こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第19回「初の縁談」の感想。

「無類の女好き」と言われることが多い秀吉ですけど……。

これ、逆なんじゃないですかね。

話は一旦飛びますが……。

ロシアのエカテリーナ2世が死去した際、母国に当てて(エカテリーナは)ついに愛を知らぬ女だったとか何とかか書き綴った大使がいたそうで。
この大使は、エカテリーナが長年結婚はしないまま、多数の恋人を持ったことをもって「ついに愛を知らぬ女」と評したらしいんですが……。

私は余計なお世話じゃと思いましたよ。
多数の異性をとっかえひっかえした女」ついに愛を知らぬ女扱いなのに、多数の異性をとっかえひっかえした男」無類の女好き扱いなのは何でなんだ。

まあ、秀吉が生きたのは16世紀後半、エカテリーナが生きたのは18世紀半ばあたり……と、両方ともかなり昔のことだから、今じゃいろいろと解釈も変わるかも知れないけど……。

では、第19回「初の縁談」の感想をば。



++++++++++++++++++++++++++++++
第19回「初の縁談」の感想:

この回でいちばん記憶に残ったのは、浅井三姉妹でもなく秀吉でもなくおねでもなく、
「弟の嫁選びに暗躍する龍子の不気味さ」
だったな(汗)。

女性って、自分の結婚生活に諦めを感じてしまうと、女としてのエネルギーを向ける先を「夫」から完全に「息子」に移す……ってことは、よくしますけど……。

弟の嫁選びに暗躍する龍子
には、これに近いものを感じてしまったよ(汗)。


えー、他に思ったことを断片的に挙げてみると……。

このドラマって、女は、女ばかりで集まると、男の噂話ばっかりしているみたいな描写がよくありますけど……これ、現実では全然違うので、男性視聴者が疑心暗鬼に陥らないことを祈る!(汗)

茶々があの場面で秀吉の顔を引っぱたいたのは、こっちの決心を鈍らせるようなことを堂々とすんな(怒)ってことにしか思えないんですが……秀吉はそれを全然わかってないらしいあたりは、女心を全くわかってない(ってか、わからなくても済む立場だった)ということを強調する演出としてはけっこういいじゃないか、と思いました

初に「鬼」「夜叉」呼ばわりされた江が「猿よりマシにございます!」と言い返し、私も「そうだそうだ」と思いましたが……思いはしましたが……ただ……。自分の外見に劣等感を持つ男性のその劣等感は、えてして女性のそれより強烈であるもの。だから、相手が男性であれ女性であれ、その外見をもとにした仇名で呼ぶときは、かなり慎重になったほうがいい(ってかいっそしないほうがいい(汗))とも、そろそろ思い始めました(汗)
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3238-50947ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。