こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を公開初日に観てきた一般人のうちの1人によるメモ。(その3)

さて、「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を公開初日に観た後は、「池袋サンシャインシティ」のイベント会場に行って、そして、リニューアルされた「アニメイト池袋店」に、初めて行きました!

そこでのイベント会場に、劇場版のキャラたちのパネルやら、アニメの原画やら、声優たちが6月の両国のイベントで書いた短冊やら、いろいろ展示されてまして。
ほとんどが撮影禁止のものだったんですが、劇場版のキャラたちのパネルだけは撮影OKだったので、撮ってきました!
↓こんな感じです!

2013年夏・アニメイト池袋店の銀魂イベントのパネル・その1。
(※写真クリックでかーなーりー大きくなります。)
↑お馴染みの絵ですね。

2013年夏・アニメイト池袋店の銀魂イベントのパネル・その2。
(※写真クリックでかーなーりー大きくなります。)
↑映画撮影スタッフ風(?)のコスチュームの、万事屋3人衆。

2013年夏・アニメイト池袋店の銀魂イベントのパネル・その3。
(※写真クリックでかーなーりー大きくなります。)
↑劇場版ならではのビジュアルの方々。
さすがにエリザベスはなかった(笑)。

2013年夏・アニメイト池袋店の銀魂イベントのパネル・その4。
(※写真クリックでかーなーりー大きくなります。)
↑こちらは、映画撮影スタッフ風(?)のコスチュームの、真選組4人。
苦労性な副長は、ここでも孤軍奮闘?(笑)


この日は関東甲信が梅雨明けした日で、いきなり真夏日になったんですよね確か。
だから、「新宿の映画館→池袋サンシャインシティ→アニメイト池袋店」の移動の道中も、いやー暑かった暑かった!(汗)

でも今思うと、「劇場版公開日に梅雨明け」って、縁起が良かったと言えなくもないんだろうな。

++++++++++++++++++++++++++++++
ものすごく今更ですが、映画の印象は、というと。

去年の「劇場版NARUTO ROAD TO NINJA」に似てたなあ、ということ。

あの映画も、原作の岸本センセイがストーリーを全面監修したそうですが。
この「万事屋よ永遠なれ」も、ストーリーは空知センセイの全面監修ですよね。

「ROAD TO NINJA」も「万事屋よ永遠なれ」も、過去に遡ったシーンが多くて、そして「もし、あの時、誰々が、何々していたら?」とか、逆に「何々していなかったら?」という話ですよね。
原作者がストーリーを考えると、そうなる傾向があるのかな。
原作者の頭の中には、無数の「もし、あの時、誰々が、何々していたら? 何々していなかったら?」というパターンがあるんでしょうしね。

映画のように「1時間半」とか「2時間」とかいう枠がきっちり決まっているほうが、「無数のパターン」の中から一つ(あるいはいくつか)をピックアップして、一つの作品としてまとめる、ってことはしやすいのかも知れない……あ、これは別に、長期連載の漫画や、長期放送のアニメに限ったことではないけど。


映画のシーンの中でいちばん心に残ったのは……ラスト近くの、「白夜叉」の銀さんが、高杉に「行くぞ」と呼ばれた後、一瞬立ち止まって後ろを振り返ったところの横顔が描かれたシーン。

あのシーンに、「攘夷戦争という、先の見えない状況下にあって、それでも心のどこかで、未来に希望をつなごうとしていた者がいた」と思わされたのですよ。

銀さんがチラッと振り向いていたその先は、その時点から15年くらい後からやってきた人々が、ついさっきまでいた場所でした。

その15年後の人々は、平穏な日々の暮らしを大切にしていた人たちでした。
「こんな日々がずっと続けばいい、こんな日々をずっと守っていきたい」と願っていた人々でした。

(「こんな日々がずっと続くだろう」とか「続いてもまあそれは別段構わない」とか、ユルいのもこの際含めますが。)

で。
攘夷戦争に加わっていた「銀さん、ヅラ、高杉、坂本」のうち、15年後に「こんな日々がずっと続けばいい」といちばん強く思っているのは……明らかに銀さんでしょう。

それを思うと。
たとえ先の見えない状況に置かれても、どうにか未来に希望を見る者、見ようとする者こそが、いずれ「ずっと続いて欲しい、ずっと守っていきたい」と思えるような日々を手にすることができるのかも知れない。

そんな風に思ったのでした。


もう一つ、おまけ的に書くなら……。

銀さんにとっちゃ、新八&神楽と万事屋を営んでいる日々は多分、「松陽先生のもとで学んでいた時以来の、平凡だが心安らぐ、穏やかな日々」なんでしょうが。

同じように、ずっと続くと思っていた平穏な暮らしを、ある日ある瞬間を境に、突然奪われた者にも、また穏やかな日々は戻ってくると、私は思いたい。

少なくとも、どんなに先の見えない状況でも、本人が将来に希望をつなごうとするその努力は無駄なものでは決してないと、信じたい。

++++++++++++++++++++++++++++++
↓ノベライズ版。
劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ (JUMP j BOOKS)劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ (JUMP j BOOKS)
(2013/07/08)
空知 英秋、大崎 知仁 他

商品詳細を見る


↓劇場版公開の1週間前に開かれたイベントのDVD。
劇場版銀魂 銀幕前夜祭り2013 [DVD]劇場版銀魂 銀幕前夜祭り2013 [DVD]
(2013/10/23)
杉田智和、阪口大助 他

商品詳細を見る


↓そうだ、劇場版と直接の関係はないですが、これ(テレビアニメのオープニング&エンディング曲がまとめられたCD)が出ます!
銀魂BEST3(期間生産限定盤)銀魂BEST3(期間生産限定盤)
(2013/11/27)
TVサントラ

商品詳細を見る


↑あー、これ、「現状ディストラクション」も入るらしいから、劇場版とも関係あるか。

++++++++++++++++++++++++++++++
「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を公開初日に観てきた一般人のうちの1人によるメモ。(その1)戻る
「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を公開初日に観てきた一般人のうちの1人によるメモ。(その2)戻る
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4179-8a24b336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。