こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランチ発進へ向けて!~「断熱フードコンテナー」もいいかも知れない~

最近、生活雑貨のお店をいくつか回ってみて知ったんですが、「断熱フードコンテナー」ってのがけっこう売られてるんですね。
↓こんな感じの。
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.38L グリーン JBF-380 GTHERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.38L グリーン JBF-380 G
(2010/08/21)
サーモス(THERMOS)

商品詳細を見る

THERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.27L ステンレスグレー JBF-270 SGYTHERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.27L ステンレスグレー JBF-270 SGY
(2010/08/21)
サーモス(THERMOS)

商品詳細を見る


ランチジャーをドンと買うんじゃなく、こういうもの↑を数個買って、「保温したいもの(汁物とかご飯とか)「保冷したいもの(果物とかデザートとか)を、日によって組み合わせて使う、ってのも、いいかも知れない。

ランチジャーを買うのを未だにためらっているのも、ランチジャーってたいてい
ご飯用の容器1個(保温)、汁物用の容器1個(保温)、おかず用の容器1個(保温不可
か、
ご飯用の容器1個(保温)、おかず用の容器2個(保温不可
って組み合わせであることが多いみたいなんですけど、
いつもいつもこの組み合わせでお弁当作るわけじゃないからなあ……
と思うからなんですよ。
パンのお弁当にしたいときもありますしね。

でも、とりあえず、この「断熱フードコンテナー」のうち、どれか1個を買ってみて、使い勝手を試してみようかな。
ランチジャーは、大きさもけっこうあるし、値段も数千円することが多いけど、断熱フードコンテナーを1個だけなら、心理的ハードルが低そうだし……あ、でも、「断熱フードコンテナー」も、ものによっては、値段はけっこうするな。
「数千円」するものもあるみたいだ……上の2点なんか、まさにそうだ(汗)。


ところで、ランチジャーって、昔は「釣りに行く人」とか「工事現場で働く人」とかが使うイメージだったんですけど、今は、普通の会社勤めの男性はもちろん、女性も、子供も使うアイテムになってきてるんでしょうか。
↓こんなのが見つかって、びっくりしたんですが!(笑)
THERMOS 保温弁当箱 ミッフィー ブラウン DBP-252B BWTHERMOS 保温弁当箱 ミッフィー ブラウン DBP-252B BW
(2009/08/21)
サーモス(THERMOS)

商品詳細を見る

↑架空のうさぎキャラ「ミッフィー」と、バリバリに実用性重視の「保温弁当箱」の組み合わせって!(笑)



スポンサーサイト

2010年も残り僅か。~明後日からは、「年が果てる=としはつ=師走」~

今日(11月29日)は下弦の月でした。
次の下弦の月は12月28日で、これが今年最後の下弦の月です。

明後日はもう12月なんですね。

ところで、12月1日のニュース番組では、アナウンサーが必ずと言っていいほど「今日から師走です」って言うけど、あれはなぜなんだ……私はあれ、苦手なんだが(涙)。
何で12月だけ、特別扱いなんだよ。
12月1日に「今日から師走です」と言うなら、毎月、月初めの日には、「今日から如月です」とか「今日から皐月です。皐月賞は先月でしたが、皐月は今日からです」とか言ってくれよ(涙)。

「師走」って言葉はそもそも、
年が果てる→としはてる→としはつ→しはつ→しわす
という音が先にあって、「師走」という字は、後から当てられたものなんですよね。

決して師と呼ばれるような偉い人だって走り回るような忙しい月なんだから、師と呼ばれていない偉くない奴は、もっと忙しいのが当たり前という意味ではないんですよね……。

いや、前にいた会社で、12月の朝礼や連絡会の時、毎回のように今月は師走なんだから、お前らみたいな下っ端死ぬほど忙しいのが当たり前」系のことを言うアホ上司がいて、その嫌な記憶が叩き込まれているもので、だから「今日から師走です」という言葉を聞くだけで、今もその嫌な記憶が蘇ってきてしまって(汗)。

でも、おかげで、「師走」という言葉の成り立ちを覚えたのは確かなんだが。
それ以来、
師走とは、師と呼ばれるような偉い人も走り回るような忙しい月である、という意味です
みたいなことを口にする人を見ると、あーこいつ、字面に簡単に騙されるタイプだなの、心の中で密かに思うことにしてます。(←大げさな)


↓「師走」を含め、いろんな言葉の成り立ちがわかって楽しい1冊。
日本語きほん帳 (朝日文庫)日本語きほん帳 (朝日文庫)
(2009/03/06)
朝日新聞出版

商品詳細を見る


12月を迎えるに当たって、とりあえずやるべきことは……あー、インフルエンザの予防接種を受けに行かなくては。
予約はしたし(=1人分のワクチンは確保したし)、早いとこ行ってこよう。




『BLEACH』第48巻発売まで、あと4日!

『BLEACH』第48巻発売予定日まで、あと4日です!
↓表紙デザインは、これだそうで!

BLEACH―ブリーチ― 48 (ジャンプコミックス)BLEACH―ブリーチ― 48 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
久保 帯人

商品詳細を見る

↑藍染サマ、程よく進化した状態でご登場です(笑)。

↓ちなみに、以前のご登場の時は、この姿だったんですね。
BLEACH―ブリーチ― 12 (ジャンプ・コミックス)BLEACH―ブリーチ― 12 (ジャンプ・コミックス)
(2004/03/04)
久保 帯人

商品詳細を見る


んで、第48巻の表紙に来る英語サブタイトルは、「GOD IS DEAD」だったか!
意味的にはほとんど「DEICIDE」と同じですけど……この「DEICIDE」って言葉は、サブタイトルには23回にもわたって使われたのに、表紙には1度も使われなかったんだな。

しかし、「DEICIDE」と言い、「GOD IS DEAD」と言い、劇場版のポスターのキャッチコピー<地獄へ堕ちろ>と言い、宗教的な意味から言って、一部の国で売るの、大丈夫?(汗)


↓さて、この第48巻に収録されているのは、これらのエピソードのはず。

第414話「DEICIDE 16」
第415話「DEICIDE 17」
第416話「DEICIDE 18〔THE END〕」
第417話「DEICIDE 19」
第418話「DEICIDE 20」
第419話「DEICIDE 21〔Transcendent God Rock〕」
第420話「DEICIDE 22」
第421話「DEICIDE 23」
第422話「the silent victory」
第423話「Farewell Swords」


↑普通は9話分収録されるんですが、内容的な区切りからして、ここまで入れると思うんだけど……どうなるかな?

あーそうだ、恒例の、コミックス巻頭の短詩は、誰の視点になるのかな。
(天鎖斬月……だったりして……(涙)。)



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号『BLEACH』第427話「A Delicious Dissonance」の感想。

サブタイトルの和訳は「美味なる不協和音」

ちなみに、「りそな銀行」の「りそな」とは、英語の「resonance(共鳴、共振)の語源であるラテン語の単語で、「共鳴せよ、響きわたれ」という意味だそうで

織姫は、ケーキ屋さんか何かでバイトでも始めたんだろうか。あ、ヘアピンをしていないと思ったら、ベストの襟ぐりに留めてるな

でも、織姫の今の髪型では、飲食店で働くなら、髪はきっちりまとめるように、「店長さん」から言われると思うが……ってかそもそも、あのゲテモノ食いの織姫を、飲食店で働かせて大丈夫!?(笑)

『NARUTO』にしても『銀魂』にしても『バクマン。』にしても『べるぜバブ』にしても、「麺類を食べている」とか「麺類をを作ったり運んだりしている」とかの姿って、何でかちょっと間抜けに見えるのはなぜだ(笑)

・「調理済みのラーメンを、丼に入った状態で持ち歩くのと、「チョコを持ち歩くのは、次元が違うことだと思うけど(笑)……後者をやってる人間はいっぱいいると思うけど(笑)

ってか、一護はチョコが好きなのか? 本当だとしたら、私もちょっと「かわいいねえ」と思うけど(笑)

それにしても、あのBASARAの小十郎に髪形が似てる新キャラの名前はおろか、年の頃さえわからないんですが(汗)

浦原は夏梨のことも「黒崎サン」と呼ぶんですね……確かに「黒崎サン」には違いないんだけど。でも、浦原にうまいこと誘導されても、一護より夏梨のほうが、そう簡単には丸め込まれないような気がする、いろんな意味で(笑)


扉絵の織姫が、遊子にちょっと似ている気がした。
遊子も、あと5年くらいしたら、こんな感じになるんじゃあるまいか。

この漫画では、男女ともに美形が多いですけど、作品中で他のキャラの口からはっきり「美人」認定されてるのって、真咲、織姫、乱菊くらいですよね。
んで、黒崎兄妹の中で、顔がいちばん真咲に似てるのは遊子」ってことは、遊子も、他のキャラの口からはっきり美人認定されるってコースを辿りそうな気がしますよ。


あと……。

あのラーメン啜ってたオールバックの男に、
「オメーは自分の家族の事なんて知らねえ筈だ。まだ何もな」
と言われて、一護が、あんな怒ったような、動揺したような顔をしたということは、一護は一心から、「家族の事情、歴史」らしきことはまだ何にも聞いてない……って可能性も、高いですよね。

ついこの前のアニメで、一護は一心に、
「訊きてえことなんてねえ。(中略)だから待つよ。いつかあんたが話したくなるまで、話しってもいいって思う時まで。それまで別に話さねえでいい」
と言ってましたけど……。

結局あの後17ヶ月間、一護は一心から、何も聞くことはないまま、今に至ってるのかな。

++++++++++++++++++++++++++++++
(『BLEACH』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『BLEACH―ブリーチ― 47 (ジャンプコミックス)』)
4年ぶりのキャラブックも発売された→『MASKED BLEACH―ブリーチ― OFFICIAL CHARACTER BOOK 2 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「BLEACH コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

(『BLEACH』の次の巻(12月3日発売予定)はこちら→『BLEACH―ブリーチ― 48 (ジャンプコミックス)
↑表紙の絵も出ます!

