こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ココロとアタマに残るうた。~「Only You~キミとのキヅナ~」(Lc5)~

この記事で取り上げるのは、「うた」は「うた」でも、このブログにしちゃ珍しく「和歌、短歌」のほうじゃなく、「音楽の歌、曲」のほうです。

その「歌、曲」とは、

「Only You~キミとのキヅナ~」

演奏は、Lc5(エルシーファイブ)。

歌詞は、「僕」が「キミ」に呼びかける形で書かれています。


いきなり話が飛ぶようですが、この「Only You~キミとのキヅナ~」は、アニメ「べるぜバブ」の、2012年1月から3月にかけてのオープニングで使われた曲でした。
この番組は2012年3月で(いったん)終了したので、オープニングのこの曲を「これでアニメ「べるぜ」とも、しばらくお別れか」としみじみしながら聴いていた……ということも手伝ってますが、5曲あったオープニングの中で、私はこの曲がいちばん好きです。


ここから先は、私の独自の解釈。(妄想とも言う)

「僕」と「キミ」の2人は、「小学校の同じクラスや、中学校の同じ部活だった、仲のいい2人」。
一人称は「僕」ですが、男の子でも女の子でも、どっちでも可。

「キミ」は、これまた、異性でも同性でも、どっちでもいいんですが……同性のほうがいいかな。
この年齢で同性の友達に感じる熱い友情って、恋愛感情にちょっと似ているようなところもありますよね……そういう年齢の「僕」と「キミ」。

で。

<例えば今 此処でキミが消えてさ>

とか、

<例えば今 此処で僕が消えてさ>

とか、

<変わらないよ 二人で見た景色も>

とか、

<同じ瞬間(トキ)を 駆けるdestiny
鳴り止まぬ奇跡を>


とかの歌詞があるわけですが……これらの歌詞からはどうしても、

「今までの平穏な暮らしがある日突然一転し、引き裂かれた2人」
「一緒にいられなくなることが決まってしまい、相手が別の場所で元気でいてくれることを祈ることでしか、希望をつなげなくなってしまった2人」

という状況を連想してしまいます。

「僕」は「キミ」と、あと何年間かは一緒に過ごせるものと、当たり前のように思っていた。
が、ある日を境にして環境が激変し、「キミ」は、どこか遠くに去っていくことになった。

もちろん、もう二度と会えないわけじゃないけど、でも、小学生や中学生にとっては、「あと何年間かは一緒に過ごせるもの」と思っていた仲のいい友達がある日突然去っていく、ということは、大人が考える以上にショッキングな、日常を破壊されるような出来事のはず……大人にとっての「二度と会えない」に相当するくらいの、つらい経験のはず。



何のことを書いているのか、もうおわかりですよね。

去年の3.11の後の、福島の子供たちのことです。

多くの福島県民が、あの巨大地震による原発暴走が原因で、それまで住んでいた土地から離れるのかとどまるのかの選択を迫られました。
大人たちにとってもつらい選択だったでしょうが、その結果に従うしかない子供たちにとっても、つらい出来事だったはず。

子供たちの頭には、「自分たちが、大人たちの希望になっている」「だから、苦しい気持ちを表に出してはいけない。無理してでも、明るい顔をしていなくては」という思いがあると思う……ないはずがない。

この曲は、テンポの速い、トーンの明るい、力強い曲ですが、その裏には、「僕」の――いや、福島にいる(又はいた)無数の「僕」たちの――「無理してでも明るくしていなくては」という思いにつながっていくものがあるようで……なあ。

この曲は、発災から1年近く経って発表された曲だし、もしかして、震災を意識して作られた曲だったのかな……そんな気がしてならない。

何度聴き返しても未だにちょっと涙が出てしまうのは、2番の入りの、ここ。


<歩いていくよ 自信を持って 誰かが必要とすることで
キミにとって僕が 全てではなくても 一部になれてるといいな>


――こちらが思わず、無言で跪いてしまうような、敬意を表するしかない、気高い決意を表す、意志的な言葉だと思うんですが……。

「子供」に、こんな「気高い決意」を強いるような状況は、そもそも起きてはいけないんですよね……そんな状況が起きないよう、大人はあらかじめ心を配り、心を砕かなくちゃいけないんですよね……いけなかったんですよね。

残念なことに、去年の3.11より前には、そういうことはあんまり考えられなかったようですが……。

これからはほんとに考えなくちゃな、この私も……今は「大人」である身としても、そしてかつて「福島在住の子供」だった身としても。

++++++++++++++++++++++++++++++
「Only You~キミとのキヅナ~」は、これ。

Only you-キミとのキヅナ-Only you-キミとのキヅナ-
(2012/02/15)
Lc5

商品詳細を見る


私はこっちで聴きましたけどね(笑)。
べるぜバブ THE BESTべるぜバブ THE BEST
(2012/05/02)
TVサントラ、9nine 他

商品詳細を見る

関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3882-3cce2b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。