こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




東日本大震災から、2ヶ月。~まだ「震災後」なんかじゃない~

東日本大震災から、今日で2ヶ月です。

6日前(5月5日)には、3月の水素爆発以来、初めて作業員が原子炉建屋に入って、作業が行われたそうで。
そして今後は数日続けて、作業員のお方たちが、建屋で作業を行う予定だそうで。

そして昨日(5月10日)は、川俣町からの避難住民のうち、一部のお方たちが、一時帰宅をどうにか果たされたそうで。
他の地域の一時帰宅も、いつ、どのあたりまで可能になるのか……。

どちらに関しても、「生身の人間が関わる」という意味で、よりいっそう、関係する方々の安全を祈る気持ちでいます。

++++++++++++++++++++++++++++++
ところで最近、いくつかのサイトやブログを、数日に1度くらい、覗いてます。
どんなサイトやブログなのかというと……。




福島第一原発は次の水素爆発の寸前です
とか
日本のどこにいても、外出時は真夏でも必ずマスクをし、できればシャワーキャップのような帽子を被りましょう
とか
ネットをくまなく探してヨウ素剤を買い、毎日少しずつ飲みましょう
とか
政府が隠しているだけで、福島第一原発からは本当はチェルノブイリ以上の放射能が放出されています
とか、更新のたびにそんなことが書かれているものです。

興味深いのは、お書きのご本人たちには、読んでいる人の不安を煽るつもりはないらしく、ご自身がかなり本気でそうお考えのご様子だ、ということ。

でもね……。

「原発は危険だ、大きな地震が来たらどうするんだ」
という危惧は、本当は地震のずっと前からあったはず。
そういう警告を発していた人はいっぱいいたのに、無視されていただけのことのはず。

もちろん、地震の前と後を同じに語ることはできないけど……。

でも、地震の前までは、原発の危険さについてなんてほとんど意識していなかったような人たちが、地震が起きて原発でトラブルが始まった途端に、原発、怖い怖い」「放射能、怖い怖いと更新のたびに書く、ってのは、どういう心理なんだろうな。
はっきり言って手間暇かけて、一生懸命デマを流し、自分も不安になっているとしか思えないんだけど……(まあ私も、そんなサイトやブログは読まなきゃいいだけの話なんだけど(汗))。

++++++++++++++++++++++++++++++
あーそうだ、1ヶ月ちょい前、「東日本大震災から、3週間と5日。~「放射能、怖い怖い」と言いながら……?~」という記事にも書きましたが……。

地震のはるか前のことですが、身近に、
放射能、怖い怖い
がんになるなる
みたいなことを、けっこう頻繁に口にする人がいましてね……。

まあ私も聞き流しておけばよかったんですけど、ある時、
がんが怖いのはわかりますけど、がん検診は受けてますか?
がんで死なないためには、早期発見が重要だそうですよ
とつい言ってしまったんですよ。
そうしたら……。

検診で受ける放射線の量ってすごいんだよ
病院で検査受けるなんて、放射線を浴びてわざわざがんになりに行くようなものだからね、あなたも気をつけたほうがいいよ
と逆にお説教されてしまい……。
いったいこの人は、何を恐れているわけ? 何にどうなって欲しいわけ?
と、私は内心、頭を抱えたものでした(汗)。

その人は当時、確か40歳前後。
普段から「絶対、病院には行かない」「断固、薬は飲まない」という方針の人っぽかったんですけど……その後どうしてるんだろう……いい加減、検診を受ける程度はしないとまずい年齢には、とっくになっているはずなんだが(汗)。

(あー、今ふと思ったんだけど……。
確か労働安全衛生法では、
事業主は、労働者に健康診断を受けさせねばならない
という規定があるはずだけど……。
労働者側が
放射能が怖いので検診は受けたくありません
と言って、断固受診を拒否したら、事業主の側はどうすればいいんだろうな。
労働者から、「放射能が怖いので検診は受けたくありません」と書いた念書でも取るしかないのか?(汗))

++++++++++++++++++++++++++++++
何にしても、今回の地震の被災地と言えば「岩手、宮城、福島」の3県があげられることが多いですが……同じ被災地ではあっても、「岩手、宮城」と「福島」とでは、被害の「規模」とは別に、被害の「質」が違う気がする。
「岩手、宮城」は、余震もそろそろ収まりつつあり、「復旧、復興」へ進みつつあるように見えるのに比べ、「福島」は、3月11日から今に至るまでずっと、「本震のさなか」にあり続けている、という気がしてならない。

数日前は、ニュースで初めて、「福島県○○町」や「福島県××村」ではなく、「福島県浜通り」「福島県中通り」という、もっと大きい括りの言葉を聞きましたし……被害はまだ全然収まってなんかいないという印象を、また強く持ちました。

そもそも、最初の強い揺れから2ヶ月経っているのに、これから避難を強いられる人までがあんなに多くいるという意味では、福島はまだ「震災後」ですらないじゃないか、「今こそが震災のさなか」じゃないか、とも思います。

見たり聞いたりしているほうがつらくなるような困難の中にある人には、つい大変でしたねと、そのつらい出来事を過去形のものとして扱ってしまったり、今後のことを前向きに考えてとか言いたくなってしまうものですが……。
こういう言葉は、困難に遭った人が心からそう思えるようになり、そう言えるようになるまで、周りは辛抱強く待つべき言葉なのかも知れません。

++++++++++++++++++++++++++++++
あー、そういえば、ちょっと前に、
今回の地震のことを、知り合いが『天罰だ』と自分のブログで書いていた
ということを書きましたが……。

そのブログを少し前に覗いたら、何か、プチ炎上した形跡があったような……更新も、今までにないほど間隔を開けて、止まってた……。

まあ、他人のブログを炎上させるとかの行動は、基本的には人間としてどうなんだと思うんですが……今度ばかりは、チラッとですが、「ザマーミロ」と思わずにはいられなかった……(って、読んでいて不安になるような、あるいは心が荒むようなサイトやブログは、あんまり読まないでおいたほうがいいぞ私(汗))。
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3167-110fba67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。