こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2年3ヶ月くらい書いてないWJ漫画についての記事を復活させる企画シリーズ。~2014年度・第1四半期の『ONE PIECE』~

記事タイトル通り、ここ2年3ヶ月くらいWJ漫画の感想を書けてないですけど、毎週買って読んではいるので、せめて号数とサブタイトルだけでも記しておこう、という意図のもと書くシリーズです。

とりあえず、2014年度・第1四半期のデータをば……ってことで、『ONE PIECE』

++++++++++++++++++++++++++++++
2014年WJ19号「第743話 〝激震のドレスローザ〟」
2014年WJ20号「第744話 〝革命軍参謀総長〟」
2014年WJ22・23合併号「第745話 〝鳥カゴ〟」
2014年WJ24号「第746話 〝星〟」
2014年WJ25号「第747話 〝最高幹部ピーカ〟」
2014年WJ26号「第748話 〝おれの恩返し〟」
2014年WJ27号「第749話 〝すすめ!!曲者軍団〟」
2014年WJ30号「第750話 〝戦局〟」
2014年WJ31号「第751話 〝サボVS大将藤虎〟」

++++++++++++++++++++++++++++++
今、アニメでは、キュロスはまだ人形の姿のままですが……。

「ある人間が人形の姿にされると、その者に関することは、他の人間の記憶から消えてしまう」という設定に、なぜかモヤモヤしたものをずっと感じてたんですが……最近その理由が、やっとわかった。

「忘れ去られて悲しむのは男ばかり」「残酷にも、夫・恋人・父親のことをすっかり忘れ去って、平穏に暮らしているのは女子供ばかり」ってことになってるからだ。

フィクションじゃなく現実の世界で、「相手のことをすっかり忘れて平気でいる」ってのは「男」のほうなのか「女子供」のほうなのかは知りませんが。

少なくとも「相手に忘れられたら、経済的に大ダメージを受けて、食べていけなくなる」ってのは、圧倒的に「女子供」のほうのはずです。

なのにドレスローザに住む「女子供」たちって、生活に困窮している様子は一切ない。

ってことは、「女子供」が母子家庭になっても、食べていくに困るような国ではないってことですよね……女性は結婚していなくても、普通に働いて、普通に子供を食べさせていける国だってことですよね。

そういう国って、作ろうとして作れるもんじゃないです、現に日本なんか、全然そうなれてません。

そりゃ、本当にドレスローザみたいなことになっちゃ、忘れられた「男」にとっちゃたまったもんじゃないでしょうが、しかし。
「女子供」にとっちゃ、これってある種のユートピアですよ。
映画「もののけ姫」でも、たたら場の女性たちが、自分たちの住むコミュニティを「お腹いっぱい食べられるし、男が威張らないしさ」という言い方で、褒めてるじゃないですか。

「吉原は、男の極楽、女の地獄」なんて言われますが。
「ドレスローザは、(意外と)女子供の極楽、男の地獄」なのかも知れません……まあ、その場合の「女子供の極楽」も、『NARUTO』の「無限月読」みたいなものですけどね。

――とか何とか、わかったようなことを書いてると、尾田センセイから“苦言”を呈されちゃうのか、なあ(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
その尾田センセイは、喉の手術はうまくいったのかな?
私もかつて、しょっちゅう喉を腫らして高熱を出していたので、そのつらさはわかるつもりです。

尾田センセイにおかれましては、今後はどうか極力健康な状態を保って、漫画を描くことができますように。

ところで。
WJ誌上では、
「この度、作者・尾田栄一郎先生が扁桃腺切除の手術をされるため」
と書かれていましたが。

その昔「扁桃腺」と呼ばれていた器官は、その後「腺ではない」ということがわかり、今では「扁桃」と呼ぶことになったんだそうで。

もちろん、喉が腫れて医師に診てもらうときに「扁桃腺が腫れてるみたいで」と言っても充分通じるから、一般人が言う分には、従来通り「扁桃腺」でいいんでしょうけど。

ただ。
「扁桃炎(へんとうえん)になりまして」
のことを
「扁桃腺(へんとうせん)になりまして」
と言うのは、二重の意味で間違ってるから、流石にやめてくれえと思う(汗)。


――とか何とか、わかったようなことを書いてると、今度はWJ編集部から“苦言”を呈されちゃうのか、なあ(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
2014年度・第1四半期に発行されたコミックスはこれ。

ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス)
(2014/06/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4512-d4469971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。