こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




WJ29号『べるぜバブ』バブ113「女の戦い」の感想&アニメ「べるぜバブ」第23話「ほんまかい」の感想。

WJ29号『べるぜバブ』バブ113「女の戦い」の感想:

ヒルダと葵の言動に百面相している古市とベル坊(※中身は男鹿)がオカシイ(笑)

私は前の号の感想で、<しかし、ベル坊は、葵の姿を見てすぐ抱きつくほど、葵のこと好きだったっけか?(汗)>と書いたけど、これ、けっこういいとこを衝いてたらしい……ベル坊は、ヒルダ曰く、葵が放つ「魔力の匂い」に惹かれて葵に抱きついたらしい。つまり、葵は今までの葵ではないらしい

ヒルダと、葵と、ベル坊(※中身は男鹿)の3者から同時に攻撃されてる「男鹿の肉体」が哀れ(笑)

んで、「スーパーミルクタイム」の副作用は、時が解決した、と(笑)。そうだな、変な後付の設定を出すより、このオチのほうがいいかも知れない(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『べるぜバブ』の最新刊(7月4日発売予定)はこちら→『べるぜバブ 12 (ジャンプコミックス)』)
1月31日に、早くも総集編が発売された→『べるぜバブ総集編 BEELZE SAGA (集英社マンガ総集編シリーズ ジャンプファーストガイド)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「べるぜバブ」第23話「ほんまかい」の感想:

(オープニングは「始まるのは、サヨナラ(初回限定盤)(DVD付)」、エンディングは「【特典イベント参加券付き】つよがり(期間生産限定盤)(アニメ盤)」。)

このアニメの主演って言うまでもなく「小西克幸」「沢城みゆき」ですけど……。

この2人って、4年前の夏の「劇場版NARUTO -ナルト- 疾風伝 【通常版】 [DVD]」に、揃って出てたんですね、ナルト側の敵役の「セツナ:小西克幸」「シズク:沢城みゆきで!
沢城みゆきの名前と声は、この「ナルト、死す」で覚えたんだけど、小西克幸が出てたことは忘れてた(汗)。
ちなみに、セツナはリーに、シズクはサクラに倒されました。

えー、他に思ったことを断片的に挙げてみると……。

このアニメは、文字を画面にちょこちょこ出したほうが絶対原作の面白さが生きるはずなんです!――とは前から思っていたんですが、最近になってようやくそれが実現し始めたようで、嬉しいです。ほら「ほんまかい」とか、「ベル坊→魔界」「オレ→死」とか(笑)

古市って、男鹿が校舎を壊したため自分が学校に行けなくなったことといい、アランドロンが死にかけてることといい、しょっちゅう「お前のせいだ」と誰かを責めてるな……まあ、責めて当然のことをされてるんだけど(笑)

ベル坊が、野生のアクババを電撃で倒したシーン、ちょっと本気でかっこよかった(笑)

男鹿が「魔界リンゴ」を蹴り飛ばしたのを見てラミアが言った「どっちが悪魔かわかりゃしないわね」ってオカシイ(笑)

古市に、川を泳いでこいと言うあたり、古市に対するドSっぷりは、男鹿もヒルダとあんまり変わらないと思う(笑)

男鹿が敵を殴り飛ばしながら「ヨップル」「そうですヨップル」と言うシーンの小西克幸の声が無駄にかっこよかった(笑)
関連記事



テーマ:べるぜバブ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3270-3c5a4358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。