こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




WJ1号『BLEACH』第475話「Shades of the Bond」の感想。

(※このWJ1号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

サブタイトルの和訳は「絆の陰にあるものたち」。ちょっと前には「End of the Bond」というサブタイトルが何回か続いてましたね

最初は「陰」を「影」にしようかと思ったけど、そっちは多分「Shadow」のほうに相応しいだろうから「陰」にしてみた

さて、女性の傷病者を男性の(素人の)救護者に任せるとまずいことが多い理由を、恋次が見せてくれた気がする(汗)。白哉兄様も「本当はお前なんぞにルキアを任せたくないが他に適任者もいないからしょうがない」と思っていたに違いない(笑)

卍解ののちの一護って、手袋してる? 一護は素手のイメージがあったから、何だか意外だった

それにしても、こんなに頻繁にお色直しする男のメインキャラも珍しいと思う(笑)、もうサスケ(@NARUTO)のお色直しの回数を超えたと思う(笑)

一護に「みんなを護っててめえと戦うんだよ」と言われた直後の銀城の表情が何だか切なく見えたんだけど、気のせいかな……何だか、「見捨てられた」と思っているような、それでいて、一護がああいう答えを返してくることを本当は望んでいたような、言うに言われぬ表情だなああのコマの銀城

あー、銀城、一護に「…てめえは殺したくは無かったんだがな」と言ってるな、やっぱり……。WJ35・36号で銀城は、号泣する一護に、「用済みのクセに命も取らねえんだ、礼の一つも言ってくれよ」と言ってたし、私も<この2人(銀城と月島)、一護をほったらかしであの場を去るつもりだったのか(汗)>なんて書いてたんだけど……あそこで銀城が一護を殺さなかったのは、考えなしでしたことじゃなく、ひとえに「…てめえは殺したくは無かった」からだったのか……何だか一気に切ない予感がしてきたぞ


ところで、この漫画ほど、読者が書いた感想記事の中に作者の名前が頻繁に登場する漫画も珍しいと思う……つまり、褒める感想なら必ず「さすが久保センセイ」という書き方をされ、貶し気味の感想でもやっぱり必ず「また久保センセイの悪い癖が」みたいな書き方をされる作者も、そういない気がする。

例えば、『NARUTO』の感想記事では、褒めるにしろ貶すにしろ、岸本センセイの名前はそれほど頻繁には出ないし、『銀魂』の感想記事でも、やっぱり褒めるにしろ貶すにしろ、空知センセイの名前はそれほど頻繁には出ない。

どういうことかというと……。

『BLEACH』の読者は、程度の差こそあれ、また、切り込む角度こそ違え、『BLEACH』を通して、みんな久保センセイその人に惹かれてるんだろう、ということ。

久保センセイって何となく、漫画家の中では「映画監督」っぽいお方だと思います……作品にはメッセージ性も大事だが美意識も同じくらい大事と思っているような、微妙に世間知らずなところも周りの人の力を借りて強みにしてしまうような、すんごく責任感は強いらしいのに結果的にやりたい放題に見えてしまうような。

(↑まあ、これが映画監督という仕事の全てではないことはわかってるつもりですが(汗)、ってかこれ、褒めてるのか貶してるのかわからない書き方になってるぞ(汗)、一応(7割くらいは)褒めてるつもりなんだが(汗)。)

私は前から、男性芸能人が、ちょっとキャリアを積むとみんな「映画を作りたい」と言うのは何でなんだろうと思ってたんですが……(女性芸能人はあんまり言わないんですよね)。

あれは別に、本当に映画を作りたいというよりは「映画監督的なポジションで仕事がしてみたい」ということなのかも知れないな、と、(久保センセイと『BLEACH』ファンの間柄を見ていると)最近は思います。

そして、今後も久保センセイには、映画監督っぽい漫画家でいて欲しいと思うのでした……あ、ファンをあんまり心配させない程度に、ね(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
(『BLEACH』の最新刊(12月2日発売)はこちら→『BLEACH―ブリーチ― 53 (ジャンプコミックス)』)
11月28日に、これも発売でした!→「BLEACH総集編 Resurrected Souls 4 (BLEACH総集編)」(650円))
2012年のカレンダー(原作版)はこちら→「BLEACH コミックカレンダー2012  (SHUEISHA コミックカレンダー2012 )」)
関連記事



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3524-5161fb72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。