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「BLEACHベツバラ」第8話「6月17日、雨の記憶」の感想:

「女の子ファザコン娘になるかならないかは個人差がかなり大きいけど、男の子ほぼ全員マザコン息子になるようだってことを、最近、息子と娘の両方を育てている女性たちから聞きました……この回を観て、その話を思い出しました。

あと、一護が一心に言った「訊きてえことなんてねえ。(中略)だから待つよ。いつかあんたが話したくなるまで、話しってもいいって思う時まで。それまで別に話さねえでいい」という言葉は、この回でルキアが一護に言った言葉がもとになっていたんですね。
いいシーンだったけど……あんなせわしないシチュエーションで言われた言葉だった、ってことが、ちょっと意外だった(汗)。

あと、ルキアの様子を偵察に来た死神は、ルキアが戻ってこない理由を、現世の男の子に惚れて、そこから離れたがらないということにしたかったらしいけど……。
そんな報告を受けたら、白哉兄様は、他の用事すべてをほっぽり出してでも、単身でも空座町にやってきて、問答無用でルキアを連れ戻したんじゃなかろうか(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「BLEACH」第298話「映画だ!祭りだ!死神映画祭!」の感想:

BLEACH OFFICIAL BOOTLEG カラブリ+ (ジャンプ・コミックス)』で、護挺十三隊それぞれで「ゲームソフトを作る」とか「ジャンプフェスタで屋台を出す」とかの話がありましたけど、それに雰囲気が似てたな、全体的に(笑)

あ、「七緒が司会役で始まった」というところからして、そっくりだ(笑)

回数の数字だけが出る絵の時、ちゃんと「フィルムに、298と書かれているという仕様になってたな

序盤のガヤの台詞の中に「それ、わらっちゃって」ってのがあったのがギョーカイっぽかった(笑)

・「剣八VS卯ノ花」のシーンで思ったんですが……。893紛いの相手には、自分が「やんごとないお生まれ&お育ちの貴婦人」になったつもりで、極力にこやかに穏やかに腰を低く礼を尽くして接すると、結果的に勝てることが意外と多いです(笑)……ということを、私は今の、893紛いだらけの職場で学びました(疲)

・「京楽の企画したものがR18指定だったってところも『カラブリ』そっくりだ(笑)

以前、「銀魂」の映画化が決定した時、小道具として、『丸めた台本』と『メガホン』さえ出せば、映画の撮影っぽい雰囲気が出せるみたいなことを書きましたけど……恋次はやっぱり、「メガホン」は持ってましたね(笑)

でも、何で『丸めた台本』は持ってないんだと思ったら、「もともとストーリーなんてないも同然だから」だったんですね(笑)

ルキアの台詞の棒読みっぷりが笑えるの何の(笑)

・「映画監督のやることはとにかくハチャメチャ」ってのは、間違いなく黒澤明監督が確立したイメージだと思うんですがどうでしょうか(笑)。アニメを含め、フィクションの中で描かれる「映画監督」って、常識人だったためしがないもんなあ(笑)

・松谷彼哉って、「悪の女王」的な役をやったら、本気でハマると思うけど(笑)

恋次、1箇所でも瑕疵があったら、最初から全部やり直しって、映画製作ってよりは軍隊だろうが(笑)

Bパートの初め部分のキャラたちの台詞が「アニメ制作スタッフの愚痴」及び「声優たちの愚痴」になってただろあれ(笑)

一護が白哉に言った「こんな映画に関わってる時点で誇りなんてねーだろ」って台詞オカシイ(笑)

それにしても一護は、白哉が自分に向けている冷たさとか悪意とか嫉妬とか、そういう微妙な男心の機微(笑)に、全然気づいていないんだろうか(笑)

そして、何かの修理や修繕の資金集めのために行われたイベントで、かえって損害が広がったというオチになるのはお約束(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
2011年のカレンダー(アニメ版(A))はこちら→「BLEACH(A) 2011年 カレンダー」)
2011年のカレンダー(アニメ版(B))はこちら→「BLEACH(B) 2011年 カレンダー」)



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号の感想。(その3)~巻末コメントへ、勝手にレス~

榊健滋センセイ:
何で『北国出身=味噌ラーメン好き』認定?と思ったら、「札幌味噌ラーメン発祥の地だからでしょうか。
その昔札幌には、土地柄、客に単身赴任者が多かったため、家庭の味→味噌汁→味噌味をラーメンに取り込んだら売れるんじゃあるまいかという見込みのもとに「味噌ラーメン」が開発され、全国的に大当たりしたんだとか。

空知英秋センセイ:
『銀魂』によくベルトコンベアネタが出てくる理由がすんごくよくわかりました(笑)。

神海英雄センセイ:
私も、周りでゲームネタの話が始まると黙るばかりです(笑)。

杉田尚センセイ:
お疲れ様でしたー!

渡辺さん:
<真に散らかった部屋には手を置く場所も無い>って、名言だなあ!(笑)

バティさん:
バティさんの故郷って、秋田だったんですか、何だか意外!

吉田さん:
「スキャナー」とか「スキャン機能のあるプリンタ」って、重要ですよね、ファクシミリ、コピー機、パソコン、プリンター、シュレッダーの次くらいに……。
このファクシミリ、コピー機、パソコン、プリンター、シュレッダーあたりで、機器揃えが止まっちゃってるオフィスって多いみたいですけど……。
私が以前いた会社では、各フロアごとにシュレッダーすらなくて、シュレッドするためだけに、わざわざ別のフロアまで出向いてたっけ……スキャナーなんてもちろんなくて、社員が自腹で買ったのを持ち込んでいたっけ……(問題外(呆))。



テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック


『銀魂』第37巻発売まで、あと5日!

『銀魂』第37巻発売予定日まで、あと5日です!
「年内に出るかな?」と思っていましたが、出ますね!

↓表紙デザインは、これだそうで!

銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
空知 英秋

商品詳細を見る


1週休載したら2年経っていた編(仮称)に焦点を絞りましたね!(笑)

↓さて、この第37巻に収録されているのは、これらのエピソードのはず。

第319訓「Z~~~~」
第320訓「滅殺VS必殺」
第321訓「メガネじゃ見えないものがある」
第322訓「二度あることは三度ある」
第323訓「プールといったらポロリ」
第324訓「夏休みあけは皆ちょっと大人に見える」
第325訓「冬休みあけも皆けっこう大人に見える」
第326訓「GWあけも見えるっちゃあ見える」
第327訓「ロウソクってちょっとドキドキするよね」

あ、「ばんからさんが通る」は、この巻に載るのかな?
次の巻かな?

ちなみに、この次の巻である第38巻は、
松平のとっつぁん、ヅラ子、栗子の、心の交流編(仮称)
パトリオット工場見学編(仮称)
などが収録されるはずです……あ、パトリオット工場見学編(仮称)ってあれ、終わったんですよね?(笑)



テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック


「劇場版BLEACH地獄篇ムービーガイド」をゲット!

↓先日、じゃない、昨日、これを買いましたー!

劇場版BLEACH地獄篇ムービーガイド・表紙全体。
(※クリックで少し大きくなります。)

↓表紙の部分拡大。
劇場版BLEACH地獄篇ムービーガイド・表紙部分。
(※クリックで少し大きくなります。)

手に取った時は正直、え、けっこう薄いけど、これで600円?(汗)と思ったんですが……いやいや、買ってから開いてみたら、中身がぎっしりでびっくりした!
まだ全部読み込めてないよ!

↓内容は、文字の多い部分は、こんな感じです。

・森田成一中井和哉の対談(写真あり)

・古谷徹へのインタビュー(写真あり)

・折笠富美子伊藤健太郎杉山紀彰松岡由貴安元洋貴それぞれへのインタビュー(写真なし)

・久保帯人センセイへのインタビュー(写真あり)

・阿部記之氏(監督)へのインタビュー(写真なし)

・鷺巣詩郎氏(音楽担当)へのインタビュー(写真なし)

・萩野賢氏(プロデューサー)へのインタビュー(写真なし)

・工藤昌史氏(キャラクターデザイン)へのインタビュー(写真なし)


ざっと読んで、印象に残ったことといえば……。

森田成一の本書を端から端まで読み込んで、写真も目に焼き付けて、それから劇場へ来て欲しいという、読者への期待というかプレッシャーというか(笑)

安元洋貴の<オレは一護が大好きです。>というシンプルな言葉(笑)

久保センセイが話していた、メインの声優さんたちとは、収録の日に昼ご飯を一緒に食べた。古谷さんとは握手してもらった。中井さんは寡黙なお方なので、メニューの話をした(笑)というエピソード(笑)

久保センセイの仕事場で撮ったと思しき写真に写っていた、壁一面に収納されていたCDの数の膨大さ(笑)。そういえば、いつかのWJの巻末コメントで、「CDを大量に入れられるラックが欲しい」みたいなことをお書きだった気がする

↑こんなところか……あ、最後のは、映画と関係なかった(笑)。


↓アマゾンでも扱ってます。
劇場版BLEACH 地獄篇 2011年 1/10号 [雑誌]劇場版BLEACH 地獄篇 2011年 1/10号 [雑誌]
(2010/11/26)
不明

商品詳細を見る


↑これ、私が1件目に行った本屋さんでは発売日に売り切れていて、2件目の本屋さんが閉店する間際に駆け込んでどうにか買えたので、「お店で現物を見て買いたい」というお方は、ちょっと急いだほうがいいかも知れません……まあ、値段の割には間違いなく「買い」の物件だと思いますが。


あーそうだ、これ、WJを読んだ時も「?」と思ったんですが、このムービーガイドでも「?」と思ったことが!
それは、上映する映画館の一覧表!

劇場版BLEACH地獄篇上映館・福島と東京。
(※クリックで少し大きくなります。)
↑これを見て一瞬、「北関東では1箇所も上映しないのか!?」と思っちゃったよ!(汗)
そんなわけないんですけどね!
↓この通り!
劇場版BLEACH地獄篇上映館・茨城と新潟。
(※クリックで少し大きくなります。)

でもやっぱり、
「福島の次に東京が来る
「茨城の次に新潟が来る
という並び順って、珍しくないか?
私は初めて見たぞ!
これも何かの新しい試みなのか?(笑)



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号の感想。(その2)

・『べるぜバブ』「バブ86 死んでしまいます」

ベル坊、オムツしてても可愛いじゃん(笑)
(↑アニメの話です)

Wiki上の高本宣弘監督の名前は、今は「たかもと・よしひろ」と訂正されてます(笑)

今現在、誰の秘密を誰が知っていて、誰が知らないのか、だんだんわからなくなってきた(汗)……だって、葵も、「ベル坊はヒルダの子じゃない」ってことを、やっとはっきり知ったばかりなんでしたよね?

(『べるぜバブ』の最新刊(11月4日発売)はこちら→『べるぜバブ 8 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『重装思春機兵ティーンエイザー』

読み切り(by渡邊築センセイ)です!

乗り物酔いは、別に思春期じゃなくてもなるぞ(汗)

操縦室の描写のところオカシイ(笑)

二号機の格納庫のくだりもオカシイ(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『ぬらりひょんの孫』「第132幕 京都炎上」

「山吹乙女」って名前、いかにも「悲劇の女性」っぽいな……真っ先に思い出したのは、十市皇女

十市皇女は30歳前後で死んじゃったらしいんですが、その死後、異母兄弟の高市皇子が、「山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく(やまぶきの たちよそいたる やましみず くみにゆかめど みちのしらなく)という追悼の歌を詠んでいます。

また、生前には、侍女の1人が十市皇女について、「川の上の斎つ岩群に草生さず常にもがもな常処女にて(かわのべの ゆついわむらに くさむさず つねにもがもな とこおとめにて)という歌を詠んでいました。

この2首の歌から1語ずつピックアップすると、「山吹」「おとめ」になるんですよ。


――んー、リクオは、父親の再婚で生まれた子だった?
リクオの母親は人間でしたよね確か。

(『ぬらりひょんの孫』の最新刊(11月4日発売)はこちら→『ぬらりひょんの孫 13 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「ぬらりひょんの孫 コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『いぬまるだしっ』「第109回 ギリギリ!大喜利対決!!―後半戦―」

「敬具」に吹いた(笑)

「どんだけ締切オーバーしてんだよ!!」にも吹いた(笑)

(『いぬまるだしっ』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『いぬまるだしっ 6 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『保健室の死神』「第60診 なまけものブルース」

この回の話を読んだ人のうち、かなりの数の人が、
自分もアシタバみたいな立場だ
そういうアシタバみたいな自分に対して、いつも藤みたいな態度取る奴っているよなあ、困るんだよなあ
と思ったのではあるまいか……私は思った(笑)。

あと、学校はもちろんのこと、職場の一角を私物で埋め尽くすのはやめろと言いたい相手がいるということにも気づいた(笑)。

しかし今回の病魔の「堕落(フォール)っての、うまいこと藤と絡めたからいいようなものの、これ本当は、企業や役所に乗り込んで行って、大人相手に退治しなきゃならない病魔だと思う……何回も書いてるけど、ハデス先生の仕事って、だんだん「産業医」っぽくなってると思う。

あ、保健教諭ながら、生徒の家を家庭訪問して、病魔を抱えた親と出会って、その病魔を退治するとかいう展開はどうかな?
1人で行くのが不自然なら、みのり先生に随行するとかの形を取ってもいいし(って、1人で妄想しすぎだ私(笑))。

(『保健室の死神』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『保健室の死神 5 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』「両津LCCの巻」

LCCってのは基本的に、機種を1種に限定しているから成立しているはずのものなので、「航空博物館」ができそうなほどいろんな機種を取り揃えていたのでは、本当は実現できないと思う……ってまあ、機種がどうこうじゃなく、「空港の使用料は高い」というのが、今回のテーマですよね。(え?違う?)

