こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その1)

10月27日、前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)で行われた、「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってまいりました!
これです!

翌檜祭の貼り紙。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

こういうイベントで、「住んでいる都道府県」及び「住んでいる都道府県に隣接している都道府県」以外にまで足を伸ばしたのは初めてでした。
チケット代より、往復の交通費のほうが断然高くついた(汗)……「チケット代」と「往復の交通費」が、いつもと逆転してた(汗)、こんなこと、二度とない気がする(汗)。

で、総合的な感想は……。


日本の秋の風景は、セイタカアワダチソウに乗っ取られた。


――いや違った、そんなことじゃないんだ(汗)。
いくら車窓から見えた風景が、どこへ行ってもセイタカアワダチソウだらけだったとはいえ(汗)。

往路の細かいことから書いていると(私のことだから)セイタカアワダチソウがどうのこうのとか、そんなことばかり書いていて、いつまでも本編に入れなさそうなので、本編から入ります!

++++++++++++++++++++++++++++++
トークイベントの会場は、1号館5階、151番教室。
(この記事のタイトルは、「この教室の収容人数がだいたい300人くらいかな?」というところからつけました……本当は全然違う数字かも知れません(汗)。)
時間は、13時10分頃から、約1時間。

司会は高橋美妃(たかはし・みゆき)さんというお方。
このお方から、イベントでよくあるような、「録音・録画は禁止」というような、注意事項についての説明がされまして。
(いや、このトークショーも立派なイベントですが。)

で、「録音・録画は禁止」という指示に私はもちろん素直に従ったので、この記事は、メモ及び私の脳内ハードディスクに残ったものを頼りに綴ってみます。


【平田広明&竹内順子登場】

平田「こんにちは! 「NARUTO」でゲンマを演じている、平田広明です!」(客席爆笑)
竹内「こんにちは! 「ONE PIECE」でサボを演じている、竹内順子です!」(客席爆笑)

↑冒頭1分間くらいのこの挨拶が聞けただけで、私のこの日の目的は3割くらい達成できた!(笑)
平田広明といえば「ワンピのサンジ」を12年以上演じている人ですけど、「NARUTOのゲンマ」も、断続的にですが(非常に断続的に、ではありますが(汗))、もう10年くらい演じてるんですよね!

去年、竹内順子が「ONE PIECE」に出演を果たし、「おー、めでたく相互乗り入れしたな」と思っていたので、2人のこの挨拶が、すんごく嬉しかった!

平田広明は、スカーフとズボンが緑、ジャケットが黒、インナーが白、という、虎徹カラーファッション。
竹内順子は、幅たっぷりめの黒のチュニック(だったと思う)に、ハロウィンを意識したのか、先のとんがった黒い帽子姿。
最近の竹内順子は、帽子姿が多いですね。

司会の高橋サンは2人を「声優界の大スター」「平田さんはダンディで、竹内さんは女性らしくて、ほんと素敵」「お二人とも、すごいオーラを放っていらっしゃいます!」などと紹介&絶賛してたのに、広田広明は「ちょっと待て、女性らしい~!?」とさっそく食いついてました(笑)。
竹内順子はその後、平田広明が「俺のことは、かっこいい?」みたいなことを言った時、「やられたらやり返す」とばかりに、「かっこいいとは言ってない」と、冷たい口調で言ってました(笑)。


【学園祭の思い出は?】

竹内順子は「フランクフルトソーセージを焼く匂い」とか「役者になってから学園祭に呼んでもらって、お弁当を食べてたのに、追加して焼きそばを食べた思い出」とか言って、平田広明に「食べ物の記憶ばっかりなんだね」と突っ込まれていた(笑)。


【学生時代の思い出は?】

「部活は何かやってた?」という話と、学校の制服の話が中心になりました。

竹内順子は、演劇部には入っていたが、そんなに熱心には参加していなかったとのこと(汗)。
そして「制服はセーラー服だったか、ブレザーだったか?」という話題になり、平田広明が横で「セーラー服だったとか言うなよ。俺の中のセーラー服のイメージが崩れる」とか何とかぼそぼそ言ってたんですが(笑)、竹内順子曰く、

「女の子って、制服のデザインで学校を選ぶようなところがけっこうあると思う」
「私は、中学でセーラー服は着たから、高校ではブレザーがいいな、と思って、ブレザーの高校にしたんだけど、今思えば、セーラー服なんてあの頃しか着られないんだから、高校もセーラー服のところを選んでも良かったかなと思う」


とのこと。
そして竹内順子は、「今ってセーラー服の学校って、どんどん減ってますよね」と前置きして、「中学でセーラー服だった人?」「高校でセーラー服だった人?」と、客席に向かって呼びかけて、客は手を挙げたり挙げなかったりしたのですが、やっぱり「高校でセーラー服だった人?」になると、挙手する人がガクッと減ってましたね。

(ちなみに私は、中学ではセーラー服、高校ではちょっとひねった変形セーラー服でした。←誰も聞いてない)

