こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




なんちゃってシャーロッキアンのひとりごと。(その2)~マイクロフトのことと、アイリーンのことと、ジョンのこと~

イギリスBBC製作の「SHERLOCK(シャーロック)」には、斬新なアレンジがいろいろされてますが……。

「斬新なアレンジ」のうち、私がいちばんショックだったのは……マイクロフト兄さんが、あんな極悪人になっていたことだ(涙)。

今思うと、私は昔から、フィクション中の兄弟というと、なぜか「兄」のほうが好きなことが多くてですね。
マイクロフト&シャーロック兄弟についても、ジュブナイル版しか読んでいない、ほんの子供の頃から、マイクロフト兄さんのことがけっこう気になってました……描写なんて、ほとんどなかったのにね(笑)。

まあ、「こんな変人(※シャーロックのこと)の兄は、常識的な公務員なのか」という、そこが新鮮だっただけかも知れませんが(笑)。

(※「兄のほうが好き」という傾向は、今は、前ほどじゃなくなりました。)


あー、「斬新なアレンジ」のうち、ショックだった点、もう一ついいですか。
それは、「アイリーン・アドラーが、まるで高級娼婦扱いになっていたこと」(涙)。
そこは「大学教授とか研究者とかの、インテリ女性」にするべきところだろうがああー!(涙)

――と思ったんですが。
各国要人の弱みを握りやすい立場にあるのは、そりゃ「インテリ女性」よりは「高級娼婦」かも知れないな。
それに何より、アイリーンが登場する「ベルグレービアの醜聞」を私はまだ観ていないので、とりあえず仕上がりを拝見するとしよう。

豆知識を一つ。
「アイリーン」は、フランス語読みで「イレーヌ」。
「ヘレン」は、フランス語読みで「エレーヌ」です。
「イレーヌ」と「エレーヌ」、フランス語読みだと似てますけど、英語読みにすると全然違いますね。



「斬新なアレンジ」といえば。
主人公2人が若返ったことによって、「ジョン・ワトソンは、戦地帰りの射撃の名手」という設定がリアリティを持ったのがいちばん嬉しかったかな?

今までのホームズものでは、ジョン・ワトソンってたいてい「小太りの初老のオッサン」として描かれていて、何か起きると、レストレード警部の後あたりをドタドタやっとついていっている感じで、「射撃の名手」って設定にどうにもこうにも無理が感じられた(汗)……第一、「ワトソンが銃を撃つ」というシーンそのものが、ほとんどなかった(汗)。

だから、「ピンク色の研究」の中の、ジョンの射撃シーンが、すんごくかっこよく見えたし、嬉しかった……ありゃ、あんだけ理屈っぽいシャーロックも、理屈抜きで惚れるわ(笑)。

あー、ジョン・ワトソンに関して「若返ったことによって生きた、原作の設定」といえば。
嬉しいか嬉しくないかは別として、「女好き」という原作の設定が、思いっ切り生きたと思う(笑)。

そしてこれ、前にも書いたけど。
名前が「ジョン」で、職業が医者で、女好き……って、「ER」のカーター先生と同じなんですよね(笑)。


あれれ、シャーロックとモリアーティについて書くつもりが、かすりもしなかった(汗)……次の記事で書くぞ!

++++++++++++++++++++++++++++++
↓「SHERLOCK」第1・第2シリーズのBDです。

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]
(2012/07/06)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
(2012/10/05)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


↑オーディオコメンタリーでもあれば、買うんだけどなあ(笑)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4384-2d43e4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。