(『こち亀』の最新刊(9月3日発売)はこちら→『こちら葛飾区亀有公園前派出所 171 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『逢魔ヶ刻動物園』「第19話 不器用VS力」

(『逢魔ヶ刻動物園』の最新刊(11月4日発売)はこちら→『逢魔ヶ刻動物園 1 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『LIGHT WING』「第10閃 光明ディスカバリー」

++++++++++++++++++++++++++++++
・『PSYREN―サイレン―』「CALL.144〝生きろ〟」

(『PSYREN―サイレン―』の最新刊(9月3日発売)はこちら→『PSYREN-サイレン- 13 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『SWOT』「眼鏡20 またどこかで」

あー、終わっちゃったか!(汗)



テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック


アニメ「よりぬき銀魂さん」第34話「ゴミの分別回収にご協力下さい」の感想。

(2007年8月16日放送、アニメ「銀魂」第69話「ゴミの分別回収にご協力下さい」の再放送。
初回放送時のオープニングは「銀色の空」、エンディングは「奇跡」。)

たまの初登場エピソードって、これだったのか! コミックスにすると第17巻だったんですね、けっこう話が進んでからだったんだな

この漫画って、「卵を割る、料理する」とか「ベルトコンベアのある工場」とか「ゴミの分別、回収」あたりのネタがよく出てくるなあ(笑)。あ、「工場」ネタが多い理由は、WJ51号の空知センセイの巻末コメントでわかりましたけど(笑)

銀さん、何でソファに座ってテレビ観ながら「歯磨き」をしてるんだ(笑)

深夜のゴミ捨て場で銀さんが神楽ちゃんに言ったことが、「俺のそばにいろよ」とか、「どこにも行かず、じっと見守ってくれ」とか、部分的に抜き出すと、すんごい熱烈な愛の告白みたいだ(笑)

神楽ちゃんって、「寝る子は育つ」のときといい今回といい、けっこうよく「銀さんの寝込みを襲う」みたいなことしてるなあ、それも軽い気持ちで(笑)

男性は、女性の体を見るときに、「胸にこだわるタイプ「お尻にこだわるタイプがいるらしいけど、源外は後者のタイプらしい(笑)

そういえば急に思い出したんですけど、確か小学校の図書室に『生きている首』という本があったなあ……表紙の絵が怖くて読まずじまいだったけど、今に至るまで覚えているということは、よっぽど気になってたんだなあ。今はもう絶版らしいんですが……読んでおけばよかったなあ……


(原作を読んだ時の感想はこれ→なし)
(この「ゴミの分別回収にご協力下さい」の原作が載ってるのは、これ→『銀魂―ぎんたま― 17 (ジャンプコミックス)』(表紙:たま)の第140訓、第141訓。)

↓これの発売まで、3週間を切りました!
劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/12/15)
杉田 智和釘宮 理恵

商品詳細を見る




テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック


2010年も残り僅か。~「江~姫たちの戦国~」スタートまで、あと1ヶ月ちょっと!~

「龍馬伝」も、残すところあと1回ですね……と言っても、私は8月頃から、観てないんですけど(汗)。
いや、あの台詞が、叫び声・怒鳴り声・喚き声だらけという演出に、どうにも馴染めなくて(汗)……幕末の歴史を学ぶ機会を、一つふいにした(汗)。


ところで、私は以前、

毎年、9月くらいになると、『来年の大河ドラマの撮影が始まりました』というNHKのニュースが流れるけど、そこで紹介されるシーンはたいてい、
『役者が炎天下、埃っぽい道を、あたふたしながら走っている

『役者が、川とか池とかに落ちて、ずぶ濡れになってのた打ち回っている
かのどっちかだ

みたいなことを書きましたけど……。

来年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は、後者のパターンだったらしい……「姉川の戦い」のシーンを撮ってるところが紹介されてたんですが、この「姉川の戦い」のシーンってまさに、「足軽たちがずぶ濡れになってのた打ち回っている」って絵だらけでした(笑)。


ところで、ドラマの「江」の原作となる小説をパラパラ読んでみたんですが……秀吉かーなーりー嫌なジジイで、読んでいて憂鬱になった……(涙)。

いや、秀吉が、嫌なジジイとして描かれるってことにはむしろ賛成なんですけど、となると、それは当然秀吉が原因で浅井三姉妹がつらい目に遭う、という様子も描かれるってことにもなるだろうから、観ていてこっちまでつらくなりそうで……(汗)。

原作の小説がテレビドラマの脚本に作り変えられるときって、設定も個別のエピソードも、たいてい視聴者にとって、観ていてあんまりつらくならないほうへと変えられる傾向があるみたいなんですけど、「江」の秀吉はどうなるのかな。

前にも書きましたけど、フィクション(それも特に、実写のテレビドラマ)の作り手さんたちって、どうも「秀吉のことは、悪者としては描きたくない」という思いで作品を創るお方が多いみたいなんですよね。

だから、戦国時代を扱った歴史もののドラマって、観ていて
秀吉が、こんな無邪気なだけの、いかにも愛すべき人物だったわけがねーだろーが!
と思うことが、私はけっこうあったりするんだな(汗)。

まあ「秀吉が大好きな女」ってあんまりいないらしいので、私も多数派だ、ってことなんだろうけど。

だけど、前述の通り、秀吉があんまり嫌なジジイといて描かれるとしたら、それはそれで、観ていてつらいだろうし……うーん、葛藤(汗)。


ところで、近年は歴女が増えて、戦国ものを書く脚本家も大変じゃなかろうかと思ったんだけど、これは違うかも。
大河ドラマの中のいろんなエピソードについて、「史実とあそこが違うここが違う」というチェックに(良くも悪くも)余念のないお方って、近年の「歴女」たちのことも苦々しく思っていそうだし……「歴女」とは最も遠いところにいるお方のほうが多いような気がするし(笑)。


↓ドラマ「江」の原作の小説は「上巻、中巻、下巻」とあるようなんですが、とりあえず、上巻はこれです。
江(ごう)―姫たちの戦国〈上〉江(ごう)―姫たちの戦国〈上〉
(2009/10)
田渕 久美子

商品詳細を見る


あ、「龍馬伝」の最終回は、放送時間がいつもとは違うので、録画機器を「毎週、夜8時から8時45分まで録画」にセットしているお方はご注意を!


(この記事、「戦国BASARA」とは何の関係もないけど(汗)、「江と政宗は、だいたい同世代(政宗のほうが5歳くらい上)」らしいので、無理やり「戦国BASARA」のカテゴリーに入れてしまおう(笑)。)



テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック


『萌える戦国武将の描き方』。~画面も燃え尽きたのか真っ黒だった話orz~

数日前、
11月24日に、NHK-BSハイの番組「MAG・ネット」にて、「戦国ゲーム、武将ブーム」を取り上げるらしい
と書きましたけど……。

この番組の録画をセットしておいたのに、また音声は録れてたが、画面は真っ黒状態になっていた……最近多すぎるぞこれ……。orz

でもまあ、画面は撮れてたが、無音よりはまだマシだ、と思うことにした……ってか、ほんとにそう思う。
BASARA政宗やBASARA幸村の声は聞こえたし、いちばんの目当ては「小林裕幸Pと山本真Dの、戦国BASARAを巡る話だったんですが、それもちゃんと聞こえたし。

しかしNHKは、BASARAを取り上げるときは、必ずと言っていいほど「利家&まつ」をフィーチャーするな(笑)。
いくらゲームのBASARAの1作目は、NHK大河ドラマの「利家とまつ」の影響を受けたと小林Pが公言しているとはいえ(笑)。
(その話は、これに入ってます→「DJCD TVアニメ「戦国BASARA」【銀】第1巻」)


ところで、画面真っ暗ながらも、番組中でいちばん大きく取り上げられていた本が何の本だったのかは、書名を聞いただけですぐわかったぞ!
↓これのことでしょ!(笑)
萌える戦国武将の描き方 (描くBOOK)萌える戦国武将の描き方 (描くBOOK)
(2010/07)
コミックスドロウイング編集部さとらあーき

商品詳細を見る

↑数ヶ月前、本屋さんで現物を見たけど、いちど見たらこれ、絶対忘れないよ!(笑)

鎧を着ているだけでは、とりあえず「武士」ということしかわかりませんが、右目に黒い眼帯をさせてしまえば、一気に「伊達政宗だ」、ひいては、「戦国武将一般だ」と伝わるんだから、この記号性ってすごいですよね!
この表紙なんて、「弦月の前立てのついた兜」さえ被ってないのに!


あ、本屋さんでは、上の『萌える戦国武将の描き方』の近くには、こんなの↓も置かれてたんですが……(画像リンクではなく、あえてテキストリンクにする(笑))。

絵描きのためのチームBLポーズ写真集 舞台設定も楽々の背景つき! マンガに役立つ学園&オフィスの一日

↑一言だけ言いたい。
「学園」ではともかくとして、とりあえず「オフィス」では、「仕事」をしろ!(笑)
漫画になり得るようなあんなことやこんなことは、別のところでやれ!(笑)

――ってか、よく考えたら、「学園」でもまずいのかほんとは(汗)。



テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号の感想。(その1)

巻頭カラーページに載ってるご当地チョッパーマンのうち、「富山限定・薬売り」のスタイルって、二重の意味でぴったりだなー!(笑)

ではWJ51号の感想です。

++++++++++++++++++++++++++++++
・『ONE PIECE』

告知あった上での休載でした。

(『ONE PIECE』の最新刊(11月4日発売)はこちら→『ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)』)
同じ11月4日に、こんなのも出ました→『ONE PIECE GREEN (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「ONE PIECE コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

+++++++++++++++++++++++++++++
・『トリコ』「グルメ119 ヘビーホール突入!!」

(『トリコ』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『トリコ 11 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『SKET DANCE』「第163話 ラブリーバニーガール」

篠原センセイ、ここしばらく、(いろんな意味で)キャラの性別を変える」って展開、好きだなあ(笑)

髪を一つに括ったヒメコが新鮮で可愛い

「スイ子」の服はあれ、ワンピースだったのか(笑)

「スイ子」の台詞を杉田智和ボイスに変換して脳内再生したら、死ぬほど笑えた!(笑)

(『SKET DANCE』の最新刊(9月3日発売)はこちら→『SKET DANCE 15 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「SKET DANCE コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『エニグマ』「e.11 プラン」

スミオは、書いた絵日記を、自分が目覚める前に、誰かに書き換えられるかも知れないってことを含め、目覚めた時に目の前にある絵日記を、本当に自分が書いたかどうかを確信できないって不安は感じないのかな……どこかで説明されたっけかこれ?(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『めだかボックス』「第76箱「黒神くじらという姉は」」

最近の外傷の手当方法は、「かさぶたをなるべく作らない、湿潤方法」ってほうへ変わりつつあるので、志布志のやってたことはちょっと古い(汗)、ってか、親も何であそこで怒るのかよくわからん(汗)

めだかに、「頭」及び「額」をいいように利用されて目を回してる球磨川がオカシイ(笑)。めだかちゃん意外と冷血だ(笑)

そういえば「冷凍室におびき寄せられて、ゲームを強いられるって、映画の「SAW3」にあったな

(『めだかボックス』の最新刊(11月4日発売)はこちら→『めだかボックス 7 (ジャンプコミックス)』)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『家庭教師ヒットマンREBORN!』「ターゲット315 獄寺隼人VS SHITT・P!」

(『家庭教師ヒットマンREBORN!』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『家庭教師ヒットマンREBORN! 31 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「家庭教師ヒットマンREBORN! コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

++++++++++++++++++++++++++++++
・『黒子のバスケ』「第95Q じゃあ創ろうぜ」

赤と青の細い線の扉絵、いいな!

