こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、1年と9ヶ月と20日。~今年の被災地訪問を、年末に振り返る~

一昨昨日(28日)16時30分、茨城県北部を震源とするマグニチュード4.0の地震がありました。
一昨日(29日)16時19分、福島県沖を震源とするマグニチュード5.0の地震がありました。
一昨日(29日)23時59分、宮城県沖を震源とするマグニチュード5.4の地震がありました。
昨日(30日)8時5分、福島県沖を震源とするマグニチュード5.1の地震がありました。

東日本大震災の余震は、回数は減ってきているとはいえ、一つ一つの地震の規模が小さくなるわけではないらしいので、引き続き要警戒・要注意です。


さて今年の4月、私は福島の浜通りや、宮城の仙台に行ってきたわけですが。
その時のことでまだ書いてなかったことを、書いておこうと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++
あの3月11日の14時46分の強い揺れの直後に、仙台市内は一斉に停電したそうです。
確かに、あの日のあの時刻、仙台を遠くから撮った映像では、仙台の電気は一斉に消えてましたよね。

で、それがどういうことかというと。

15時台に、仙台平野が津波で飲まれていくあの映像をリアルタイムで観た仙台市民は、ほとんどいなかったそうです。

仙台在住の親族にも聞いたんですが、
「数キロしか離れていないところがあんなことになってたのに、自分は何時間もそれを知らなかった。知ったのは、ワンセグ放送を見ていた人から聞いた時だった」
「あそこで起きていたことの重大さもショックだったけど、自分はそれを何時間も知らなかったということもショックだった」
とのこと。

ラジオだけじゃなく、ワンセグが受信できるテレビが必要かもなあ……と改めて思ったのは、その時でした。
もちろん、ラジオだけでもないよりは全然マシなんですが、津波のあの様子はやっぱり画面で観ないと、その深刻さや、避難の必要性・緊急性は自分でもわかりにくいし、人にも伝えにくいし。

++++++++++++++++++++++++++++++
南相馬市などの、原発に近い浜通りから、福島市などの中通りへ避難しているお方がたくさんいますが……。

毎日発表されている数字を見るとわかりますが、原発に近い南相馬市より、原発から60キロくらい離れた福島市のほうが、放射線量が高いんですよね。

だから、浜通りの人たちは、中通りに避難した人たちに、「中通りの福島市へ避難したって、放射線量は浜通りの南相馬市より高いんだから、避難なんか意味ないよ、早く浜通りに戻ってこいよ」と言ったりもしているそうで……そんな風に冗談めかして言わないとやってられないのかも知れない、と思うと、やり切れなかったことでした。

なので(というわけではないですが)私も、「福島の原発の電気をガンガン使っていた、首都圏在住の人」が「福島の原発の放射能怖い怖い」と無責任に暢気に言い放っているのを聞くと、

「福島第一原発の近くの避難区域より、新幹線が通っている内陸のほうが、線量は全然高いんですよ」

「例えば、福島の内陸では、飯舘村が全村避難扱いになってますけど、新幹線の駅がある福島市の線量だって、本当は飯舘村と同じくらいなんですよ」

「だから、東京駅を通る電車に乗れば、東京の人だって、みんな放射能に汚染されるんですよ」

「だからだから、本当に放射能が怖いなら、東京駅を通る電車や、そういう電車と接触する電車には、一切近づかないことですね~」

みたいなことを言うこともあります……言ってて空しいですけどね。

++++++++++++++++++++++++++++++
福島の浜通りの、ある自治体の災害対策本部が出した本をちょっとだけ見せてもらったんですが、(変な言い方になりますが)すごい力作でした。
発災後何があったのかが、ほとんど1分刻みで記録されてました。
発災当時のことがリアルに思い出されて、ちょっと怖くなってしまったほどでした。

あれ、「非売品」となってたけど、どうにかして入手できないかなあ……ってか、ああいうものこそ、広く読まれるべきだと思うんだが。

++++++++++++++++++++++++++++++
震災に関しての最近の政治の動きについても、思うことはあるんですが、それはまた別記事として書くことにします。


福島の、宿泊が禁止されている避難区域でも、「この年末年始だけは、自宅に宿泊して年越ししてもよい」ということになっているそうで。
なので、一昨日や昨日あたりも、避難区域のご自宅に戻って、大掃除をしたり布団を出したりして、泊まる支度をしたお方もいらしたでしょう。

被災地に住む方々。
被災地に住んでいて、今は避難している方々。
そして今この瞬間も、原発で働いている方々。

この年末年始も、その後続く日々にも、可能な限り、それぞれの心と体の安全が守られますように。
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3928-a1139f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。