こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」とか。(その1)

先月、NHKの「ためしてガッテン」でやってましたが。
世の中には「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」とかのお方が、けっこうたくさんいらっしゃるそうで。

(「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」については、「ためしてガッテン 隠れ斜視」あたりで検索すると、今なら間違いなくヒットします。)

そういうお方たちはとにかく目が疲れやすいそうなんですが、「原因が何なのかわからないまま、とにかく目薬をさしまくる」ということも多いらしい。

そんで、ふと思ったことがあり。

「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」とかの人で、なおかつ目薬をしょっちゅうさしている人にそうする理由を聞けば、多分、「目薬をさすと楽になるから」という答えが返ってくるんでしょうけど……。

たいていの人は、目薬をさすときって両目にさし、その後しばらく両目を閉じますよね?
「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」の人は、両目を閉じている間は、脳が「向きがずれている眼球の、そのずれを直す」という作業から解放されるんだそう。

だから本当は、「目薬をさすと楽になる」のではなく、「両目を閉じると楽になる」んですね(多分)。

それに市販の目薬も、使う頻度については「1日に○回以内」とか「間隔は○時間以上開ける」とか定められてるんだから、「ひっきりなし」ってのは、本当はまずいんですよね。
だから、あまりにも目が疲れるときは「とにかく目薬をさしまくる」ってことはやめ、眼科へ行って欲しいです。


そういえば、今まで同じ職場だった人の中にも、一日じゅうとにかくひっきりなしに目薬をさしている人っていましたけど……あの人たちも「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」だった可能性が高いなあ。

でも、そうだった人たちに対しては、「大変そう」と思う一方で、「――ちょっとだけ迷惑(汗)」と思うことも、正直ありまして(汗)。
何でかというと……(これ前にも書いたかも知れませんが)。

狭いスペースに、机と椅子と人がぎっしり詰め込まれている

座っている椅子から普通に立ち上がっただけで、自分の椅子の背が、後ろの人の椅子の背にガチャンとぶつかる(ほど、人口密度が高い)

背中合わせに座っている人たちの間(つまり椅子の背と椅子の背の間)を通るときは、爪先立ちして横歩きしないと通れない(ほど、通路が狭い)

こんな環境だったのに……。

「ひっきりなしに目薬をさす人」ってなぜか、椅子に座ったまま、周囲を全然見ず、いきなりグイーンと反り返って、目薬タイムに突入することが多かったから(汗)。

そういう人の後ろを通りかかったときにたまたまその人の目薬タイムが始まると、こっちは腰の横あたりや腿のあたりに、その人のかなり強力かつハイスピードな「仰向けヘディング」を食らうことになる(汗)。
こっちが熱いお茶を運んでいるときなんかにこの「仰向けヘディング」が来ることもあり、そんなときは何でかこっちが「すみません」と謝りそうになったり(汗)。

「急に反り返ると危ないですよ、熱いお茶を運んでいる人が後ろを通ることもありますから」と言ったこともあるんですけどね……そういう人にとっては「いきなりグイーンと反り返る」と「目薬をさす」ってのはワンセットの動作になっていたらしく、改めてくれることはありませんでした(汗)。

「危ないですよ」ってのは、向こうのためを思って言ったつもりの言葉でもあるんですけどね……向こうも、自分の顔面に熱湯がザバッとかかるかも知れなかったってのに……全くそのあたり、危機意識が皆無ブツブツ。

まあ煎じ詰めれば、いちばん悪いのは、狭いフロアにまるで鶏小屋のようにあんなにぎっしり人を詰め込んでいた、あの会社だったわけだけど。


「目」に関する医学的情報というと、つい食いついてしまいますね。
この「隠れ斜視」「間欠性斜視」についての記事も、もうちょっと続きます。

++++++++++++++++++++++++++++++
「隠れ斜視」とか「間欠性斜視」とか。(その2)進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4498-0c410e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。