今週からしばらく、回想編突入?

(『黒子のバスケ』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『黒子のバスケ 9 (ジャンプコミックス)』)



テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック


ハピバ中井和哉!(43歳!)

↓先日、これを読みました。
アニメディア 2010年 12月号 [雑誌]アニメディア 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/11/10)
不明

商品詳細を見る


そうしたら……「森田成一古谷徹中井和哉」青二プロトリオ、もとい、劇場版でのメインの3人が、スリーショットで、揃ってものすごくいい笑顔で(笑)写っている写真が載ってました。
3人で「ようこそ地獄へ!」と叫んでいる、というキャプションが添えられていたんですが……あの3人が迎えてくれる地獄なら、ちょっと行ってみたいという女性ファンはいっぱいいると思うぞ(笑)……ってか、そこはもう「地獄」じゃないだろ(笑)。

しかし、古谷徹、若いなー!
この前動画でも観たけど、57歳になんて、全く全く見えん!

ところでこの号、「劇場版BLEACH」の記事がすいぶんいっぱい載ってるんですけど……昔って、漫画を原作として作られたアニメの記事は、表紙を含めて3ページまでしか記事を載せられないとかいう規定があったような気がするんだが、その後、事情が変わったのかな?
若しくは、私の記憶違い?(汗)


ところでところで、「コクトー」って読みは、多分「ジャン・コクトー」から採った名前だと思うんですが、
ジャン・コクトーって、『地獄』つながりで、『地獄の何とか』っていう本、書いてなかったっけか……そうだ、『地獄の季節』とかいう本を
と思って調べたら……。

↓『地獄の季節』を書いていたのは、アルチュール・ランボーでした……人間の(というか、私の)記憶なんて当てにならん。orz
地獄の季節 (岩波文庫)地獄の季節 (岩波文庫)
(1970/09)
ランボオ

商品詳細を見る


あ、でも、コクトーも『地獄の機械』という本を書いているらしいので、満更外してもいないと思う。(いや外してるって)

コクトーの作品には、『おかしな家族』なんてタイトルのものもありました……「おかしな家族」って、黒崎家のことじゃないよなこれ(笑)。

他にはコクトーについては、「ラディゲを見出して世に出したくらいのことは知ってましたけど……このラディゲって、僅か20歳で死んじゃってるんですね。
ラディゲの作品って、『肉体の悪魔 (新潮文庫)』『ドルジェル伯の舞踏会 (新潮文庫)』くらいしか読んだことがないが
と思ってたんですが、それも道理だ、20歳で死んじゃったのでは、そう多くの作品は残せなかっただろう。


今回、コクトーとかラディゲとかランボーとかヴェルレーヌとか三島由紀夫とかについて、Wikiをざっと読んでみたら、『BLEACH』の用語とかサブタイトルとかって、19世紀後半のフランスの詩集や戯曲のタイトルに通じるものがあるような気がしました。
『BLEACH』に登場する死神たちは和装で、用語はスペイン語及び難しい漢字のものが多く、原作サブタイトルは大半が英語ですけど、フレンチテイスト(?)なニュアンスまで含まれているようです。

あ、いろんな国の要素を取り込んで、自国向きの美味しいものを作り上げ、それが結果的に外国人にもウケるものになるって、まさに日本人のお家芸じゃないですか!
『BLEACH』もそうだったんだな!
オムライスとか、スパゲティナポリタンとか、牡蠣フライとかと同じだったんだな!(←ちょっと違うか)


ところで、中井和哉が演じる「こくとう」というと、「ジャン・コクトー」よりは「黒糖」のイメージのほうが強かったりするんですが、皆さんはどうですか。

あーそれで思い出した、今日は中井和哉43歳の誕生日です、おめでとうございます!(←ついでのように書くな(笑)。あ、タイトルに掲げておくか(笑))



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号『バクマン。』110ページ「一緒と別々」の感想。

・吉田さん9位か、やるな(笑)

・福田さんは7位か……そして福田さんのあのアシ、安岡っていうのか、知らなかった(笑)

何でラッコ11号6位!(大笑)

んで、1位エイジ2位サイコー3位平丸さんですか。エイジも、イマドキの格好させると、それなりにイマドキの若者っぽく見えるな(笑)

あー、エイジといえば、エイジが綿入れ半纏着てると、「あー、寒い季節なんだな」とすぐわかっていいなこれ(笑)

サイコーもシュージンも、関わってる作品の数が増えてきて、どれがどういう状態なのか、どれがどういう終わり方をしたのか、だんだんこんがらがってきた(汗)


で、香耶ちゃん12位か……まあ蒼樹さん(8位)よりは下だと思ってた。
主人公の男の子との「恋愛」絡みで登場する女性キャラって、頻繁に登場するほうがアラが見えやすいですからね(汗)。

(まあ、香耶ちゃんはもう結婚してるけど……シュージン&香耶ちゃんはもう夫婦」という今の設定も、香耶ちゃんにいつまでもシュージンと「恋愛」関係のままでいさせるより、早く「結婚」させて安定させたほうが、アラが見えにくくなるから……だった気がする。

サイコーと「恋愛」関係である亜豆ちゃんがヒロインたりえているのも、「出番が少ないから」ってことにずいぶん助けられていると思うぞ(汗)。)

しかし、「優雅そうな女性」が愛飲している飲み物って、何でいつもコーヒーじゃなくて紅茶なんだ(笑)。
コーヒーを愛飲する優雅な女性だっているし、紅茶飲みながら髪振り乱して仕事してる女性だっているぞ(笑)。


さて……。

日本では、組織勤めの人間の多くが、『仕事の話』『人事の話』を区別して話せない。
本人の意識の中で、この二つが区別されてないし、そもそも組織自体が、『仕事』と『人事』を混同したままで成り立っているから

――ってことを、以前何かで読んだんですが……。

でもこれ、組織勤めの人間だけじゃなく、漫画家という、「究極の自由業」であるような人々の周辺――特に、香耶ちゃんみたいな立場の者――にも、もっと顕著に起き得ることなんですね。

普段は散々、『夫の生活の世話をし、夫の仕事の環境を整え、夫の部下たち(香耶ちゃんの場合はアシたち)に気を配る』という仕事をしていながら、自分名義の賃金とか報酬とかは受け取っておらず、肝心の場面では、夫に『仕事のことに口を出すな』ってことを言われてしまう

……ってこれ、女性に降りかかりがちな、「仕事人事が混同された結果の災難」ですよね。
いわゆる「おかみさん業」の限界を、ちょっと見てしまった気がしました……今、日本のあちこちで、次々と表面化していることですけど。

何だかこの週では、サイコーとシュージンの先行きより香耶ちゃんの立場の難しさについて、いろいろ考えてしまいましたよ。


(『バクマン。』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『バクマン。 10 (ジャンプコミックス)』)



テーマ:バクマン。 - ジャンル:アニメ・コミック


WJ51号『銀魂』第332訓「工場見学とか正直一つたりとも記憶に残ってねェ」の感想。

あーそうだ、この話、続くんでしたね(笑)

・「大人キャラが全員ボケキャラに回っていて、大人の突っ込み役がいないってのは、やっぱり物足りないよー! 別に新八じゃなくてもいいから(オイ(汗))、1人くらい突っ込みに回ってくれー!

今回、突っ込みの台詞を言ってるのって、大五郎なのかな? だとしたら、この回がアニメになるときは、竹内順子がエンエン突っ込みの台詞を言うわけか! あー楽しみだ!(笑)

あーそうだ、私は前の号の感想で、

<あーそうそう、大五郎は、万事屋を見学する班に入っていてよかったですね。もし別の班に入っていたら、「観察日記は最後までやりきろう」であんないいところを見せた長谷川さんと、ものすごく気まずい再会をしていたかも知れなかったし!(笑)>

とか書いてたんですけど……大五郎と長谷川さん、この号で会っちゃってるじゃないか、駄目じゃん!(笑)

あ、大五郎のほうが、あれを長谷川さんと気づかなければいいのか、そういう意味ではギリギリセーフだったのかな(笑)


ところで、この号は「工場見学とか正直一つたりとも記憶に残ってねェ」というサブタイトルですけど、私は覚えてますよ……よりによって「酒造工場」に連れて行かれたことを(爆)。

普通、小学校で行く工場見学って、行き先はパン工場とか製菓工場とか清涼飲料水工場とかなんですよね。
で、見学後、子供たちは、パンとかお菓子とか缶ジュースとかをお土産にもらって、喜んで帰るってのがパターンらしいですけど……。

いかんせん「酒造工場」ですからねえ(汗)……何にももらわなかった……。

でも、後から思うと、多分教師たちだけが、酒造工場ならではの、それなりのお土産をもらってたんだろうなあ……アハハ(と、乾いた笑い)。

その酒造工場の人からは、
日本酒のろ過に際して、ろ紙を使う方法と、石綿を使う方法があるが、石綿を使うのは良くない方法だ。
うちの工場では、ろ紙を使った安全なお酒を作っているので、是非うちのお酒を買うようにと、お父さんやお母さんには言って欲しい
とか何とか、説明及び宣伝をされたのを、今でも鮮明に覚えてる……。

まだ小学生だったくせに(そして今もって下戸のくせに)そこまで鮮明に覚えているということは、いくら何でも、『行き先が酒造工場』って、おかしくね?と、子供心に感じ取っていたからかも知れない。

大人になってからも、小学校の工場見学では、酒造工場に連れて行かれたと言ったら、周りにはびっくりされたよ……今思えば、びっくりされて当然だった……やっぱり、私の義務教育時代(特に小学校時代)って、根本的なところで、何かが致命的にぶっ壊れていた……。orz


(『銀魂』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『銀魂―ぎんたま― 36 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「銀魂 コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)
2011年のカレンダー(アニメ版)はこちら→「銀魂 2011年 カレンダー」)
2011年のカレンダー(卓上タイプ)はこちら→「銀魂 2011年卓上カレンダー 魂暦(たまごよみ)」」)
(『銀魂』の次の巻(12月3日発売予定)はこちら→『銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)
↑※まだ表紙の絵はわかりません)



テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック


人工呼吸はキスには含まれないと思います(汗)。

いきなりですが、緊急救命についての最新の研究では、人工呼吸は不要とされています!
「しちゃいけない」ってものではありません、「する必要はない」ということです。



[続きを読む]

2011年カレンダーコレクション。~原作『BLEACH』の本気を見た(笑)~

↓先日、このカレンダーの実物を見ました。

BLEACH コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)BLEACH コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)
(2010/11/11)
久保 帯人

商品詳細を見る


「2011年のWJ漫画のカレンダーは、サイズが大きいものが多いらしいなとは思ってましたが……その中でも、これ↑は別格だった!(笑)
ネットで予約注文したお方は、届いてから初めて現物を見て、のけ反ったのではあるまいか!(笑)

これ、買ったお方は、どこに吊るすんだろう……「ドア(それも、蝶番で開くタイプ)くらいしか、ないのでは?(笑)
一般家庭で、壁面にあれだけ縦長のスペースを確保するって、けっこう難しいと思うんですが(笑)。

今頃気づいたんですが、WJ漫画から派生したカレンダーって、アニメ寄りのものだと、毎年サイズはだいたい同じで全体のデザインも似てるみたいですけど、原作(漫画)寄りのものって、サイズもデザインも、毎年まるで違うんですね。
掛け軸だったり、手拭いだったり、屏風だったり(笑)。

あ、2011年のカレンダーがこれだけ大きいものが多いとなると、2012年のカレンダーは逆に、みんな小さいものになるのかな……だとしたら助かる、「一つくらい買おうかな」って気になるかも知れない。
2011年のものはどれも、サイズを見た時点で諦めた!(笑)



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


「ミッフィースタイル」を突撃ー!~カラビナ付きストラップをゲット!~

「コピス吉祥寺」6階の「ミッフィースタイル」をまた突撃してきましたー!

