こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




起きてから寝るまで、ある侍の1日。

先日、ひとりで喫茶店にいた時のこと。

私の背中側のテーブル席に、男女混合で4人くらいの、多分学生と思われるグループが座っていました。
そのグループは、最初は日本文学の話や翻訳の話をしていたのが、そのうち、時代劇の話や、江戸時代の文化の話などになり、1人が「そういえば『七人の侍』ってさあ」と話し始めたので、ピクッとなってしまいました。

その人が言うには、あの映画は、当初は「いかにも映画向けって感じの時代劇じゃなく、本当にリアルに、当時の1人の侍の生活全般を描写した映画」、言ってみれば「起きてから寝るまで、ある侍の1日」みたいな作品を作ろう、という構想で始まったらしいのですが、いろいろな紆余曲折があって、あのような作品に仕上がった、とのこと。

「それでそれで!? いろいろな紆余曲折って、何!?」と思って聞いていたら、そのグループは話の途中で「あ、そろそろ時間だね」と言って、さっさと席を立ってしまいました。ガクッ。
話の続きをもっと聞きたかったのですが、まさか追いかけていくわけにもいかないので、諦めました。

「七人の侍」くらい有名な映画になれば、裏話とか制作秘話とかはいっぱいあるのでしょうが、若者が雑談の中でそういう話をしているのは初めて聞いたので、ちょっと驚きました。

それにしても、「七人の侍」がもし「起きてから寝るまで、ある侍の1日」のまま出来上がっていたら、「SAMURAI7」も誕生しなかったわけですよね。
「いろいろな紆余曲折」に、感謝です。
関連記事



テーマ:SAMURAI7 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/196-4ab16dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。