こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、5ヶ月と29日。~電力使用制限令終了~

東電管区の電力使用制限令が、今日の午後8時をもって、終了しました。

この夏は、「こまめに明かりを消す」だけじゃなく、「蛍光灯の間引きをする」ってことをした企業も多いんじゃないでしょうか。

私の通勤先もそうでした。
今までは、蛍光灯が「本返し縫い」みたいに点灯していたんですが、この夏は「半返し縫い」状態になりました……わかりにくいかな(汗)、今までは、点灯している蛍光灯が「直線」でつながっていたのが、1本置きに外して間引いた後は、「点線」状態になったのです。

しかし、ビルの管理事務所の人が脚立を担いでやってきて、蛍光灯を外す簡易工事をやった時には、ひと悶着あった……(汗)。

外される予定だった蛍光灯の下に座っている人たち(大半は、そこそこ偉い地位の、そこそこの年齢の男性たち)が、「何で俺の上の蛍光灯を外すんだ」と怒って、「元通りにしろ」と言い、ビルの管理事務所の人は、外したばかりの蛍光灯を、またはめ直すことになってました(汗)。

確かに、事前に
外してしまったら、暗くて、業務に支障をきたす……というような人は、元通りにはめ直しますので、申し出てください
とは言われてたけどね……。
だとしても、簡易工事の後を見たら、そこそこ偉い地位の、そこそこの年齢の男性の上の蛍光灯は、外す予定だったところが、8割くらい、はめられたままだった(汗)。

まあそれだけだったら、あー、やっぱり、1本置きに蛍光灯を外すだけでも、暗く感じて不便だったのねと思うだけなんだけど……。

その後、数週間や1ヶ月経って、もともと寿命だったらしい蛍光灯が次々と切れたんですが……。

その切れた蛍光灯の下に座っているそこそこ偉い地位の、そこそこの年齢の男性は、まるで気にする様子もなく、そのまま普通に業務を続けていらっしゃった……(汗)。
もしかしたら、切れたことに気付いてすらいないのかも知れない(汗)。

何だ、何で俺の上の蛍光灯を外すんだと怒ったのは、「暗くて不便になるから」じゃなかったのか?
「蛍光灯を外される」ってこと自体が、「自分が粗末に扱われている」ってことのような気がして、それで怒っただけだったのか、あれ?

何だかこういう「電気をなるべく使わないように」ってアクションって、3・11前は「貧乏臭い」みたいな捉え方をする人、(特に年配の人には)多かった気がするなあ。
私も、『高齢者はものを大事にする』なんて嘘だ、電気は、要らないところにまで、こんなにガンガンジャブジャブ使うじゃないかと思ったこと、何回もあるしなあ。

思えばクールビズだって、
サラリーマンたるもの、仕事のときは、どんな場でもきちんとした服装をしなければ
(=猛暑日にも、ネクタイを締めて背広を着なくては)

みたいなつまらない精神主義が邪魔をして、なかなか進まなかった、って部分、大きかったんだろうしなあ。


でも、3・11後、「節電」の意味って変わりましたよね。

それまでの「節電」ってのは、たいてい「電気代の節約」という意味だったと思います。
裏を返せば、
電気代ならいくらでも払うから、こっちの望む分だけ電気を使わせろ
ということだったんですよね。

でもでも、3・11後は、
電気は無限に供給されるものじゃない
電気代さえ払えばいいってもんじゃない
ってことを身にしみて知った人が増えた。
自分の家の、飾りのためにつけているような電灯は消すから、その分、もっと切実な人に回してあげたいと思う人も増えたはず。

この節電アクションは、来年の夏以降も続きますよね多分……あ、「来年の夏」と言わず、この秋以降も続けるところは多いだろうな。
業務の根幹部分で不便な思いをしていた製造業の現場なんかは別として、多くの事業所に、続けて欲しいものです。

そして私は、
自分の頭上の蛍光灯が切れていることに、あの『そこそこ偉い地位の、そこそこの年齢の男性』たちがいつ気付くか、いつ異変を訴えるか、こっそり観察していこう
と思います……(え、根性悪い?(汗))
関連記事




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3368-808de645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。