↓んで、これをゲットしてきました!
カラビナ付きストラップです!
ミッフィーのカラビナ・パッケージ。
(※クリックで少し大きくなります。)
↑パッケージに入った状態です。

ミッフィーのカラビナ・中身。
(※クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)
↑中身です。
上のとは違う場所で撮った(=照明の種類が違う)ので、ちょっと色が違って見えるかも知れないですが、同じものです。
色はブルーです。

いいトシしてあんまりキャラグッズをジャラジャラさせているのはまずいと思うんですが、この程度ならOKだろう。

ぶっちゃけこれ、「ヨド○シカメラ」にもあったんですが、どうせなら「ミッフィースタイル」で買いたかったもので。

上のはだけのシルエットをかたどったものですが、全身のシルエットをかたどったものもあります。
↓こちらです。
miffyのシルエットがキュートなカラビナ携帯ストラップ(ミッフィー全身/ブルー)MF135BLmiffyのシルエットがキュートなカラビナ携帯ストラップ(ミッフィー全身/ブルー)MF135BL
()
株式会社 StrapyaNext

商品詳細を見る



「来年はうさぎ年だから、今はミッフィーグッズを売り込みやすいかな」と思っていたら、同じフロアの「カピバラさんキュルッとショップ」では、カピバラさんがうさぎの耳付きの帽子を被ったグッズがあった(笑)……そうか、帽子を被れさえすれば、何の動物でもいいのか(笑)。




「サラリーマンNEO」+派遣労働者→!?

今日(11月23日)は勤労感謝の日でした。

ここ数年、毎年恒例になっている「サラリーマンNEO」の一挙放送って、今年はやらなかったみたいだな……何でだろう。


ところで、数ヶ月前の放送の時、すんごく気になったことが一つ。

「飲み会で上司(男性)が言う『無礼講』というのは、どこまでが本当か、どこまで許されるのか」ということを見極めるため、若い社員(男性)が1人でいろいろやってみる

という内容の、「無礼講の境界線」というコントがあったのですが……。

そのコントの中で、部下たちのうちの1人(男性)が上司に、
この前入った派遣の○○ちゃんって可愛いですね
と言うと、上司が、
あの子の面接したの、俺なんだよ。でね、可愛いから、採用した
みたいなことを言い、部下たちは
それはお手柄でしたね
みたいな、褒めそやすようなことを言う……というシーンがあったですよ。

でもね……。



[続きを読む]

或るオタク女のスケジュール及びTo Doリスト。~2010・11・23作成~

「10日に1度くらいの頻度で更新」の自分ルールに従って(まあ外れたところで誰にも影響はないわけだが)、チェック済みのブツイベントテレビ番組等の一覧をアップします!

(もちろん、全部にお金を使うわけじゃないです(汗)、あくまで「興味があるもの」という基準です。)

今年末までのG1の予定も載せます!

あと、テレビ番組の、面白そうな内容やサブタイトルの回の放送予定も載せます!


【11月24日(水)
CD「TVアニメーション「戦国BASARA弐」戦国トラベルナビ~上田編~」発売
(↑ジャケットの絵も出ます!)
DVD「BLEACH ジャンプアニメツアー 2004&2005 [DVD]」発売
(↑ジャケットの絵も出ます!)
NHK-BSハイ「MAG・ネット」にて、「戦国ゲーム、武将ブーム」を特集(17:05~50の予定)←NEW!!
(↑この「MAG・ネット」って番組は、毎回なかなか面白いです!)
【11月26日(金)
劇場版BLEACH 地獄篇 2011年 1/10号 [雑誌]」発売←NEW!!
「戦国BASARA3台本全集」発売←NEW!!
【11月27日(土)
コミックス『よつばと!(10)(DC)』発売
(↑表紙の絵も出ます!)
テレビ東京にて、『BLEACH』特番を放送(13:53~14:23の予定)←NEW!!
【11月28日(日)
競馬「ジャパンカップ(G1)」at東京競馬場
【12月1日(水)
DVD「戦国BASARA弐 其の参 [DVD]」発売
(↑予約した! ジャケットの絵も出ます! 慶次です!)
CD「BLEACH BERRY BEST(DVD付)」発売
(↑ジャケットの絵も出ます!)
CD「劇場版BLEACH 地獄篇 Original Soundtrack」発売
CD「Save The One,Save The All(初回生産限定盤)(一護盤)」発売←NEW!!
CD「Save The One,Save The All(初回生産限定盤)(コクトー盤)」発売←NEW!!
(↑「一護盤」「コクトー盤」って何だ!(笑)この他に「通常盤」ってのもあるそうですが、何で3枚も出す!(笑))
【12月2日(木)
「NARUTO疾風伝」第409話「サスケの肉球大全」放送←NEW!!
(↑何だこのサブタイトルー!(笑))
【12月3日(金)
コミックス『BLEACH―ブリーチ― 48 (ジャンプコミックス)』発売
コミックス『銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)』発売
【12月4日(土)
「劇場版BLEACH 地獄篇」公開
(↑ゲストキャラを演じるのは中井和哉古谷徹
【12月5日(日)
競馬「ジャパンカップダート(G1)」at阪神競馬場
【12月6日(月)
劇場版 BLEACH 地獄篇 (JUMP j BOOKS)」発売
【12月12日(日)
競馬「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」at阪神競馬場
【12月15日(水)
DVD「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]」発売
(↑ジャケットの絵も出ます!)
CD「ブリコン~BLEACH CONCEPT COVERS~」発売
(↑「歴代主題歌の中から数曲選んで、出演声優がカバーする」という企画だそうで!)
【12月16日(木)
「NARUTO疾風伝」第411話「カカシ恋歌」放送←NEW!!
(↑何だこのサブタイトルー!(笑)すんげー妄想を掻き立てられる!(笑)「恋歌」の読みって「れんか」?「こいうた」?どっちにしても笑えるが!(とか書いておいて、すんごいシリアスな内容だったらどうしよう(汗))
【12月17日(金)
戦国BASARA3オフィシャルアンソロジーコミック(2)学園BASARA2(カプコン オフィシャルブックス)」発売←NEW!!
【12月19日(日)
競馬「朝日杯フューチリティステークス(G1)」at中山競馬場
【12月26日(日)
競馬「有馬記念(G1)」at中山競馬場
【2011年?月?日】
「劇場版戦国BASARA(仮称)」公開
【2011年1月?日】
テレビアニメ「べるぜバブ」放送開始
(↑出演は、小西克幸沢城みゆき伊藤静豊崎愛生関智一水島大宙杉田智和荻野晴朗高橋広樹高木渉その他。制作はぴえろ)
【2011年1月1日(土)
「NARUTO×ユニクロ」コラボTシャツ発売←NEW!!
【2011年1月3日(月)
「戦国BASARA5周年祭~武道館の宴~」開催←NEW!!
【2011年1月5日(水)
DVD「戦国BASARA弐 其の四 [DVD]」発売
(↑予約した! ジャケットの絵も出ます! 半兵衛です!)
【2011年1月12日(水)
CD「DJCD NARUTO RADIO 疾風迅雷 13」発売←NEW!!
【2011年1月26日(水)
CD「DJCD TVアニメ「戦国BASARA弐」【金剛】(こんごう) 第3巻」発売
(↑メインパーソナリティはいつもの森川森田。ゲストは、藤原啓治能登麻美子、その他だそうです……まあ「その他」の部分には、99%「中井和哉」が来るでしょうけど!(笑))
【2011年2月?日】
「戦国BASARA5周年記念本(仮称)」発売←NEW!!
【2011年2月2日(水)
DVD「戦国BASARA弐 其の五 [DVD]」発売
(↑予約した!)
CD「DJCD NARUTO RADIO 疾風迅雷 14」発売←NEW!!
【2011年3月2日(水)
DVD「戦国BASARA弐 其の六 [DVD]」発売
(↑予約した!)
【2011年4月6日(水)
DVD「戦国BASARA弐 其の七 [DVD]」発売
(↑予約した!)
【2011年11月16日(水)
舞台「ある馬の物語」初日(出演:小山力也
(↑「まだまだずーっと先のこと」だと思ってたんですが、1年を切りました!)


ここ数日で新情報が次々と入ってきたので、自分の頭の中の整理も兼ねてアップ!
あと、今回から、このブログに最初に載せた情報には、「←NEW!!」をつけることにしました!

それにしても、返す返すも、「NARUTO疾風伝」の「サスケの肉球大全」「カカシ恋歌」って、何なんだー!(笑)




手拭いコレクション。~「かまわぬ」の「玉うさぎ」~

今日(11月22日)は小雪(しょうせつ)&満月でした。

次の満月は12月21日で、これが今年最後の満月です。

なのでそろそろ、来年の干支ネタを載せていこう……ということで、手拭いネタです。

↓「かまわぬ」の手拭い「玉うさぎ」(新品)です。
かまわぬの手拭い・玉うさぎ。
(※クリックで少し大きくなります。)

他に、「まんじゅううさぎ」という柄の手拭いも、お店にはあったのですが……この「玉うさぎ」も充分、「まんじゅう」みたいだと思う(笑)……「もなか」かな?(笑)
あ、「うさぎサブレー」かな?(笑)

↓これは本物の「うさぎ饅頭」です(笑)。
うさぎ饅頭。
(※クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)


↓アマゾンで探してみたら、こんなものが!
うさぎクッキーうさぎクッキー
()
Senteurmurakami

商品詳細を見る

↑これは可愛いな!

OCS ラビットショコラOCS ラビットショコラ
()
オーガニックサイバーストア

商品詳細を見る

↑これはちょっと怖いな!(汗)

うさぎって、洋風のデザインだと顔だけを」「正面から描いたものが多いけど、和風のデザインだと体全体を」「上や横から描いたものが多いみたい……今気づいた。




DPからBWになって、約2ヶ月!

テレビアニメ「ポケモン」が、「ダイヤモンド&パール(DP)から「ベストウィッシュ(BW)に突入して、約2ヶ月が経ちました。
んで、ここ2ヶ月くらいの間に思ったことを断片的に。


オープニングについて:
とにかくピカチュウの動きが可愛い。あのオープニング好評みたいですね。ゲームのピカチュウってあんな感じなのかな?
モノクロの背景の中、ポケモンたちだけが彩色されているのも新鮮で良い
音楽の拍の刻みとピカチュウの動きがぴったり連動しているところ、昭和だったらできなかっただろうなあれ(笑)
そういえば、「人間が登場しないオープニング」って、初めて観たな。エンディングでは「人間が登場しない」ってこと、多いんですけどね


BWに入ってからの新メンバーについて:
アイリスを演じている悠木碧(ゆうき・あおい)って、1992年生まれの18歳だそうで!(驚)
そんで、1997年放送の、テレビドラマ「ストーカー・誘う女」に(当時は別の芸名で)出ていたそうで!
観てましたよあのドラマ!
そんでそんで、『BLEACH』を愛読しているそうで!
アニメにいずれ出られるといいですね!

