こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ザルバッとん」で温野菜。~小満の日の料理ネタ~

今日(5月21日)は小満(しょうまん)でした。

さて、最近重宝してる調理用具が、これ↓。

ブロッコリー入りザルバットン。
(※写真クリックで少し大きくなります。)
↑「ザルバッとん」です。
(中に入ってるブロッコリーは参考商品です。)

「深めのバット」と、「ざる」がセットになったものです。
ありそうでなかった、これ。

電子レンジで温野菜を作るとき、すんごく便利です。
これを買うまでは、タッパーウェアにキッチンペーパーを敷いて、そこに切った野菜を入れて、ラップを被せて(蓋をしないで)電子レンジにかけていたんですが、これを買ってからは、キッチンペーパーを敷く手間がなくなった!

難を言うなら、毎回ラップを被せる手間は変わらないので、そこが何とかならないかと思う……この「ザルバッとん」専用のシリコンの蓋でも作ってくれないかな。

で、作った温野菜は、こんな風に保存してます。
温野菜in鉄の鍋。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↑普通のお鍋の中に、だいたい種類ごとにまとめて入れてるだけです(爆)。
ちなみにこの写真だと、12時から4時の方向までが千切りキャベツ、4時から8時までがブロッコリー、8時から12時までがニンジン。

今までは、種類ごとにお皿に移してラップを被せたり、タッパーウェアに分けたりしてたんですが……もうそれすら面倒になってきた(汗)。
でもこの「鍋に入れる」方法なら、簡単なことこの上なし。
「いざとなったら、この鍋にコンソメスープのもとを入れてしまって、この野菜全部をスープの具にしてしまってもいいや」と思えるし。

肉や魚のおかずは、出来合いのものがかなりいろいろ売られてますけど、野菜のおかずはそうでもないんですよね……売られていても、傷みを遅らせるためか、味付けがけっこう濃いものが多いし。
だから、包丁を出した時に、こうやってある程度まとめて作っておく。

ただ、「作りおきしてあるので、つい食べてしまう」ということが増えたので、野菜の消費量が最近増えた(汗)。
体のためにはいいだろうけど、でも、「あんなに作ったのに、もうないのか(汗)」と思うことしばしば(汗)。

厚生労働省が発表しているような、「1日に必要な野菜の摂取量」を達成するのって、お金的にも手間的にも、けっこう大変なことなんだと改めて思った。

この「ザルバッとん」、アマゾンでも扱われてます。
リッチェル ザルバッとん 大並小セット グリーンリッチェル ザルバッとん 大並小セット グリーン
()
リッチェル

商品詳細を見る

↑何で豚のイラストが描かれているのかとずーっと思ってたんですが、「ザルバッとん」の「とん」を「豚」にかけたんですね、ついさっき気づいた。


ふと思ったんですが。
職場に、「結婚するまで、20年間くらい一人暮らしだった。その間の食事はほとんど外食かコンビニ弁当だった」という男性がいるんですが……今、すんごい虚弱体質です(汗)。
なので私も、「一人暮らしの男性が自炊せず、食事は外食やコンビニ弁当ばっかりだ……ってことは、まあよく聞く話だしなあ」「でもこうやって、10年後や20年後にクるんだよなあ」と、何となく思ってたんですが……。

イマドキの若い男性は、一人暮らしでも、節約のため、けっこう自炊すると聞いた。
となると、そういう男性は10年後・20年後も、別に虚弱にはならない可能性も高いな。

考えてみれば、「若い頃は外食ばっかりだった」なんてのは、若い世代にもけっこう収入のあった、バブル期くらいまでしかできないことだったのかも知れないし。

これから結婚を考えている女性は、相手の男性に一人暮らし歴があるとわかったら、「外食ばっかりだった派か、自炊派だったか」ってことを確認したほうがいいですね……もちろん「自炊してたけど、結婚した途端に全然しなくなる」という男性も多いらしいですが、でもそういう男性は少なくとも「10年後や20年後に悪影響がどっと出る」ということはないはずだし。

あー、でも、それならそうで、「悪影響が出るか出ないか以前に、全然料理をしない夫に、10年も20年も耐えられない」となるか(汗)。

いやー最近、バカ長い通勤時間のせいでいつもいつも時間のやりくりを考えているせいか、周りの人たちを「この人は、家事をやる人か」「家事と仕事の両立に苦労したことがあるか」「時間のやりくりに追われた経験があるか」って目で見ることがすんごく増えまして。
きっと、子供を育てながら働いてる女性なんかも、そういう目で周りを見てる人、多いんだろうな。

そしてこの、「時間に追われている女が、周りの人を『この人は、家事をやる人か』と思って見る目」は、厳しい(汗)。

だから、「家事の負担」「育児の負担」「介護の負担」のどれも経験してない人は、「時間に追われている女」に、たとえ元気付けるつもりでも、あんまり脳天気なことは言わないほうがいいかも知れない(汗)……「飲みに行って発散したら?」とか「パチンコにでも行ったら?」とか「合コンにでも参加したら?」とか。

(↑全部この私が言われたことだったりする(汗)……「こっちは疲れてるんだ! んな時間があったら寝るわ!(怒)」と言いそうになるのを、必死でこらえましたよ(笑)。

いや、1回くらい、本当にそう言ったような気もしてきたが、まあ気にしない気にしない。)


「ザルバッとん」から話が逸れまくってますが……それだけ、「長時間通勤は、生活のすべてを蝕んでいく」ということです……(ぐったり)。
国は、「都市部における長時間通勤問題について」を、もっと真剣に考えるべきだと思う……この経済的損失はきっとすごいよ……(ぐったりぐったり)。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4074-dcce4d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。