願望”をもとにして決めている」
とか、
「女性や子供にとって重要なことでも、“おじいさん”たちがそう思えないことは、いつまでもいつまでも放っておかれる」
ということになりがちなわけです(汗)……やっぱりまずいですよねこれって。


女性向けの雑誌にはときどき「女性のための防災対策特集」みたいな記事が載るし、「ジュニア防災検定」なんていう検定試験もありますが。

「オトコの防災~母、妻、子供、姉妹、祖父母を守るために~」

とかいうタイトルの本って、なかなか見つからないですよね……。

しかし、「成人してはいるが高齢ではなく、病気も障害も負っておらず、日本語が話せて日本の習慣に通じている、男性」は、災害が起きても、自分自身がすぐに切迫した状態にならない(ことが多いと思われる)とはいえ、そういう人だからこそ「母、妻、子供、姉妹、祖父母」のためにできることだって多いはず。

「備えろ備えろと言われたって、何をやったらいいかわからないし、そもそも必要性を感じない」という男性は、「自分の家庭で、母親や妻がどんな防災をしているか」ってことを、当の母親や妻に聞いてみるといいかも。
一つ前の記事の冒頭に書いた司会の男性が「防災は、家庭で主婦がやるもの」と言ったのも、自身の母親なり妻なりが家庭内でやっているのを見ているから、そういう言葉が出たのかも知れないし。

「備え」というと男性はとかく「水や食料や乾電池を買い込む」ってことばかりを連想しがちなようですが。
女性はもっといろんなことを調べていることが多いです。
例えば、
「非常時でも、近所の病院は、どこの何科が開いていそうか」
とか、
「どこのスーパーで、物資の配布を受けられそうか」
とか、
「マンホールトイレはどこに設置される予定か」とか。

まあ、これらのこと↑を知っているのは、若干「防災マニア」な主婦かも知れませんが(笑)。

しかし、母や妻が「専業主婦」だと、物資配布やマンホールトイレ以前に「家のことや地域のことは、全く、何にも、全然、把握してない」って男性はまだまだ多いようなので、とりあえず、「“主婦”がいなくても、1週間程度は家で暮らせる」あたりを目指してみるのはどうでしょうか。


「サラリーマンだった男性が定年退職後、何をしたらいいか」とか、「定年退職後の男性の地域デビュー問題について」とか、よく言われますが。
全員がやったほうがいいのは、「家事」「防災、減災」だと思います……それもなるべくなら、定年退職前から。

その二つをやり込んでいるうちに、「漠然とした地域デビュー」や「とりあえず地域デビュー」じゃなく、「その人ならではの視点を生かした地域活動」が、おのずとできるんじゃないでしょうか。
(まあ最初は「漠然とした地域デビュー」や「とりあえず地域デビュー」でもいいと思いますが。)

いやー、いつまでも「○○会社で××部長だったオレ」ばかりを引きずったままのシニア男性が地域に溢れたのでは、現役世代や若い世代はたまったもんじゃないと思うので(汗)。
シニア男性が“地域の資産、知恵袋”になるか、“負債、お荷物”になるかは、大げさに言うと、この国の将来を左右する重要な問題だと思います。
安倍サンには、何本目の矢でもいいから、そのあたりも全面的に打ち出して欲しいもんです……まあ、気づきそうにないですけどあの人は(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
何度も載せてますが、女性向けの防災の本です。

アンアン特別編集 女性のための防災BOOK ”もしも”のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ (マガジンハウスムック)アンアン特別編集 女性のための防災BOOK ”もしも”のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ (マガジンハウスムック)
(2011/08/29)
マガジンハウス編

商品詳細を見る


「一家に一冊」「(小さい会社なら)一社に一冊」「(大きな会社なら)一課に一冊」あって欲しい本です!
「男性がこれを買って、家族の中の女性に贈る」とかでも、もちろんOKの本です!
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4528-f78542ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。