で、キバゴを演じている津田美波(つだ・みなみ)は、1989年生まれの21歳だそうで!

そんで、デントを演じている宮野真守は、1983年生まれの27歳です。
宮野真守といえば「若いのに大活躍の声優」という印象だったんですけど、18歳と21歳がいたのでは、「すげー若い」って気はあんまりしなくなってきた(汗)。


タケシが年上の女性に言い寄ってグレッグルに攻撃されて引きずられていくお約束のシーンがなくなったのは、ちょっと寂しい気もまだするな(涙)。

ミジュマルの立ち位置は、DP時代のポッチャマっぽいですね。

んで、ツタージャの武器の「(植物の)つる」って、あれ要は触手(以下自粛)


ロケット団について:
ムサシコジロウの肌の露出度が減って、服の色も濃くなって、「やなかんじー!」と叫びながら一丸となって飛んでいくこともなくなって、難しそうな任務も増えて、若干シリアスでミステリアスな感じになりましたね。
でも、台詞を言うときの声が小さくて、そのたびに音量を上げないと聞き取れなくて、それがちょっと大変(笑)。


覚えてるエピソードについて:
このアニメって、テレビでも劇場版でも、「新しく登場したポケモンに食べ物が盗まれる」ってところから始まること、多いですね(笑)

・「ピカチュウの頭上にタライが落下してきて、ピカチュウ気絶って、ベタなんだけど大笑いしたー!(笑)何であんなところにあんな大きなタライが置いてあるんだよー!(笑)

あ、前のほうで、悠木碧は『BLEACH』の愛読者らしいと書いたけど、アニメ「BLEACH」の主役の森田成一って今38歳だから、悠木碧とは20歳離れてるわけか(汗)。「BLEACH」ってアニメも、すんごく幅広い年齢の声優が出るアニメになるかもな(汗)


↓アマゾンで検索してみたら、「ピカチュウのぬいぐるみ」でも、「DP」時代のものと「BW」時代のものが、ちゃんと分かれてるんですね!
ポケットモンスター ポケモンベストウイッシュぬいぐるみ ピカチュウ Nー01ポケットモンスター ポケモンベストウイッシュぬいぐるみ ピカチュウ Nー01
(2010/10/30)
タカラトミー

商品詳細を見る

↑でも率直に言って、「DP」時代とどこがどう違うのか、全然わからない(笑)。



テーマ:ポケモン - ジャンル:アニメ・コミック


クスリとリスク。(その18)~胃に優しいのはどれ?~

先日、頭痛薬を探しに、薬局へ行きまして。
で、「どれにしようか?」と棚の前で迷っていたら、登録販売者(通称「トーハン」)のカードを首に下げた女性が声をかけてくれたので、いい機会だと思って、
「アセチルサリチル酸アセトアミノフェンでは、どちらが胃に優しいんでしょうか?
と聞いてみました。

そうしたら、よく使われる鎮痛剤の中では、
アセトアミノフェン→イブプロフェン→アセチルサリチル酸(アスピリン)
の順に、胃には優しいんだそうです。

そうなのか!
アセトアミノフェンがいちばん優しいってことは知ってたけど、イブプロフェンとアセチルサリチル酸(アスピリン)とでは変わりはないのかと思ってた……違ったのか、ひええ(汗)。
薬学検定3級のテキストには載ってなかったと思うが。(私が忘れてるだけかも知れないが(爆)。)

↓んで、アセトアミノフェンがメインである「タイレノール」を買ってまいりました。
タイレノール。
↑そういえばこの「タイレノール」という名前の薬って、「ER 緊急救命室」にもときどき登場していた気がするな。

そのトーハンのお方の説明を聞いたら、この「タイレノール」は、「空腹時に飲んでもOK」「何なら水なしで飲んでもOK」というくらい、胃には優しいんだそうです……まあそうは言っても、できるだけ空腹時は避けて、水か白湯で飲んだほうがいいんでしょうけど。


あーそうだ、ちょっと前、「頭痛を抑える方法を見つけた」と書きましたけど……。
その方法とは、他愛のないことですが、「コーヒーを、1日2杯くらい飲む」ということ。

しかも、「味や香りを楽しむ」というよりは、「薬だと思って飲む」というイメージで飲んだほうが、効くような気がします。
(コーヒー豆さんごめんなさいとも少し思うが(汗)。)

あ、それから、缶コーヒーやレギュラーコーヒーより、自分で豆(粉?)の量を調整できるインスタントコーヒーのほうが、これも「効くような気が」します。
そのほうが、「自分でコーヒーの量を把握している、コントロールしている」と思えるから……なのかな?


コーヒーといえば、もうそろそろホットコーヒーの季節だと思うので、これ↓の出番です!
BRUGO mug ブルーゴマグ [ミッドナイト]BRUGO mug ブルーゴマグ [ミッドナイト]
()
BRUGO

商品詳細を見る

↑淹れ立ての熱いコーヒーを、ひと口ずつ、程よい温度に冷まして飲めるタンブラーです。
(最近知ったんですが、「マグカップ」ってのは和製英語だそうで、英語では「mug」だけでいいんですってね(汗)。)


↓この本も、引き続き推薦中!
頭痛女子のトリセツ頭痛女子のトリセツ
(2010/06/24)
清水 俊彦

商品詳細を見る





WJ45号『NARUTO』第512話「ゼツの真実!!」の感想。

(※WJ47号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

ヤマトが「後遺症」とか「筋繊維が断絶」とかとか、医療用語っぽい言葉を口にしているとワクワクする……アニメでは、これを小山力也(asダグ・ロス@ER)が言うんだよな、と思うと(笑)

あー、ガイ及びガイファンの皆さんにおかれましては「ワクワクする」どころじゃないですよね、すみません(汗)

鬼鮫の水牢が消えた後も、そこで泳いでいた鮫は実体として残るんですね! そこにびっくりした!

カブトって、「アイデンティティ・クライシスに苦しむ若者じゃなかったのかい……いつの間にマッドサイエンティストになったんだ(汗)。いや、マッドサイエンティストになることこそが、ボクの道と思い定めた、ってことなのか?(汗)

それにしても岸本センセイ、『細胞』とか『実験体』とかの用語を出せば何となくサマになるとかそういう用語を核としておけば、1人のキャラが成立し得るみたいに思ってるんだとしたら、悪い意味で文系人間じゃないか?(汗)いや私も文系だから、何となーく丸め込まれるというか乗せられるというか、そんな気分にはなりかけてるんだけど(汗)

今の五影会談は、コミックス第49巻あたりの、紛糾しまくってた五影会談の時とは打って変わって、中身ある話し合いができているようで、あー良かった

あー、ここの里長たちは、しきりに「敵」「敵」言ってますけど……敵は、マダラをトップとする集団だくらいのことはわかっているとはいえ、その他のことって、何にもわかってないはずですよね……ましてや「ゼツが10万体いる」なんてことは……。「敵もまず偵察隊で少数」とか「人海戦術」とか、何だか「敵は大軍」ってことをもうわかってるような言い方がされてるけど

あー、あの「10万体のゼツ」の絵は、「アシさんたちが瀕死になる」という意味では、いつぞやの、ナルトの多重影分身の時以来でしょうか(笑)

この週のサブタイトルは「ゼツの真実!!」ですけど……同じ「真実」でも、「イタチの真実」の時とは、えらく印象が違ったな(汗)


んで、ナルトのいる島への増援には、土影が行くことになった、と……。
で、「カブト、穢土転生で蘇らさせたデイダラ(※土の国出身)とぶつけられることになるんだろうなあ。

私はぶっちゃけデイダラってそれほど好きなキャラじゃなかったので(汗)、キャー、デイダラだー!とかワクワクとかはあんまりしないんだけど(汗)……(だから、そろそろアニメにデイダラが初登場するという頃に、「デイダラ 声優」での検索がものすごく増えたのにはびっくりしたんですよ(汗))。

でも、デイダラがお好きな方は「キャー」とか「ワクワク」とかいう状態なんだろうか……でも、「穢土転生で蘇らさせたデイダラ」でっせ?(汗)

あーそうそう、土影が「ワシが行く!!」と言い切った後も、我愛羅がオレが行ったほうがいいのでは?みたいなことを2回も言っていたのが、ちょっと微笑ましかった!(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
今週の遡及コーナー。
1年前(2009年)のWJ45号でのサブタイトルは「密室の大攻防戦!!」でした。
水影がサスケに「とろけるようなキスをしてあげる」と言って溶遁を食らわせ、サスケは“須佐能乎”で防御しつつ、「体中の細胞が痛む…これが“須佐能乎”のリスクか…。長時間使い続けるとこうなるとはな…。まだ完全体にすらできていないのにこの痛み…イタチはどれほどの……」とモノローグで言い、水影が沸遁でとどめを刺しかけたところで、ゼツが、水影に胞子として取り付いてチャクラを吸い取って、そのチャクラをサスケに与えて回復させ(=正確には「ゼツが雷影にやられる前に仕掛けておいた時限式の術」が発動してそうなった)、次は土影が、塵遁でサスケを「体ごと分子に近いレベルでバラバラにした」つもりでいたが、マダラがサスケを肩に担いだ状態で現れて、“月の眼計画”を口にしたところで終わった回です……あ、ゼツの胞子の術に取り付かれてたのは、鉄の国の侍たちとか、土影とか、赤ツチとかも、だった。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO 巻ノ50 (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ50 (ジャンプコミックス)
(2010/03/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


2年前(2008年)のWJ45号でのサブタイトルは「襲来!!」でした。
ペインたちと小南がついに里の中に侵入し、一方“暁”側では、サスケたちの捕獲してきたキラービーの体がタコ足だったことが判明し、読者には、キラービーは無事だったことが明かされた回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO 巻ノ45 (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ45 (ジャンプコミックス)
(2009/02/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


3年前(2007年)のWJ45号でのサブタイトルは「師弟時代…!!」でした。
回想シーンから始まり、自来也が長門、弥彦、小南に忍術を教えてやることに決め、その後、雨の降る夜、長門が、岩隠れの忍を殺してしまったショックが静まらないまま、自来也に「ボクはただ2人を守りたい。どんなに痛みが伴うことがあったとしても」と言い、3年ののち、「これからはお前だけでやっていけ」「長門…お前たちは成長した。そうだろ?」という言葉を残して去り、時制が今に戻って、ペイン2号が自来也の前に姿を現した回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO 巻ノ41 (41) (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ41 (41) (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


4年前(2006年)のWJ45号でのサブタイトルは「望んだ痛み…!」でした。
角都が、アスマに一旦切られた飛段の首を、胴体にくっつけ直してやった回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO (巻ノ36) (ジャンプ・コミックス)NARUTO (巻ノ36) (ジャンプ・コミックス)
(2006/12/27)
岸本 斉史

商品詳細を見る


5年前(2005年)のWJ45号でのサブタイトルは「不思議な力…!!」でした。
チヨバアが我愛羅に転生忍術を施し終え、蘇生した我愛羅の周りに、大勢の砂忍が集まっていた回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO (巻ノ31) (ジャンプ・コミックス)NARUTO (巻ノ31) (ジャンプ・コミックス)
(2005/12/26)
岸本 斉史

商品詳細を見る


考えてみたらチヨバアって、他里のナルトとサクラには、あれだけ思い入れたっぷりの「遺言」みたいな言葉を残したけど、自分の里の若手であるテマリやカンクロウには何にも言ってなかったんだな……良かったのかなそれで(汗)。



テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻発売まで、あと1週間!

