こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




NHKドラマ10「ガラスの家」第1話「美しき魔物」の感想。

「セカンド・バージン」の脚本家・大石静氏の3年ぶりの新作ということで、観てみました、NHKドラマ10「ガラスの家」。

まずは第1話「美しき魔物」の感想です。

(録画したものを時間のあるときに視聴してるので、何週か前の放送分を追っかけつつ書きます(汗)。)


まず、「財務省の役人である父子の苗字が、澁澤」というところで笑った笑った。だって、江戸末期から大正初期にかけて活動し、「日本資本主義の父」と呼ばれた人物が「渋沢栄一」じゃないですが(笑)

冒頭のナレーションで仁志が「澁澤家は男所帯なので、家事は父と僕と弟の3人で分担している」みたいなことを言ってましたが……このナレーションにイラッとした女性視聴者、いっぱいいたんじゃないですか。まるで「女の家族がいたなら、僕も父も弟も、家事なんてしないんだけど」と言われているような気がしたんですけど私は

ってか、もう30近い息子が親の家にいるのって、普通なら「家事を親にやってもらえるから」ってことがメリットとしてあるからだけど……澁澤家の場合それがないんだから、仁志が家を出ていない理由がよくわからんな。財務省勤務でもう30歳近いってことは、アパートを借りられないほどの安月給でもないだろうし……これと同じような感想、ネット上でもたくさんお見かけしましたけど

あ、憲司が家を出ていない理由はわかりますよ。司法試験浪人中だそうですしね

で。「血のつながってない、しかも年の近い母と息子の禁断の恋」と言ったらこれはもう「源氏物語」の源氏と藤壺のパロディですよね! 日本で作られるこのテの作品はすべて「源氏と藤壺のバリエーション」だと、私は思ってます

「父親役の役者がいくら何でも若すぎるだろ」との声も数多くあるようですが……私もそう思いますが。外見的に妥当な設定は「男3人兄弟の長男の妻を、次男が好きになっちゃった」あたりだと思いますが。それだと、タブー性が薄まっちゃうからでしょうかね、「長男、その妻、次男」じゃなく「父、その妻、父の長男」にしたのは

考えてみたら源氏は、父(桐壺院)の妻・藤壺のことも密かに盗っちゃって子までもうけたけど、異母兄(朱雀院)の妻・朧月夜のことも盗っちゃったんですよね(汗)……で、父も兄も、可哀想なくらいものわかりが良かったしなあ(汗)

今思うと、桐壺院には息子がたくさんいたけど、その性格をいちばん強く受け継いだのって、偶然にも、東宮の朱雀院だったのかもなあ

人が、「父の妻だが、実母ではない」「母の夫だが、実父ではない」という人物を新しく家族に迎えたとして、その人物を「お母さん」「お父さん」と呼べるのって、何歳くらいまでなんでしょうね。私の周りだと、もう高校を卒業する頃あたりにそういうことがあると、「親父の嫁さん」とか「母の旦那さん」とか呼ぶ人も多くて、「お母さん」「お父さん」という感じではなかったかなあ……その後、お互いの努力や周りの配慮もあったんでしょうが、そこそこいい関係を築いてた人も多かったですけどね

「井川遥は、これが連続ドラマ初主演」ってのがちょっと意外

井川遥は確か以前、朝の連続テレビ小説「純情きらり」でも、「子供のいる男性と結婚する、ちょっと幸薄そうな雰囲気の女性」って役だったな、杏子(ももこ)という名前の。初婚の相手がDV男で、再婚相手が子供のいる男性で、この2度目の結婚で幸せを掴んでた

おお、この「純情きらり」が放送されてたのって、2006年前期だそうで! このブログが始まった頃だ!(どうでもよい)

そして井川遥については、「何年か前に、けっこう年上の業界の男性と結婚した」ということは聞いていたような気がしてたんですが……その後、1男1女の母となり、現在37歳だそうで! それであのきれいさはやっぱり驚異だ

ふと気づいたんですが、今の大河ドラマ「八重の桜」の主演の女優も、名前の読みが「はるか」ですよね(笑)

何だかあんまり「ドラマの感想」になってない気がするが、私が書く感想なんてこんなもんです(汗)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4202-1252ee21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。