こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




家族や家庭は、そりゃ大事だが。~2012年・憲法記念日に思ったりしたこと~

今日(5月3日)は憲法記念日でした。

若い世代の中には、「建国記念の日と、憲法記念日の区別がつかない」という人がいるらしくて、私はガクッとなったんですが、いや私だってそう詳しいわけじゃないが、でも、「建国記念の日」と「憲法記念日」って、どっちかというと真逆の性質のものじゃないの?(汗)程度のことは思う。

で、改憲派か護憲派かどっちかだったかは忘れましたが――いやそれ、どっちかは大問題だろ……ん、改憲派だったと思う――憲法に、『家族や家庭は、社会の最小単位である、だから尊重しろ』という文言を入れろという動きがあるとか。

これには賛同しかねるな。

家族や家庭は、社会の最小単位であると思う人がいるのはまあ構わないと思うけど、別に憲法にまで盛り込まなくていいじゃないか。
既に教科書なんかには家族や家庭は、社会の最小単位であると書かれてるんだし、これ以上強調しなくたっていいだろうに。

何でそう思うのかというと。

子供が読まされる本の中には、『家なき子』とか『小公女』とか『小公子』とか、とにかく「親のいない子が、苦労の末、幸せを掴む」というパターンのものがいくつかありますが。

私は自分の子供時代に、教科書に「家族や家庭は、社会の最小単位である」と書かれていながら、一方で『家なき子』とか『小公女』とか『小公子』とかが推薦図書のように扱われているのが、不思議で仕方なかった。

「家族や家庭は、社会の最小単位」なんだとしたら、孤児であるレミやセーラやセドリックは、その「最小単位」としてすら、認めてもらえないということ?
その、「最小単位ですらない子」をお手本にしろ、ということ?
はたまた、「自分はこんな可哀想な子じゃなくて、ああ良かった」と思って、今の自分の境遇に感謝しろ、ということ?

――としか、思えなかったから。


で、そんな風に考えていたことは、その後しばらく忘れてたんですが……去年の3.11後、また思い出さざるを得なくなりました。
たくさんの「震災孤児」が生じたからです。

あの子たちが、「家族や家庭は、社会の最小単位である」という文言を聞いたら、安心するか、不安に思うか?
――といえば、不安に思うでしょう。
自分には、「家族や家庭」がなくなってしまったんだから。

3.11後、養子を迎えることに関心を持つ大人が増えたそうで、実際、3.11をきっかけに養子を迎えた家庭もあるそうで、そのこと自体は頼もしいことだと思うんですが。
だからと言って、震災孤児を含め、この国の孤児が全員、すぐに「家庭や家族」を与えられるわけじゃないのも、残念ながら確か。

どんなに美しく崇高なフレーズでも、今不安な状態にある者たちをもっと不安にさせるようなものなら、今より高い場所に掲げられてはならないと思う。

別にいいじゃないですか、「家庭や家族は大事」ということを、わざわざ憲法に盛り込まなくなって。
家庭や家族を大事にしたいなら、して欲しいなら、他にいくらでも、方法はありますよ。

それに、憲法に「家庭や家族は大事です」みたいな、「誰でもわかってるのに何でわざわざ?」みたいなフレーズが盛り込まれたが最後、理想や理念とは一見真逆の、ものすごくプラクティカルな方向へ、物事が動きそうな気もするんですよね……例えば、
「男女は、結婚に当たっては、国に申請し、許可を得てからにすること」
とか、
「国の許可なく子供を作った男女には、罰金を払わせることとする。
しかし、生まれた子供が国の役に立つ人材になりそうなら、その時点で、罰金は返すこともある」

みたいな。

「ひええ」と言いそうになりますけど、突き詰めていけば、こうなると思うんですよ……いや、突き詰めなくとも、意外と、最初の一歩がこれかも知れないが。


だから、繰り返しになりますが、「家庭や家族は大事」ということを、わざわざ憲法に盛り込まなくなっていいじゃないですか。

家庭や家族を大事にしたいなら、して欲しいなら……やらなきゃいけないこと、やったほうがいいことは、他にいっぱいあるでしょう。
それが何かというなら……「○○の予防」とか「なぜ××は起きるのか」とか「その××から身を守るための教育」とか「若者や子供にはもちろん、大人にも正確な知識を伝えるための△△△」とか「女性にとって本当に満足できる□□のあり方とは」とか、一見あんまり関係なさそうなことですかね……って、こんな伏字だらけでわかるか!って感じですけど、一つ一つ語り出すとまたものすごく長くなりそうなので、このあたりで締めるとします。(け、決して打つのが面倒になったわけじゃありません(汗)。)
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3679-be1f3a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。