こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、3ヶ月と21日。~「電気」「原発」について、とりとめもないことをば~

今日(7月2日)は半夏生(はんげしょう)でした。
夏至から約10日後です。


で、「電力使用15%削減」が始まったことに関連づけて(かこつけて?)、ここしばらくの間、「電気」「原発」に関して、周囲で見たり聞いたり、自分で考えたりしたことを、いくつか。




++++++++++++++++++++++++++++++
数週前、電車の中で聞いた、若者2人の会話。


若者A「ちょっと前まで、電気自動車とか、オール電化住宅とか、電気をガンガン使うことがエコ扱いだったのに、今全然そんな空気じゃねえよなあ、真逆になっちゃったよなあ」
若者B「そういや、電気自動車の話って、地震の後、全然聞かねえなあ」
若者A「エコって結局何なんだ、って感じだよなあ」
若者B「偉い人がエコだって言ったらエコなんじゃねーの」


――まあ、「偉い人」も、「電気をガンガン使うことこそがエコです」とまでは言ってなかったような気がするけど……でも確かに、電気自動車のことを再び「エコだ」と思えるようになるまでは、残念ながら、これから長い長い時間がかかると思う。

どっちにしても、電車の中でたまたま聞いた、赤の他人同士の会話に過ぎないような会話を覚えていたのは、けっこう言い得て妙だと思ったから……ってのは確か。

++++++++++++++++++++++++++++++
これは数週前、テレビニュースでやってたことですが……。

放射線に関することでは、国の発表することは信用できない
という理由で、福島から離れた都内でも、
放射線量を計測する機械を買い、放射線量を計測し、放射線量マップを作って、インターネット上で毎日公開する
というようなことをしているお方たちがたくさんおられるようで。

そんな手間のかかることをするのは、ご自分のことのみならず、子供のことが心配だから……ということが大きいらしい。


でもね……。

私とて別に「国の発表を疑うな」とか「どれほどの意味があるかはわからないのに、手間暇かけて、そんな大変そうなことをしてどうするんだ」などと言うつもりは毛頭ないですが……。

ただ、

地震前と同じ家に住み、同じ仕事場に通い続け、子供を同じ学校に通わせ続け、同じ場所で遊ばせ続け、その上で、自分でわざわざ測定器を調達して、放射線量を測定している

というような人たちには、言いたいことがあるんだ……。

それは、

今までの日常生活を保ったまま、自分であがく余地があるだけ、自分たちはまだマシなんだ、幸せなんだ

という気持ちを、頭のどこかに置いておいて欲しい……ということ。

たとえ、目の前に測定器が山ほど積まれていて、好きなだけ持っていっていいですよと言われたって、そんなもの、見たくもない」「何を測ったって、もう遅すぎるというような心境のお方だって、いっぱいいるはずなんだし。


もちろん、テレビに出ていたあの、放射線量を毎日計測しているというお方たちも、今まで福島に住んでいた――今は避難中で、もともとの自分の家には住めなくなってしまっている――親子を思って、心を痛めてくれているのかも知れないですが……。
カメラとマイクを向けられていた間は、とにかく「うちの子がうちの子が」ということしか気にしていないみたいに見えたもので、ついこんなことを思ったのでした。

++++++++++++++++++++++++++++++
今まで、原発反対派の人たちはよく、
そんなに原発が安全だというなら、国会議事堂の隣に原発を作ればいいだろう
と言ってきましたけど……。

現実的に言ってそれは無理として、原発がどれだけの危険性を抱えているのかを、世のみんなは知ってくれという、反対派の人たちの悲痛な思いは、今、日本じゅうどころか世界じゅうに伝わっていると思う……こんな形で伝わるなんて、誰も望んではいなかっただろうけど。

ところで……。

戦国時代の武将たちは、忠誠や同盟の証として、「自分の子供を(人質として)相手の家に養子に出すとか「自分の妻を(人質として)相手の領地に住まわせる」とかってことをしましたけど……。

電力会社の偉い人や、原発推進の議員なんかは、今後は、「原発のすぐ近くに、自分の配偶者を住まわせるってことをやったらどうですかね。
「子供を住まわせるってのは、子供自身には、どの親のもとに生まれるかの選択肢がないという意味で、人道的な見地からして、流石にアレなので。)

原発のすぐ近くに、自分の配偶者や親を住まわせるなら、それをしたくないなら、電力会社で出世しない」「原発推進の議員にはならない」「電力会社で出世しそうな者や原発推進派の議員とは結婚しないって選択肢がありますしね。


――などという埒もないことを、相双地区に親戚がいっぱいいて、小さい頃から相双地区に親しみを感じ続けてきた者としては、思ってしまうわけですよ。

++++++++++++++++++++++++++++++
↓そして、これは東北出身者の妄想ですが……。

「旧長州藩の偉い人たちが、東京に政府を作り、その東京で使う電気を作る原発を、旧会津藩を抱える福島に作った

って解釈は、穿ち過ぎですかね……うん、きっとそうだ、穿ち過ぎなんだ。

++++++++++++++++++++++++++++++
あーそうだ、「5月引き落としの電気料金の額が、史上最低の額だった」という記事を、先月か先々月に書きましたけど……。

6月引き落としの電気料金の額が、それを更に下回りました!
一応はよくやった自分!

ここ1週間くらいは流石に暑くて、エアコンを使ってしまってますけど(汗)、これも、使い方をいろいろ見直してみよう。
部屋の中で、温度計をあちこちに移動させてみたら、場所によってけっこう温度差があるということがわかったし……小型扇風機をいろんな向きに変えて、温度のムラがないように工夫してみよう。

しかし、こんな狭い部屋の中でも、温度差ってあるものなんだなあ……(がっかりするほうの意味で)驚いたぞ(涙)。
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3248-89f6897f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。