次、平田広明のターン。
制服については、「僕の行ってた高校には標準服ってのがあったんですが、それを着る気にはなれなくて、3年間、学ラン着てました」とのこと。
ここで客席には何となく「へえー」みたいな空気が流れたんですが、竹内順子が「学ランって、丈がすんごく長い奴?」と聞き、客席爆笑、そして「普通の丈のだよ」と、若干ムキになる平田広明(笑)。

そして「白いプラスチックのカラーもちゃんとつけてました。あれがないとサマにならないですから」という言葉に、客席は何となくまた「へえー」みたいな空気になりかけたんですが……。
そうしたら、
「でも、その学ランの内ポケットには、タ○コが入ってましたけどね」
とのこと!(笑)
そして
(客席を軽く睨みつつ)呟くなよ!」
という言葉が続き、客席は「駄目じゃん」みたいな空気を伴いつつ、また爆笑(笑)。

で。
舞台俳優にしろテレビタレントにしろ、はたまたいわゆる「声優」にしろ、役者さんって高校あたりから演劇部に入っていたような人が多いですが、平田広明は演劇部には入ってなかったそうで、「芝居に興味を本気で持ったのは、二十歳を過ぎてからです」だそうで。

竹内順子がちょっと意外そうに、「え、だって、高校出て演劇学校行ったんでしょ?」と聞いたら、「担任の先生が、それがいいんじゃないかって言ってたから、その通りにしただけ」だそうで……この話が本当なんだとしたら、このお方、どういうところが素直でどういうところがひねくれているのか、私はまたわからなくなった。

で、司会の高橋サンが「じゃあ帰宅部だったんですか?」と聞くと、「帰宅部でもなかったです」という答えだったんですが、横で竹内順子が「部活はしてなかった、帰宅部でもなかったって、何してたんだよ」と、まるで咎めるような口調で言い、客席からは「確かに」みたいな笑いが起きてました(笑)。

で、「何してたんだよ」の答えは、「喫茶店に寄って、時間潰してました」でして。
それだけならどうってことないんですけど……
「タ○コ吸いながらでしたけど……(また客席を軽く睨みつつ)呟くなよ!」
という言葉が続き、客席はまた爆笑(笑)。


【今までいちばんつらかったことは?】

竹内順子は、「劇団の先輩(だったかな?)に、『お前太ってるな』と言われ、そこにあった水をかけてやりたかったけど、できなかったこと」だそうで。
平田広明に「何でやらなかったの?」と聞かれ、竹内順子は「後で片付けなくちゃならないのは自分だったから」だそう(笑)。

平田広明は「本当につらかったことを今ここで言ってもしょうがないしなあ……」と、何だか含みのある言い方をした後、「順ちゃんに無茶ぶりされる今がいちばんつらいです」と言ってました(笑)。
ほんと、毎年、学園祭のたびに、ですもんねえ(笑)。


【リラックス方法は?】

竹内順子は「寝ること」「猫と遊ぶこと」だったかな?

そして平田広明が何か言おうとすると、竹内順子が「リラックスって、緊張あってのリラックスでしょ? 平田さんみたいに全然緊張しない人は、リラックス方法なんていらないでしょ?」と、褒めてるのか貶してるのか、よくわからないことを言い(笑)。
平田広明は「そうは見えないだけで、俺だって緊張するよ」と主張してましたが、さあ、どうなのか……そういえば森田成一も、「平田さんは、役に入ってる時と離れた時、オンとオフの見分けがつかない」と言ってたし、なあ(笑)。

で、平田広明は「ここ1年くらいできてないけど、釣りとか、家庭菜園とかをやってました」「唐辛子を栽培してまして、唐辛子って赤くなる前、緑の状態のまま摘んだものはすごくカラいんですけど、劇団時代、後輩の口にその唐辛子を突っ込んで、反応を見るのが楽しみでした」とのことで、ここで客席爆笑……ひっどい先輩だなオイ(笑)。
青唐辛子って、激辛ペペロンチーノを作るために栽培してただけじゃなかったのか、そんなことのためにも栽培してたのか(笑)。

この日平田広明は、上野から新幹線に乗り、新幹線を降りて大学まではタクシーで来たそうなんですが(高崎から前橋までタクシー?(汗))、上野駅のエスカレーターに乗っている間、「東北の温泉に来てください!」みたいなポスターばかりが目に入り、「行きたいよー」とずっと思ってたそうで。

で、話が飛びますが、この日の帰り、土産物店に寄ったら、「サンジが温泉に浸かってご満悦な顔をしている」というチャームがついた根付が売られていて、思わず笑った(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
いったんこのあたりで切って、「その2」へ続けます!

++++++++++++++++++++++++++++++
前橋工科大学の写真を何点か。

前橋工科大学の看板。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

前橋工科大学のピクトグラム。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

前橋工科大前のバス停。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

++++++++++++++++++++++++++++++
前橋工科大学学園祭・翌檜祭(あすなろさい)の「平田広明&竹内順子トークショー」に行ってきた300人くらいの一般人のうちの1人による感想とかレポートとか。(その2)進む
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3872-bc2109d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。