数日前、『よつばと!』第10巻発売についての記事を書いたのですが……。
なぜか、第9巻の記事にばかりアクセスが集中しているようで、不安になってきた……(汗)。

なので、念のため、もう1回宣伝します!
あと1週間で発売になるのは、第10巻です!
↓これです!
よつばと!(10)(DC)よつばと!(10)(DC)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


↓ついでに、去年の同日に発売になった第9巻もチェックしてみたのですが……。
よつばと!  9 (電撃コミックス)よつばと! 9 (電撃コミックス)
(2009/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

↑今見てみると、この第9巻の表紙って、これから発売になる第10巻の表紙と似てますね(汗)。
道が手前から奥に伸びていて、その途中によつばが立っていて、よつばの影が道に落ちているというあたり、同じだ(汗)。
本屋さんはどうか、お客さんが間違った巻を買わないように、商品のレイアウトに注意してあげてください(汗)。



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


WJ43号『NARUTO』第511話「帰ってこよう」の感想。

(※WJ45号まで読んだ状態で、この記事を書いています。)

一瞬、「え、まだこのシーン?」と思っちゃったけど(汗)……それは、前の号が長門の顔のアップ」「マダラの台詞で終わってたからだな。小南のモノローグか何かで締めておけば、この週のこの「え、まだ?」感ってなかったと思うんだけど(汗)

・「何で4人とも蛙の着ぐるみ着てるんだ……ということはおくとして(汗)

私は数ヶ月前、自来也の偉大さを強調するようなエピソードは、もう今後は描かないでね岸本センセイ(汗)みたいなことを書いてましたが……そういう「自来也は偉大だった」系のエピソードも、ナルトについてじゃなく、「弥彦、長門、小南」についてのエピソードなら何とか受け入れられそうだ、ということがわかりました

小南のアイラインは、化粧じゃなくて天然のものだったんですかね。日本人でもたまに、天然のアイメイクをしたような人っていますけど

マダラの後頭部から伸びている鉢巻らしい物体は、どこに巻いて締めた結果、あの位置から伸びてるんだ……面を変えたことより、そっちが気になって仕方がないんだが(笑)


それにしても、「弥彦は、操られた死体」「長門は、無理な術を使ったせいで、かなり早い段階から変わり果てた姿だったのに比べると、小南だけは一応、年相応の外見だったんですね……(体が紙になってしまう術なんかを使ったとはいえ)。
もっと若い頃の「弥彦、長門、小南」を見ると、あー、やっぱり小南も幼い顔してるなーと思いましたし。
この3人は、普通に生きていれば、最終的には(って言い方もおかしいかも知れないが)40代前半くらいのはずなんですが、小南の外見も、そうと言われれば別に不自然ではなかったですもんね。

それにしても、「弥彦、長門、小南」のこの退場の仕方って、この3人の最後の1人が息絶えた時、3人の亡骸は、別々のところに打ち捨てられていたってことですよね……マダラの非情さを表すにはそれでOKなのかも知れないけど……このまま最後までほっとかれるのかこの3人の亡骸は(涙)。


そして、「弥彦、長門、小南」のうち、いちばん「無念のうちに死を迎えた」のって、小南なんじゃないか?ということを、ちょっと思いました。
弥彦は、「仲間のため」と信じて、まるで進んで自害するようにして死んだし、長門はナルトに希望を託して、これも自分が死ぬのを承知で木ノ葉を甦らせたし……。
でも小南は、死の間際、長門の亡骸の在り処を吐かされたという意味では、「マダラに利用された挙句殺された」って解釈になっちゃうだろうし……。

少年漫画って、何だかんだで女性キャラには「命だけは助けてやる」的なストーリーになることが多いですけど、この漫画も、たまには本当にシビアになるなあ、とも、思いました……まあ小南は、主人公から見れば「敵だった存在」だし、マダラは「今のバリバリの敵」だし、ってことは、主人公にとって、「もと敵VS今の敵」だから、成り立ったストーリーなのかも知れないけど。

++++++++++++++++++++++++++++++
今週の遡及コーナー。(次のWJ44号では休載なので、2週分載せます。)
1年前(2009年)のWJ43号でのサブタイトルは「闇の力…!!」でした。
「サスケVS雷影」の場に“砂の三姉弟”が現れ、テマリとカンクロウが、“天照”の炎から「鉄の国」の侍を救出し、雷影が、“天照”の炎が絡みついた左腕を自ら切断し、我愛羅の説得に対してサスケは「オレはとっくに眼を閉じた。オレの目的は闇の中にしかない」と答え、我愛羅は、サスケのその答えを聞いて涙を一筋流し、そして「ダルイ、テマリ、カンクロウ、我愛羅」の一斉攻撃を、サスケが“須佐能乎”で防御した回です。
(掲載巻はこれ↓。この巻の最初に載ってます。
NARUTO 巻ノ50 (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ50 (ジャンプコミックス)
(2010/03/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


1年前(2009年)のWJ44号でのサブタイトルは「会談場襲撃!」でした。
サスケが、柱を壊して建物を崩壊させ、我愛羅や雷影たちを足止めし、香燐に(ダンゾウのところへ)早く案内しろ!」と命令し、五影が揃っている会場に、いよいよサスケ(&香燐)が登場(ってか乱入)し、ダンゾウが逃げ出し、それを水の国のアオが追い、サスケと香燐も追おうとしたところで水影に足止めされた回です。
(掲載巻は上と同じ。)

2年前(2008年)のWJ43号でのサブタイトルは「雷影、動く!!」でした。
いろいろ細かいことはありましたが、とりあえず「サムイ、オモイ、カルイが登場した」回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO 巻ノ45 (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ45 (ジャンプコミックス)
(2009/02/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


2年前(2008年)のWJ44号でのサブタイトルは「仙人ナルト!!」でした。
ナルトは妙木山で仙人モードに成功し(読者たちの中からは「早すぎる」の声が多数ありき(汗))、一方、木ノ葉の里では、「サクラ、シカマル、シホ」は暗号解読中、いのいちは雨隠れの里のスカーフェイス忍者(『者の書』にて「ユウダチ(27歳)」と判明)の頭の中を読み取り中、シズネはペイン畜生道の死体から抜き取った黒い物体を分析中の中、ペイン6体と小南が里のすぐ外まで迫り、ペイン天道が「ここより世界に痛みを」と言ったところで終わった回です。
(掲載巻は上と同じ。)

3年前(2007年)のWJ43号でのサブタイトルは「旧知…!!」でした。
サスケが、森の中で出くわしたナルト(の影分身)にいきなり千鳥をお見舞いし、「ナルトか…うっとうしい奴だ」と吐き捨てるように言い、千鳥を食らったことによりナルト(の本体)がサスケの居場所を察知し、一方、雨隠れの里では、自来也が「クラブフロッグ」を本物の蛙に変えて、帰ったらイビキの所へ行けと言って木ノ葉へ送り、小南がその様子をペインに知らせ、ペイン2号がその姿を(読者に対して)現した回です。
マダラが「いい流れだ。あとは…次の脱皮で蛇のままか、それとも鷹に変わるか。見モノだ…サスケ」と独り言を言っていた回でもあります。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO 巻ノ41 (41) (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ41 (41) (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る


後になって、サスケは何で出会い頭にナルトに千鳥をお見舞いするなんてことしたんだろうと思ったんですが、あれは影分身の経験や感じた感覚は、オリジナルに蓄積されるという新ルールにより、ナルトがサスケの居場所を察知したって展開を導くためだったんですね。
いくらサスケがナルトを「うっとうしい奴だ」と思っていたとしても、「顔見るなり千鳥」はやり過ぎだろうと思ったんですが、あれはサスケの感情の表れというよりは、ストーリーの都合だったんだな。

でも、そうだとすると、イタチに「出て来い…うずまきナルト」と言われていたナルトもあれ、影分身ナルトか?
サスケの千鳥を食らうと「ボン」と消える影分身も、イタチの「相手の口にカラスをズボッ」では消えないのか……消えるか消えないかの基準がよくわからないな。
あー、もしかしたら、「相手の口にカラスをズボッ」は「攻撃」ではなく、むしろ「相手に力を与えた」ってことだから、影分身も消えない、とか何とか、そういうことなのかな?

3年前(2007年)のWJ44号でのサブタイトルは「泣いている国!!」でした。
自来也が小南と対面し、かつて雨隠れの里にて、“三忍”の1人として、弥彦、長門、小南と初めて出会った時のこと(長門に輪廻眼が現れたエピソード含む)を回想している回です。
(掲載巻は上と同じ。)

4年前(2006年)のWJ43号でのサブタイトルは「シカマルの分析!!」でした。
飛段が自分の体に加えた攻撃は、アスマへの攻撃として作用するということにアスマ班が気づき、シカマルが“影首縛り”で飛段の動きを止め、自分は術をかけつつ、飛段の術を破る策に気づいた回です。
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO (巻ノ36) (ジャンプ・コミックス)NARUTO (巻ノ36) (ジャンプ・コミックス)
(2006/12/27)
岸本 斉史

商品詳細を見る


4年前(2006年)のWJ44号でのサブタイトルは「後は無い…!」でした。
シカマルが飛段を、地面に描かれた儀式のための図の中から引きずり出し、飛段の術から解かれたアスマが飛段の首を刎ねるも、その首がまだ喋り続け、アスマ班が呆然となった回です。
(掲載巻は上と同じ。)

5年前(2005年)のWJ43号でのサブタイトルは「究極の芸術!!」でした。
本体のナルトが影分身して、怒りに任せてデイダラをボコボコに殴り、とどめに螺旋丸を食らわせようとするも変わり身の術で逃げられ、ナルトに九尾の尾が現れかけ、カカシが封印の札をナルトの額に貼ってそれ以上の尾獣化を止め、ガイ班のトラップが崩れ、サクラとチヨバアがナルトとカカシに追いつき、ガイ班がデイダラを発見し、追い詰められたデイダラが自分で粘土を口に含んで自爆した(ように見せかけた)回です。(ふー、盛りだくさんだったなこの回。)
(掲載巻はこれ↓。)
NARUTO (巻ノ31) (ジャンプ・コミックス)NARUTO (巻ノ31) (ジャンプ・コミックス)
(2005/12/26)
岸本 斉史

商品詳細を見る


NARUTO秘伝・者の書―キャラクターオフィシャルデータBOOK (ジャンプコミックス)』によれば、ガイ班が捕まっていたトラップ4体は、“鏡面襲者(きょうめんしゅうしゃ)の術”という、ペインの術だそうですね。
ガイ班って“象転の術”で鬼鮫(の偽者(『者の書』にて「ムカデ(28歳)」と判明))とも戦ったし、意外にも、ペインとの接点って、かなり早くからあったんですね。
ちょっとした発見でした。

5年前(2005年)のWJ44号でのサブタイトルは「我愛羅の死」でした。
カカシがデイダラを爆発ごと別の空間へ飛ばし、我愛羅の死を知ったナルトがチヨバアに食ってかかり、チヨバアが転生忍術に取りかかった回です。
(掲載巻は上と同じ。)



テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック


WJ50号『BLEACH』第426話「The Starter 2」の感想。

サブタイトルの和訳は……最初、「初心者」とか「新米」とかかと思ってたんですけど、だったら「The Starters 2」と、複数形になりそうですよね、今週の内容からして……じゃあ、「始動 2」あたりかな? 「starter」には「内燃機関の始動装置」って意味があるそうですが、意味的にはこれなんかいいな! ちょっと長いから「始動」としてしまうけど

