こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、2年と10日。~被災地の卒業校からお便り着いた~

先日、東日本大震災の被災地にある卒業校から、「同窓会だより」みたいなものが届きました。

その学校は、私自身が卒業してからはもうかーなーりー経っておりまして。
その後、制服のデザインは変わり、女子校だったのが共学になり、校名も変わりました。

でもまあ、校舎の外観は思ったよりは劇的には変わっておらず。

内容を読んだら、地震による校舎のダメージは大したことはなかったらしいのですが……「人」に関しては、そうでもなかったらしい。

福島第一原発の近くから避難し、転校してきた生徒もいれば、原発からより遠い土地へ移り、転校していった生徒もいたそうだ。

多分、「転校していった生徒」のほうが多かったんだろうな。
福島の人口は減っている。

内容を書いた先生によれば、「生徒たちは、困難を受け止め、前向きに乗り越えていこうとし、その姿には、親や教師たちのほうが励まされた」とのこと。
私も、頼もしく思った。


だけど。
「被災地じゃ、子供たちは立ち直った、ああ良かった良かった」ってことじゃ、決して決して、ないんですよね。


発災から半年くらい経った頃だったか、

「被災地の子供たちは、この厳しい環境の中、必死で頑張っている。
日本の近い将来の偉人は、この被災地から輩出されるだろう」

というようなことを、いろんなところで読んだ。
確かに、その通りだと思う。

でも。
それは、

「被災しなかった土地の者たちから、被災した子供たちへの支えがあればこそ」

だ。


何回か書いてますが。

「首都圏で使われている電気は、福島の原発で作られ、送られてきている。
その福島では、その原発で作られている電気は、一切使われていない。

……ということを、首都圏の大半の人は、ほんの2年前まで知らなかった」

という事実は残念ながら、厳然としてあるわけです。

そして、これも残念なことながら、あの巨大地震から2年経った今、

「あの時は『大変なことになった』と思ったけど、福島の原発が駄目になっても、自分たちには大して関係あることじゃなかったんだな、なーんだ」

「福島の原発じゃなくても別にいいから、どこでもいいから、とにかく安い電気を送ってくれさえすればいいよ」

という空気が、首都圏を当たり前のように覆っている。

被災した人たち――それも特に福島の人たち――にとって、今の首都圏のこの空気は、耐えられるものなのか……無理な気がする、少なくとも、つら過ぎる気がする。

そして、

「首都圏の人間たちは、福島の苦しみなんて、早くもきれいさっぱり忘れ去っている。
何とかして思い出させたい、気づかせたい」


という気持ちになったとしても、当然の気がする。

そしてこの、「何とかして思い出させたい、気づかせたい」という気持ちは、

「のん気に暮らしてる鈍感な強者に、弱者の痛みを僅かでも味わわせてやる」

という、荒んだ考え方にシフトしていきやすいと思う。

そしてそして、この考え方は、正直言うと、この私にも「全く理解できない感情」ではない。

ただこの「弱者の痛みを僅かでも味わわせてやる」って考え方は、自爆テロへの第一歩のような気がするんですよね(汗)。

しかし、もがくのも悩むのも苦しむのも、あくまで、生き抜くため、生き延びるためのもののはず、そして、共感してくれる相手を見つけ、増やしていくためのもののはず。
少なくとも、相手を殺しちゃったり、自分が自爆して死んだりしては意味がなくなるものであることだけは、確かなはず。

だから、被災した人たち(子供たちを含む)は、たとえ相手が誰であれ、本当に自爆テロみたいなことだけはしないで欲しい、と、私は思う。


そしてそして、繰り返しになりますが。
被災地の子供たちの中から偉人が輩出するか、それとも自爆テロリストが出るかは、

「被災しなかった土地の者たちから、被災した子供たちへのしっかりした支えや、温かい眼差し、それに平行して、原発や放射能に関する正しい知識があったかどうか」

が非常に大きいはずだ。

被災しなかった土地の人たちは、別に、被災地に多額の寄付をしてくれなくてもいい。
(いやもちろん、してくれればもっといいですが。)

ただ、「被災地を知る、支える、忘れない」ということは、巡り巡って自分のためにもなるかも知れない、自爆テロから自分を守ることにつながるかも知れない、とでも思って、被災地を憶え続けて欲しい、と、私は思う。
「情けは人のためならず」の、本来の意味に立ち返って、亡くなった方々のためだけじゃなく、生きている人たちのためにも、祈って欲しいと、私は思うのです。



(※ 読み返してみて思ったので、念のため。

言うまでもないことですが、私は、自分が自爆テロリストになるつもりなんぞ、全くありません。
ましてや、自爆テロを推奨する意図など、全く、毛頭、絶対にありません……ので、どうか、通報しないでくださいね(汗)。)

関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/4013-4cf1210d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。