こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




アニメ「NARUTO疾風伝」第91話「発見 大蛇丸のアジト」の感想。

一つ前の記事でも書きましたが、やっと録画がちゃんとできる環境になりました!
嬉しくてつい、今までは録画してまでは観ていなかった「ポケモン」や、観たことのない「銀魂」まで録画してしまいましたよ!(笑)

録画ができなくなったのは確か「守護忍十二士の章」の途中だったので、いずれDVDを借りてきて、後追い的に感想を書こうと思ってます。
「不死の破壊者、飛段・角都の章」も、後半半分くらいは感想をアップしましたけど、あれはリアルタイムで観ながらメモを取って、そのメモと記憶だけを頼りに書いたんだった……頑張った私。
でも、その部分ももう1回、DVDで観ておきたいなあ。

さて、この「発見 大蛇丸のアジト」って、「三尾出現の章」に入って2回目ですよね?
前回を見逃しちゃったんですよ(涙)。
オープニングでは、「シカマルがお花畑のいちばん近くにいる必要は、もうないんじゃないのか」と思いましたが、「不死の破壊者、飛段・角都の章」から「三尾出現の章」に入るに当たっては、オープニングの絵は3分の1くらいが差し替えられていますし、これ以上の差し替えは不要と判断されたのかな?

飛段と角都も、「ブルーバード」と「Closer」の両方に姿がありましたよね。
章を跨いでも、曲が変わっても対応できるように絵を考えるって、大変なんでしょうね。

今更ですが、歌詞が「思い出せないかも」のあたりで、飛び上がったナルトが両手で空を掻くようにして“螺旋丸”を発動するところが、私は好きです。
サイが、“超獣偽画”の鳥に乗りながら、紅蓮の“晶遁”の翠晶(多分)をよけている絵がありましたが、サイもいずれ合流するのかな?
「サイが“超獣偽画”の鳥に乗る」って、去年の劇場版でやってましたが、テレビでも観られるのかな?



さて、まずは総論的な感想をば。


「守護忍十二士の章」の時も思ったんですが、原作を離れた脚本になると、やっぱり「最遊記」シリーズに似た雰囲気になる気がします……監督が同じお方(伊達勇登氏)だから、だろうなあ。
原作を離れた脚本になると、「監督の力って大きいんだなあ」と思います、原作ベースの脚本のときはそれほど思わないんですが。

それでも、アニメ「NARUTO」シリーズは一応原作の漫画ってものがありますが、これがもし、原案も脚本も完全に新しく起こして創るような映画だったりしたら、監督の力ってもっと絶大なんでしょうね。
ある程度年齢を重ねた役者さんがみんな映画監督をやりたがる気持ちが、最近ちょっとわかる気がします(笑)。


ナルトと自来也のやり取りでは、「大塚芳忠との共演のシーンが増えて、竹内順子喜んでるだろうなあ」と思いました(笑)。
(竹内順子は個人的に大塚芳忠の大ファン。)


登場人物ほぼ全員の台詞が、説明口調でしたね(笑)。
同様に原作にない章の脚本でも、「守護忍十二士の章」の時はそれほどでもなかったような気がするが、と思ったのですが、「三尾出現の章」は、過去の大蛇丸転生のエピソードを絡めなくてはならないし、この後に来る「サスケVS大蛇丸」や「“暁”による尾獣捕獲」にもつなげなくてはならないので、どうしても説明っぽくなるんだろうな。



では、各論っぽい感想をば。

幽鬼丸の「脚絆の結び目は、何回か巻きつけてみないと、思ったところへは決まらない。本当は、巻き始めで決まっているはずなのに、巻き終わらないとわからないなんて……」ってあの台詞、何だかすごく物悲しいなあ。
この子の先行きって、どういうことになるんだろう。
「守護忍十二士の章」のソラは、死んじゃうような雰囲気は登場した時から漂わせてなかったけど、何だかこの子は薄幸な空気を漂わせてるしなあ……。
既にサスケと接触したこの子は、ナルトとはどんな風に出会って、どんな交流をすることになるのか。


一方、ナルトと自来也はお約束のように温泉に入ってましたが、ナルト、入浴するときは、ギプスは防水性のある布や袋でカバーしないと、お湯が染み込んでしまいますよ!

