こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その3)

前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その2)」の続きです。

この「その3」で、締めます!

++++++++++++++++++++++++++++++
開演前に、運営スタッフさんから「平田さんと竹内さんへの質問と、お名前(ペンネーム可)を何か書いてください」と言われて、客1人1人にアンケート用紙みたいなものが配られていたんですが。

その質問に対して、平田&竹内が答えてくれる、というコーナーになりました!

質問に全部答えるのはもちろん無理なので、「質問の書かれた紙(当然、運営スタッフさんがいくらか選別した後のものと思われる)が箱に入れられて、平田&竹内が中を見ないでその箱に手を入れて、質問の紙をランダムに1枚選ぶ」「質問が選ばれたお客さんは、名前を呼ばれて、席から立ち上がって、その場で答えを聞く」という形式でした。

四つくらい質問が選ばれてたと思うんですが、特に印象深かったものを二つばかり。

(あーそうそう、質問の紙が入れられていた箱には、WJから切り取ったと思われる『ONE PIECE』の絵がコラージュ風にぎっしり貼られていました。)

平田広明が箱に手を入れて1枚取り出し、「あーチキショー眼鏡置いてきた」とか何と言いつつ、取り出した紙を目からぐーっと離して、「何だこのしょうもない質問は」と前置きした後に読み上げた質問はこれ。

【質問:面白く牛乳を吹き出すにはどうすればよいですか?】

↑これ、この場で聞かなくちゃいけない質問なのか?(笑)

これを書いたのは、名前は「コウ」という、若い男性のお方でした。
(フルネームを覚えてますけど、書かないほうがいいですよね、何かと(笑)。)

ここで平田広明が、
「小学校の頃、友達と2人で、『口の中に牛乳を含んで、どっちが先に吹き出すか(笑うか)』ということをやったら、向こうが先に吹いて、俺は顔に牛乳を吹きかけられた。
生温かい牛乳ってのはほんと臭い」

と、腹立たしげに思い出を語りまして(笑)。
で、「そいつ、ヤマシタって奴だったんですけどね……あ! そいつの名前もコウだった!」とも言い、客席はまた爆笑。

しかし平田広明、まるで「俺が100%被害者」みたいな言い方でしたけど、「口に長時間含んだ牛乳を相手に吹きかける」みたいなことって、同じようなことをやりそうな子供同士でしか、やらない気がするんですけどね。(笑)
平田広明も、覚えていないだけで(又は言わなかっただけで)、同じようなことやもっとひどいこと、やってたんじゃないの?(笑)

で、結局、「面白く牛乳を吹き出すにはどうすればよいですか?」という質問に対しては、
平田広明の答えは「知るか!」(笑)。
竹内順子の答えは「鼻からも出せばいいんじゃないの?」でした(笑)。

あと、どっちが言ったのかは忘れてしまいましたが、「ここで聞くな! お笑いの芸人さんに聞け!」とも言ってた(笑)。


【質問:緊張をほぐすにはどうすればよいか?】

平田広明は「緊張するのは、まだ余裕があるから」と、カッコいいことを言ってた(笑)。
どういうことかというと、「『自分はもっといい状態になれるのに』と思うから、そうはなっていない今の自分が不安で、緊張するんだ」ということなんだそうで。
「だから、限界まで頑張って『来るなら来い!』と開き直れる心境になるまでになれ」みたいなことも言ってた。

ここで竹内順子が「でも平田さんは緊張しないじゃない」みたいなことを言ったと思うんですが(笑)。
でも、平田広明は「僕も、芝居の初日の前夜なんかは、すんごく憂鬱で。二日目から始まればいいのに、と思うんですが、そうなったらその日が初日なんだってことに、なかなか気付かない」と言ってた(笑)。


あー、このコーナーで、客席からの質問だったか竹内順子が聞いたのか忘れてしまいましたが、「平田さんの、この夏から秋にかけての移動距離は?」という質問がありまして。

さぞや東奔西走右往左往だったんだろうと思ったら、やっぱりそうだったようで……自分でもあんまりよくは覚えていないみたいだった。
でも、「9月22日に朝から晩まで、舞浜でタイバニのイベントがあったその翌日、京都でイベントだった」というスケジュールから押して知るべしな移動距離だったようで。
「北海道と沖縄に行った時は両方、台風に悩まされた」とも言ってたな(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
【色紙コーナー】

次に、色紙プレゼントの抽選コーナー。
「運営スタッフの人が用意した箱に、チケットの半券が入っていて、そこから竹内&平田が1枚ずつ引いて、半券に書かれている番号の人に、『誰々さんへ』という宛名入りの色紙がプレゼントされる」というコーナーでした。

(ここで半券が入れられていた箱には、これもWJから切り取ったと思われるある漫画の絵がコラージュ風にぎっしり貼られていたんですが……その漫画は、なぜか『BLEACH』でした(汗)。
竹内&平田の双方が「何で!?」と驚いてましたが(汗)……確かに、そこは『NARUTO』であるべきだったろう(汗)。)

竹内順子が引いた半券の該当者は、「ONE PIECE」のTシャツを着て、「タイバニ」の帽子を被った、小さな男の子。
小さい子供が当てると、場が和みますね。

平田広明が引いた半券の該当者は、「清香」と書いて「さやか」という、若い女性のお方。
平田広明は「清い香りって書いてさやか? 振り仮名書こうか? あ、いらないか、自分の名前なんだから読めるよね」とか言ってた(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
【締め】

