こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




挽肉料理が大好きだ。~春の彼岸明けの日の料理ネタ~

今日(3月23日)は彼岸明けでした。

さて、先月のある日の夜、よく行くスーパーに行ったら、まだそれほど遅い時間でもなかったのに、生鮮食品に軒並み「30%引き」とか「半額」とかのシールが貼られていまして。

「何で?」と思ったら……その日の夜に、電気設備の点検があったんですね。

で、一時的に店内の電気を止める必要があったためか、普段は24時間営業の店舗も、その点検の日は、夜9時頃に閉店にする予定だったらしい。
そのため、生鮮食品の安売り時間を早めにしたようです。

で、で。
「30%引き」とか「半額」とかのシールが貼られていた挽肉を、大量に買い込みました。

そして、帰って、ミートソースを3リットルくらいと、カレーを5リットルくらい、一気に作りました!(って、料理を「リットル」で表すな私(汗))

あ、この記事タイトルにあるように、私は挽肉料理が大好きです、なので、カレーにも挽肉を使います。

我ながらすんごい量になったんですけど、この二つのメニューって、使う材料もその下ごしらえも、似てるんですよね……「挽肉を炒める」とか、「玉葱、ニンジン、ピーマンを微塵切りにする」とか、「ぶなしめじの石づきを切り取って、根本をほぐしてバラバラにする」とか。

「玉葱、ニンジン、ピーマンを微塵切りにする」で大活躍したのが、これ。
bamix バーミックス M250 ベーシックセット [ ホワイト ]bamix バーミックス M250 ベーシックセット [ ホワイト ]
()
bamix

商品詳細を見る


↑これがなかったら、「一晩で、2品の煮込み料理を作る」なんて、絶対無理(汗)。
逆にいうと、「あー、これがあれば、一晩で2品の煮込み料理くらいなら作れるんだな」とわかりましたが。

それ以降、この「バーミックス」で野菜をガガガガと微塵切りにして、何回かミートソースを作ってます。
固い根菜も、微塵切りにしてしまえば、「火が通るかどうか」という心配はほとんどいらないし。

↓ミートソースはこんな感じ。
バーミックスで作ったミートソース。
(※写真クリックで少し大きくなります。)



そもそも、何でこんなに大量の煮込み料理を作ろうと思ったのかというと……。

「保存の利く食料品を買って備蓄しておく」ってことの他に、「自分で煮込み料理を大量に作って、冷凍保存しておく」ってことも、「非常時に備える」には有効だ……と聞いたので。

確かに、大量に作りたくて、冷凍してまで保存しておきたいメニューは、当然自分が好きなものだし……「好きな食べ物が、いつも一定量、冷凍庫にある」というのは心強いかも。
別に、大地震や新型インフルエンザの大流行が起きなくても、単に「風邪ひいた」とか「急に熱出した」とかで、買い物に出られないときにも。

スーパーの電気設備点検から始まった「大量の煮込み料理作り&冷凍保存」、これからも(できる限りでいいので)続けてみよう。


(ただ私は、同じものを何食も続けて食べていても割と平気な人間なので、「大量に作って冷凍保存するつもりが、鍋の底が見えるまで食べてしまった」ということがよくあります(汗)。
なので、「漫然と同じものを食べ続けないで、どこかで打ち切って、冷凍保存する」ってことを心がけなくては(汗)。)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4015-5efcb2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。