こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、半年。~「思いやり」「心遣い」は、いらない~

「東日本大震災」と呼ばれるあの地震から、半年が経ちました。

今回の地震は、「原発の暴走や、放射線物質の拡散が関わっている」という意味で、今までのどの震災とも違う。
大げさでも何でもなく、人類が初めて経験する種類の震災です。
そのため、世界じゅうの専門家から国内の一般人までが高い関心を持ち、いろいろなお方が、ネット上で情報発信しています。


今日のこの記事は、この半年、主に一般人のお方のサイトやブログを読んできて、思ったことです。


一言で言うと……




「一般人(公的な立場や専門家ではない、という意味の)のお方は、原発の問題を抱え続けている福島に関しては、マイナスの印象を伝えるような記事は、なるべく書かないで欲しい。
(たとえ被災者を思いやるつもりで書いたものでも)

ということです。


書いているお方がこれはデマや風評じゃなく、公的機関や専門家が発表した客観的なデータを引用してるんだから、問題ないと思って書いたものでも、被災地につながってる人間は、「客観的なデータ」が欲しいときは、一般人のお方のブログじゃなく、その引用元であるサイトを、直接見ます。
原発が今どれだけ危険な状態か」「広まった放射性物質がどれだけ膨大な量かなんてことは、一般人のお方がわざわざ改めて書いてくれなくても、いいんです。

そして、避難所や仮設住宅にいるような被災者のお方は今、そもそも、ネットでブログやサイトを見られるような環境にはいないはず。
だから、いくら被災者を思いやるつもりの記事でも、その記事の「思いやり」の部分を読む可能性自体が、限りなく低いはず。


被災地とは無縁な
一般人(繰り返しになりますが、「公的な立場や専門家ではない」という意味の「一般人」です)のお方が
伝聞の結果書いた
福島に関する
マイナスの印象を伝えるような記事

は、被災者や、被災地につながる人間から見れば、

ああ、福島について、マイナスの印象ばかりを、『他人事として』持っている人が、こんなにいるんだ

としてしか、映らないと思う……少なくとも、私はそう。
被災地のことを、とりわけ福島のことを憶えてくれていて嬉しいという気持ちよりは、他人事なんだなと思う気持ちが、正直言って、勝ってしまう。


もちろん、「一般人は、福島のことは一切書くな」ということでは決してない。
ただ、○○新聞にこう書かれていたとかどこどこのサイトを見たらこう出ていたというような伝聞の結果、「心配だ」「怖い」という内容の記事を書くのであれば、そのマイナスの印象を打ち消すくらいのプラスの気持ちやエネルギーを、自分の中にしっかり持った上で、書いて欲しい。

その自信や意志が全くないのであれば、いっそ何にも書かないで欲しい。
単に放射能怖い怖い」「暴走した原発危ない危ない」「被曝した子供が心配だ心配だを強調するだけの文章なら、書いて欲しくない。

たとえ、原発による被害の甚大さを訴えるつもりであっても、その文章中に「チェルノブイリ」とか「広島の原爆」とかの言葉が引用されるたび、その言葉を新たなダメージとしてしか受け取れない読者がいることを、思い出して欲しい。


多分、「心配だ」「怖い」という記事を書くお方は、生真面目で心優しい人なんだろうなと思う。
だから、「頑張れ」「負けないで」みたいなことを書くのは無責任なような気がして、「心配だ」「怖い」と書いてしまうのかも知れない。

だけど、その「心配だ」「怖い」に、「他人事」の匂いを感じ取ってしまうことが、どうしてもあるんだ……しかも、最近はけっこう頻繁に。
これはもう、誰が悪いというものでもなく、若干こっちに被害妄想が入ってるだけなのかも知れないが。

でも、やっぱり……被災地に直接つながってない人たちの「無関心」「忘却」もやり切れないけど、「他人事」扱いで記事を書かれるのも、同じくらい耐えられないもんだ、と、最近はよく思う。



何だか、同じことの繰り返しを長々書き続けそうな気がしてきたので、このあたりにするか。
これ以上エンエン暗い記事を読んでいただくのも、申し訳ないし。


あの地震から半年を迎えるに当たって、アップしようと思って候補に挙げていた記事が二つあったのですが、もう片方は、あまりにも「怒り」「恨みつらみ」が過ぎるので、それは保留にして、こっちをアップすることにしました……でも、文章にまとめてみたら、こっちはこっちで充分「恨み節」っぽくなってるな(汗)。

ちなみに、私が「怒り」「恨みつらみ」を向けているのは、「原子力政策を進めてきた国」「東電」だけじゃありません……もっとはっきりターゲットにしている対象があります。
もうちょっと冷静に考えられる時が来たら、アップする……かも知れません……そんな必要がなくなればいちばんいいんだけど(汗)。

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3374-234018d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。