司会の高橋サンから締めの挨拶を促され、竹内順子は、

「みんな、今日は来てくれて、ありがとだってばよ!」

と、ナルト調の台詞回しで、呼びかけてくれました!
会場じゅう「キャー」の、歓喜の声(笑)。

そしてひと通り喋り終わった後、竹内順子は「じゃあ、平田さんは、サンジでワイルドにやってよ」とオーダーし、平田広明は「サンジでワイルドにやんの!?」と面食らって、「ちょっと時間下さい」と言って数秒置いた後に、

「みんな、今日は来てくれて、クソありがとうな!」(会場じゅう「キャー」の歓喜の声(笑))
「これから寒くなるけど、みんな風邪なんかひかないように気をつけて、ワイルドにいこうぜ!」(会場じゅう「キャー」の歓喜の声(笑))

で、この日のトークショーはお開き。

楽しかったですー!
普通のイベントのチケット代くらいする交通費をかけてやってきた甲斐がありました!(←まだ言ってる(汗))

何にしても、平田サン・竹内サン・司会の高橋サン・そして運営スタッフの皆さん、ありがとうございました!

++++++++++++++++++++++++++++++
本編にあんまり関係ないことを、いろいろ。

最初の20分くらい、電波が安定してなかったのか、近くにある他の教室で使われていたらしいマイクの音声がこっちの会場のスピーカーからときどき出てしまって、そのたびに会場じゅうがびくっとなってた(汗)

いつものイベントだと、「客であるこっちは、開演前に、暗い会場にごそごそ入っていって、開演後は、ステージ上で照明に照らされた出演者を見る」……ってのがパターンですけど、この日の照明といえば「教室の蛍光灯と、窓からの自然光」だけで、客席と壇上の明暗の差がほとんどなかったです。こういうことは初めてでした

「初めて」といえば。竹内順子のナルト調の言葉を生で聴いたのも、平田広明の虎徹調の言葉を生で聴いたのも、この日が初めてでした! アニメ「NARUTO」のことは長年観てるし、「タイバニ」のイベントにも割と行っているほうなので、両方とも生で聴いたことがあるような気はしてたんですが、それは勘違いだった、この日が初めてだった!

もう一つ、「初めて」といえば。「乗るときも降りるときも、乗客は車両のドアの開閉ボタンを自分で押してドアを開閉し、乗り降りする」というタイプの車両に乗ったのも、初めてでした! いや、都内でもそういう形の車両は走ってるけど、私の生息圏では手動ではなく自動で開閉されていて、本領発揮の使い方はされてないもんで、新鮮でした!

電車といえば。復路はともかく往路は、鈍行を何回も乗り継がねばならず、なかなか大変でした(汗)。「湘南新宿ラインに乗れば楽なんじゃ?」と思っていた私が浅はかだった。「湘南新宿ラインに乗れば楽」なのは、平日の通勤時間帯の話だ。「土曜の朝から、東京郊外から都心及び埼玉を経由して、群馬へ行く」なんて客にとって便利な路線なんぞ、そうそうあるわけないんだった(汗)

もちろん、「どの電車に乗って、どれに乗り換えるか」ってことは、第3候補くらいまで調べてから行きましたけどね、あれが漠然と「湘南新宿ラインに乗れば楽なんじゃ?」としか思ってない状態で出発していたら、道中パニックになっていたかも知れない(汗)。やっぱり何事も、ある程度の準備は大事だ

繰り返しになりますが……車窓から見える風景が、どこへ行ってもセイタカアワダチソウだらけでした(汗)。そういえば、私の職場の隣の空き地も、セイタカアワダチソウでいっぱいだ(汗)。どうせ外来種に乗っ取られるならコスモスのほうが良かったのになあ

今まで私は、高崎と前橋の位置関係がよくわかっておらず、「どっちが商科大学でどっちが工科大学だっけ?」と記憶が曖昧だったんですが、今回のイベントのおかげではっきりしました(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
この日のお土産。

↓ゆるキャラとして人気の、「ぐんまちゃん」のリフレクター。
ぐんまちゃんのリフレクター。
(※写真クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)

↓前橋のゆるキャラ「まえばしころとん」。
まえばしころとん・その1。
(※写真クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)

↓「まえばしころとん」のネームタグ的な部分。
まえばしころとん・その2。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓バラのマドレーヌ。
バラのマドレーヌ・その1。
(※写真クリックで少し大きくなります。)
↑「バラ売りのマドレーヌ」という意味ではなく、花のバラの花びらが練り込まれているとのこと。
本当にほんのりバラの香りがしましたよ。

↓マドレーヌの裏側。
バラのマドレーヌ・その2。
(※写真クリックで少し大きくなります。)
↑けっこう日持ちするらしいので、もっといっぱい買ってくれば良かった。


確か「その1」でも書きましたけど、お土産物のお店には、「温泉に浸かってご機嫌なサンジ」の根付もありましたよ(笑)。
平田広明も温泉好きだそうですが、最近は行けてないらしいし……演じている役のほうが先に叶えてしまったな(笑)。
いずれ(いつになるかはわかりませんが)「ご本人が」願いを叶えることを祈ってますよ(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その1)戻る

前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その2)戻る
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3888-1ae2ab9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。