ナルトが、自来也の腹部の傷を見て固まってましたけど、「修業の旅の間、九尾化したナルトに、自来也が瀕死の目に遭わされた」ってことについては、ナルトには責任はないはずなんですよね、だってあれは、自来也が“ナルトの鍵”を意図的に緩めた結果なんですから。
このこと、もう何回もしつこく書いてる気がするんですが、原作でもアニメでも、このままうやむやにされるのか?


また一方では、「カカシ、キバ、シノ、ヒナタ」の登場。
原作では、「カカシ+新生カカシ班+紅班の中忍3人」で8人揃ってのご登場でしたが、純粋に「カカシ、キバ、シノ、ヒナタ」のこのフォーマンセルがなかなか好きです。

シノ「それというのも、ナルトが仲間の顔すら忘れてしまっていたからだ」
キバ「そりゃナルトじゃなくたってわかんねーよ! お前のそのかっこ、ほとんど顔隠れてるじゃねーか!」
シノ(キバの顔に自分の顔をズズイと近づけて)そんなことはないはずだ! 仲間なら……!」
ヒナタ「もう……! みんなで一緒に頑張ろうよ!」

のところがいいですね!
シノ、同世代の(男の)メンバーたちのことが大好きなんだな……サスケ奪還の任務に加わっていなかったというのなら、ヒナタだって同じなのに。
でも、「任務に加われなかった」ってことを根に持ってるのって、かえって好感度が上がりますね……会社でも、一見孤高っぽいキャラに見えても、実は同じ班や課や部の人たちとの連帯意識がすごく強い人って、いざというとき頼れることが多いですよ。

そして、紅蓮とその手下たちのシーン。
敵を翠晶の中に閉じ込める“晶遁”って、劇場版第1作の「雪姫」で、敵方のくのいちフブキが、視覚的にあんな感じの術を使ってましたよね……あっちは“氷遁”でしたが。
「氷や水晶の結晶が地面からいきなり出現する」って、動画にしたときに映える術なんでしょうね、きっと。



さてエンディング。
「ナルトがピンで踊ってる」ってエンディングは前にもありましたが、今回、画面手前は、女子3人のダンスですか!
踊ってるヒナタを見て、思わず「アニメイト」へ、水樹奈々のDVDを買いに走りそうになりました……買わなかったですけど(笑)。
でも今、全国の「アニメイト」で、水樹奈々キャンペーンをやっていて、プロモ用のDVDの映像が流れてるんですよね。
水樹奈々、ほんっとに堂々とした歌いっぷり&ステージパフォーマンスだなあ。
流石、もともとは歌手としてスカウトされた人だけのことはある。

男子3人のダンスを見て、このDJCDのジャケット↓を思い出しました。
何だか雰囲気的に似てるんだよなあ(笑)。

ラジオDJCD オー!NARUTOニッポン 其の九ラジオDJCD オー!NARUTOニッポン 其の九
(2005/05/18)
ラジオ・サントラ竹内順子

商品詳細を見る



何回かエンドクレジットを観ていて気づいたのですが、紅蓮の手下のリンジ役の内田夕夜ってお方、「劇団俳優座」の役者さんじゃありませんか、つい数日前、私が舞台を観てきたばかりの「劇団俳優座」の!
いや、このお方は出てなかったんですが、いただいた案内によれば、2010年1月の舞台「どん底」に出る予定だそうです。

(それにしても、「劇団俳優座」の後援会って、何であんなに年間会費が高いんだああ!
「劇団四季」の約12.5倍ですよ!(←細かいな(笑)))


アニメ「NARUTO疾風伝」第92話「遭遇(であい)」の感想。に進む
関連記事



テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kojare.blog71.fc2.com/tb.php/1218-8eb06278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【サスケ】についてブログの検索結果をまとめると…

サスケ についてブログの検索結果をまとめると… 最新キーワードチェック!【2009/01/15 13:17】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。