こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第13回「花嫁の覚悟」の感想。

毎年大河ドラマって、だいたい4月末頃までは、「賛否両論」の「否」の声がガンガン上がり続けるものですけど、それは今年もそうなりそうですね。

でも、その「否」も、「女の子はお行儀よくしなさい(怒)」という説教の域を出ているものはほとんどないようなので、私は特に気にせず、これからも毎週観続けようと思います(って、気にしてんだろうがこれ(汗))。


しかし、ふと思ったんですが……。

今でこそ「お行儀よくしなさい(怒)」系の説教をされるのって、圧倒的に女の子ですけど……。
戦国時代――いや、武家とか公家とか、士農工商とかの身分制度があった時代全部――の上層階級の人間たちってのは、男性も女性も、同じくらい厳しく、行儀作法を躾けられていたはずですよね。

それも、公式な場で表立って働くのは大半が男性だった「武士の時代」なんかは、むしろ男性(武士)のほうが細かく厳しくうるさく、マナーとかエチケットとかプロトコルとかを問われたんじゃあるまいか。
ミスをやらかしたとき、上からは本気の怒りを、周りからは本気の顰蹙を買うってのも、今の比ではなかったろうし。

それを思うと、現代のオッサンたちが普通にやっている
くしゃみのときに口を覆わずビシャビシャ唾を飛ばし、他人の部屋に入るときはいきなりガチャッとドアを開け、外を歩きながら煙草を吸い、テーブルに肘をついてクチャクチャ音を立てながらものを食べ、道端に唾や痰を吐き、電車の中では思いっ切り足を広げて座る
なんてのは、「武士」に変換したら、どれか一つやっただけでも、その場で切り捨て御免のような気がするんですけど、ねえ……そのあたりはどうなんだろう(汗)。

では、第13回「花嫁の覚悟」の感想をば。



++++++++++++++++++++++++++++++
第13回「花嫁の覚悟」の感想:

茶々が秀吉になぜ末っ子の江を最初に嫁に出すのかと詰め寄ってましたけど、やっぱりこれ、聞かずにはいられないよなあ……どんな答えが返ってくるにしろ、結果は変わらない、とわかっていたとしても

そうだ、秀吉が相変わらず嫌なオヤジでしたな……でも、あれでいいと思います。田渕サンには、「大河ドラマ史上最悪の秀吉だった」と言われるような秀吉を描いて欲しいです。どうも日本で作られるドラマでは、秀吉を悪人・悪役として描くってことが半ばタブー扱いされてるようなところがある気がするので、そのタブーに挑んでいただきたいです

しかしそうなると、「おねは秀吉のどこに惚れたのか」ってことがわからくなりそうなのが怖い(汗)。「おねは聡明な女性だった」というイメージを壊すことなく、秀吉を「嫌なオヤジ」に描く、って難しそうだな(汗)

おねと茶々の2人きりの会話のシーンがありましたけど……おねって、女性たち(それも特に、秀吉の側室たち)にシスターフッドを仕掛けて自分の味方にしてしまうのが得意だった半面、自分も、仕掛けられると拒めない女性だったのかもなあ。これからの、おねと茶々の関係がどう描かれていくのか、また楽しみになりました

そうそう、おねが秀吉に、「お前様には、恥というものはないのですか!?」と詰め寄ってましたが、数週前では、茶々が三成に「そなたは命じられれば何でもするのか?」と、厳しい口調で問うてましたよね。このドラマの女性たちって、こういう感じの「男性に恥をかかせる」系のものの言い方をすることが多いような気がする。この回で江は秀吉に「姉上に手を出すなと約束しろ」と詰め寄ったり、一筆書かせてそれをおねに預からせたりしてましたけど、あれなんて秀吉にとってはかなりの「恥をかかされる」「男の沽券に関わる」ようなことだろうし

ああいう「恥をかかせる」系の言い方ややり方って、相手の恨みを買いこそすれ、のちのち良い展開につながることって、滅多にないんですけどね……でも、ああいう言い方ややり方をせずにはいられない女性の側の気持ちも、すんごくよくわかるのがつらいなあ(涙)

あーそうだ、今まで何回か、光秀の家臣の娘(春日局)が、のちに江の息子(家光)の乳母になるとか三法師(織田秀信)と、江の娘(完子)が結婚していた時期があるという説があるとか書きましたけど……それどころじゃなく、江は、3人目の夫にして最後の夫になる秀忠の父である家康と、あんなに早い段階から出会ってた、という設定なんですよね、何で見逃してたんだろう

締めのシーンは、いつの時代も、女の子への性教育は難しいみたいなエピソードの描写でしたね(汗)……サブタイトルは「花嫁の覚悟」だったけど、あれじゃ「花嫁の動揺」だな(汗)

しかし、マジで昔の性教育って、どういう風に行われてたんだろう(汗)。「春画みたいなものを見せるだけ」だとしたら、それって「女の子だけを一室に集めて、スライドを見せるだけ」という、昭和の学校の保健体育と大差ないな(汗)
関連記事

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/25 17:44】 | #[ 編集]

直しました!
ご指摘ありがとうございました!
【2011/04/25 23:34】 URL | 管理人みつか #/QqAxzGI[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/3131-c0c68102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。