こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3年。~「震災後3年」ではなく、「発災4年目に突入」だということ(その1)~

今日で、東日本大震災から、3年です。
もうちょっと細かく言うと、東日本大震災「発災」から、3年です。

そう。
よく「震災から3年」とか「震災後3年」とかの言い方がされますが。

実際は、何にも終わってなんかいないし、何にも「後」になってなんかいないんですよね。

発災から数ヶ月の間、周りでは

「自分は何をすればいいのか、自分に何ができるのか。
今までと同じように、毎日ただ仕事に行って家に帰るだけの日々を送っていてはいけないんじゃないのか」


みたいな声をよく聞きましたし、ネット上でも見かけました。

そのたび言いたかったのは、

「いいえ、『毎日仕事に行って家に帰る』という今までの日常を、どうぞ続けてください。

そして、『自分は何をすればいいのか、自分に何ができるのか』というその気持ちを、1年後も、2年後も、3年後も、持ち続けていてください」


ということでした。

それが叶えられたかどうかは……まあ「物事は見方次第」です。

++++++++++++++++++++++++++++++
「買い物やイベントや飲み会を、“自粛”なんかしないでください」とも、思ったなあ。

これ、発災後初の七夕の時(つまり2011年7月頃)に書いたことだけど……。

2011年4月あたりから既に「消費や楽しみに関して、過剰な自粛はやめましょう」ということが言われ、それを受けてか、5月の頭あたりからだったか、「消費者の間では、自粛ムードが薄らいできている」などとも報じられましたが……。

「巨大地震の後1ヶ月くらいは、買い物したり飲みに行ったりするのを、それまでほどしなくなった」という人たちは、本当に「自粛」した結果だったの?
違うと思うけど。

本当は、「地震や津波の映像や、亡くなった方たちの数の多さに圧倒され、精神的ショックを受け、買い物しようとか飲み会やろうなんていう気分には到底なれなかった」ってことだったんじゃないの?

それに何より、関東あたりはけっこう大きい余震も割と多かったし、あの余震に恐怖を感じなかった者はいないと思うし。

つまり、「自粛しよう」という「意志」に基づいて買い物や飲み会をやめた人なんて、ほとんどいなかったと思う。

「自粛します」とわざわざ言った上で、それらしい行動を取った人のうち、大半の人は、「余震がもたらす恐怖や、テレビで見た映像で受けた精神的ショックがもとで、今までと同じ行動を取る気分になれなくなった」というその状態を、便宜的に「自粛」という言葉で呼んでただけじゃないのか、と思う。
同じように「自粛します」と言う人が見つかれば、「ああ、あなたもですか」という、安心感や連帯感みたいなものも感じられただろうし。

だいたい、「自分の意志の力で、自分の欲求や衝動をコントロールできる」という人間がそんなに多いなら、この国にこんなに大量の、様々な依存症患者(※絶対に自分ではそうと認めない)が多いわけがないんだよ。


――みたいな、毒を吐いてました(汗))。

まあ、すぐに「自粛」を理由に買い物やイベントや飲み会をやめる(やめた)人たちのその言葉を信用できない気持ちは、今もあんまり変わらないですが

++++++++++++++++++++++++++++++
何にしても。

この国は、「震災から3年」とか「震災後3年」とかの状態じゃない。

「発災4年目に突入」の時期にある国なのです。

そして、「発災4年目」の状態でありながら、「次の巨大地震発生から、マイナスX年目」の国でもある。

そしてそして、この「マイナスX年目」の「X」が「ゼロ」になる前に、対策を立てなきゃならない国なのです。


――みたいなことを言うと、「まーた地震の話かよ、もう終わったことだろうが」「何でそういう暗い話を蒸し返すんだ、済んだことを持ち出してもしょうがないだろうが」というようなリアクションを、時にはチラッと、時には露骨にされます。

まあ私もそうそうできた人間じゃないので、「場違いな場で、そういうことを言ってしまう」ってことを多々やらかしてしまっても、いるんでしょうけど……(その点は若干反省)。

でも。
3.11のことを話す人を、「うっとうしいなあ」と思ったり。
テレビをつけていて、3・11に関する報道番組が始まると「こんな暗い番組見たくない」と思って、チャンネルを変えてしまったり。
今現在、自分が使っている電気がどこで作られどこから送られてきているのか、考えること自体、全くなくなったり。

そういう思考・行動に当てはまる人がいるのなら、その人の中で、「震災の風化」は、どんどん進んでいるんだろうな、と思う。


(一つの記事で収まりそうにないので、二つ以上に分けます。)

++++++++++++++++++++++++++++++
東日本大震災から、3年と1日。~「震災後3年」ではなく、「発災4年目に突入」だということ(その2)~進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4380-9e27ded6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。