「小不田さん」とやらは、「ターゲットはオレンジ色の髪」ってことを、先週の時点で思い出せ(笑)

雨竜が一護に言った「さっき僕も関係者になったんだ!」って台詞オカシイ(笑)

敵をたたみながらの一護と雨竜の会話が、あんまり説明がましくなく、雨竜の近況報告になっている、すごい(笑)。あと、ここの2人が、ヤミーをほったらかしにして内輪もめを始める白哉と剣八に似てた(笑)……だんだん年長組に似てきてるのかこの2人も(笑)

それにしても、本人たちは大真面目なのに、ハタから見ると笑えるって、一護はそういう会話パターンが多いのか?(笑)

一護が「イクミさん」にテープでぐるぐる巻きにされてますけど、2年半くらい前、『NARUTO』ではサスケ(声:雨竜と同じ(杉山紀彰))が、マダラに縄でぐるぐる巻きにされてたな(笑)

私は先週の感想で、
<店長が名乗ってる「何でも屋」って何だ(笑)。電話の相手、銀さんじゃないだろうな(笑)>
と書いてたんですけど、これ、けっこういい線いってなかったか?(笑)あ、電話の相手が女性だったってのは予想外だったけど

あー、予想外といえば、馨って、男の子? 女の子? 「かおる」という読みの名前って、「男女両方に使える」って名前の代表格だからな……まあ育美の咄嗟のデレっぷりからして、男の子だと思うけど

それにしても、この漫画で「母親キャラ」がここまで前面に出るって、珍しいんじゃ……真咲とは全然違うタイプであるらしいにしても

一護は何で短パン姿なんだと思ったら、サッカーの練習を抜け出してきたんでしたね(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
(『BLEACH』の最新刊(10月4日発売)はこちら→『BLEACH―ブリーチ― 47 (ジャンプコミックス)』)
4年ぶりのキャラブックも発売された→『MASKED BLEACH―ブリーチ― OFFICIAL CHARACTER BOOK 2 (ジャンプコミックス)』)
2011年のカレンダー(原作版)はこちら→「BLEACH コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)」)

(『BLEACH』の次の巻(12月3日発売予定)はこちら→『BLEACH―ブリーチ― 48 (ジャンプコミックス)
※まだ表紙の絵はわかりません)

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「BLEACHベツバラ」第7話「ぬいぐるみからコンにちは」の感想:

ルキアに「電池のスペア買っとけよ!」と言う一護の言い分は正しい(笑)。ちなみに現実でも、しょっちゅうケータイの電池が切れる切れるとかデジカメの電池が切れる切れるとか言って騒ぐ人って、だいたい決まってるんだよなあ(笑)

その辺にテキトーな死体が落ちてないか探し回る一護がオカシイ(笑)

このアニメ(ってか漫画)、「眠っていた一護が目覚める」ってシーン、集中するときはするんですね(笑)

一護は改造魂魄に「コン」と名づけてましたけど……けっこう前から気になってたんですが、この名前、フランスでは何て名前になってるんだろう(汗)、当然そのままでは、放送&出版は無理のはずなんだが(笑)

・「一護は家族に、ルキアの姿を隠し通せるかってことより、ルキアはあんな大声で喋っていて、その声が聞こえないのかってことのほうが気になる(笑)

・「深夜に、年頃(の外見)少年少女が、パジャマ姿で、同じ部屋にいるってシチュエーションは、アプローチによっては「ドキドキラブコメ」にもなり得るはずなのに、なあ(笑)

劇場版のCMの新しいバージョンが流れ始めてますが、中井和哉の声で「地獄で虚(ホロウ)化だけはするな!」とか言われると、ペローナ(@ONE PIECE)が「ホロホロホロー」と言いながら飛んできそうで、一瞬緊張感が殺がれるんですが(笑)


あ、その中井和哉、劇場版の宣伝に出てましたね。
んで思ったんですけど……コクトーって、隻眼!?
顔の大半が布で覆われてるから、今まで気づかなかったけど、右目を覆ってる黒っぽい布は、ずっとそのままでしたよね?
まあ、絵も部分的にしか公開されてないから、まだわかりませんけど……あと、鼻や口を覆ってる布を外すと、けっこう若いキャラみたいですね。

++++++++++++++++++++++++++++++
アニメ「BLEACH」第297話「伸びる刃!?一護VSギン」の感想:

また画面真っ黒だった……音声だけは録れてたけど……。orz
いちばん近い再放送の日を待ちます。

【2010年11月27日追記:

どの番組でも、「速水奨の役は、一旦喋り始めると止まらないってのは、お約束なんでしょうか(笑)

その藍染が「なぜなら」と言うたび、『NARUTO』のシノをちょっとだけ思い出した(笑)

ギンの先行きをわかった目で観れば、ギンはここではまだ、一護を殺す生かしておくか、見極めようとしてる段階なんですよね(多分)。ギンは一護のことを、「おもろい」とか「気味の悪い」とか「怖い」とか、いろいろ言ってるけど、あれって一護を褒めてるか褒めてないかってことより、ひたすら一護にすんげー関心があるってことの表れなんでしょうね(多分)

急に思い出したんですけど、日本の政治家の顔写真を50人分とか100人分とか集めて合成し、「日本の政治家の平均的な顔」を作ると、必ず「目の細い顔」になるそうだ。それは、目の細い人間が政治家になりやすいってことではなく、政治家は、感情を読まれないようにするため、普段から、わざと目を閉じ気味にした表情を作っているかららしい

それを思うと、ギンも、感情を読まれないようにするためにしてきたことって、数限りなくあるでしょうし……だとしたら、ギンがあの表情になるのも、まあ無理もない

++++++++++++++++++++++++++++++
2011年のカレンダー(アニメ版(A))はこちら→「BLEACH(A) 2011年 カレンダー」)
2011年のカレンダー(アニメ版(B))はこちら→「BLEACH(B) 2011年 カレンダー」)



テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック


アニメイトに行くとだいたい散財する(爆)。~特典ポスターをちょっと遅れてGot it!~

先日「アニメイト」に行ったら、
<CD「戦国BASARA ANIME BEST」とCD「戦国BASARA GAME BEST」の特典としてお渡しするべきポスターの入荷が遅れて、ご迷惑をおかけしております>
みたいな貼り紙がされてまして。

「あー、特典としてポスターがついてる店舗があったらしいけど、ここも本当はそうだったのか」と思ったら、
<既にCDをお買い上げのお客様は、レシートをご提示くだされば、お渡しします>
とのことだったので、財布の中にあったレシートを提示して、そのポスターをもらってきました。
(こんなことを書くと、どこの店舗で買ったかバレそうだけど(汗)、別にそれは構わない。)

で、アニメ版とゲーム版をセットで買ったら、1枚もらえるってものなのかと思っていたら、アニメ版とゲーム版、それぞれ1枚」でした!
大きさは2枚とも同じ。

丸めた状態で見れば、ナルトが口に咥えていてもおかしくないような、コンパクトな長さなんですけど……(つまり、短い辺のほうは、22cmくらい)。
帰ってから広げてみたら、横幅は70cmを超えるような長さだった(汗)。
「ポスター」ってより、ほんとに「巻物」だよこれ(汗)。

↓んで、家にあるポスターも、これだけ増えました(汗)。
ポスターいっぱい。
↑これの収納、どうしよう(汗)……よく、設計やデザインの仕事をしているお方が、図面を丸めて入れて肩にかけてる筒状のブツがあるけど、あれを1個くらい買ってこようか……。


CD「戦国BASARA ANIME BEST」とCD「戦国BASARA GAME BEST」のうち、アニメで初めてBASARAに触れ、ゲームのほうは未だに知らないという(私のような)人には、こっちのゲーム版↓のほうを特にお勧め!
戦国BASARA GAME BEST(DVD付)戦国BASARA GAME BEST(DVD付)
(2010/11/03)
ゲーム・ミュージックT.M.Revolution

商品詳細を見る

↑5年の間に、BASARAのどういうところが変わってどういうところが変わっていないのかがわかって(わかるような気がして)、面白いです。

あ、この記事、いつものように「アニメイトに行くとだいたい散財する」というタイトルにしたけど、この日は一銭も使ってなかった……ポスターをタダでもらってきただけだった!(笑)



テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック


2010年・ディスカバー・クリスマス!~豆こけしのサンタとトナカイ~

先日、いつもは手拭いを買う「かまわぬ」で、これ↓を買いました!
かまわぬの豆こけし・サンタとトナカイ。
(※クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)
「豆こけし・サンタ」と、「豆こけし・トナカイ」です!

トナカイの首の下には、よく見ると、鈴の模様が入ってます。

でも、サンタのほうはともかく、トナカイのほうは、「これはトナカイですよ」と言われないと、絶対それとはわからない気がするんですが……尾田栄一郎センセイはよくこの動物をモデルにしてキャラを作ったもんだ。
(あ、チョッパーは、モデルがトナカイ」「この豆こけしも、モデルがトナカイなのであって、この豆こけしが、チョッパーのモデルではないわけだけど。)

ついでに、「こけし」というものについて、Wikiでちょっと調べてみたら、
<こけしとは、江戸時代末期(化政文化期)頃から、東北地方の温泉地において湯治客に土産物として売られるようになった轆轤(ろくろ)引きの木製の人形玩具>
なんだそうだ。

<東北地方の温泉地>って、まさに私の出身地……いや、バスで数時間程度、離れてはいるけど。

そういえば子供の頃から、周り(人の家の中とか、お店の中とか)を見るたび、こけしって、いかにも『地方の土産物』って感じはするけど、それにしても、どこに行っても何でこんなに多いんだこれとよく思ってはいた。
でも、発祥の地だったのなら、それ(どこに行っても多い)も道理だったんだきっと。
幾星霜を経て、今わかった、まさに、ディスカバー・クリスマス。(←あんまりうまくない)




WJ50号の感想。(その3)~巻末コメントへ、勝手にレス~

以下、巻末コメントへ、勝手にレス。

尾田栄一郎センセイ:
尾田センセイってよく芸能人に会ってきた系のコメントを書いてるなあ……やっぱり芸能界には、「ワンピ大好き」って人が多いんだなあ。

空知英秋センセイ:
注文方法がオシャレ過ぎてわけわからないお店って、ここ10年くらいで増えてますよね……スタバあたりがハシリでしょうか。

小畑健センセイ:
ここのところしつこく書いてますけど、男性の言うところの「ダイエット」って、たいてい「リバウンド前提の、ヨーヨーダイエット」のことなんですよね(汗)。
ダイエットに終わりはない」「『ダイエット成功』とは、成功した状態をずーっとキープしている間だけ言えってことは身にしみてわかってるんですけど、男性はいつまでもそのあたりをわかってくれないみたい……(汗)。

榊健滋センセイ:
壁を背にした位置に机と椅子を配置すればよいのでは?(そういう問題じゃないのか(笑))

藤巻忠俊センセイ:
藤巻センセイもダイエットネタかい(汗)。

藍本松センセイ:
自宅以外に仕事場があると、ヤクルトのおばさんを含め、いろんな人が営業に来てくれるからいいですよね……私も「自分の」仕事場が欲しい……。

井坂さん:
心の傷は見えないから、残っていても周りにはわからないけど、外傷は、癒えたのが見えればそれは「癒えた」認定されやすいから、いいんじゃないですか(笑)。
――あ、私が前にいた職場で、上司のオッサンたちから冷遇され続けたのって……(汗)。



テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。