こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




細かいこと・だ○たひかる風。

前から思ってた細かいことを、まとめて。



「冷たい飲み物にも、さっと溶けます」と銘打たれている粉末飲料も、たいてい溶け残る。

店員さんに「厚手なので透けません、1枚で着られますよ」と言われた服も、たいてい透ける。

「とろけるチーズ」と銘打たれていないチーズも、必死で加熱するとたいていとろける。

「トイレに流せます」と銘打たれているウェットシートも、量を考えないとたいてい詰まる。

駅のエレベーター内の「こちら側のドアが開きます」というアナウンスは、どっちから聞こえているのか、たいていわからない。



スポンサーサイト

ショートコント:もし、タカアンドトシがパワハラ上司のもとについたら。

パワハラ上司「バカヤロー! さっさとしろ! お前ら下っ端は言われた通りにすりゃいいんだ! 口答えするな! 嫌なら辞めちまえ!」
タカアンドトシ「横暴か!」



いや、私の今の職場には、決してそんなパワハラ上司は……ゲホゲホ。




悲しいとき―(その19)

分厚い漫画雑誌の中のお気に入りの作品だけ立ち読みしようとして、目次で掲載ページを確認したのに、大半のページが断ち切り処理されていて、めくってもめくってもノンブルが出てこないとき―。(←買えっての


別アレンジ:めくってもめくっても断ち切り処理 (種田山頭火(←嘘です))




悲しいとき―(その18)

「ユ○クロ」で、店員さんに「以前こちらでこれこれこういうものを買ったんですが、今ありますか?」と聞いたら、「それは秋・冬物としてしかお取り扱いしていないんです」と言われたときー。



でも、冷房がガンガン効いている夏こそ、八部袖や長袖って必要だと思うんですけどね……これからは「ユ○クロ」に限らず、買い物をするときは、「これは今の季節以外でも売られているか」ってことに注意するようにします。
年じゅう使えそうなものだったら、多めに買っておきたいですしね。
(あ、そろそろ「秋物」は置かれてるかもな。近いうち見に行こう。)




悲しいとき―(その17)

職場で、郵便局でのいろんなサービスや手続きについて情報を出し合っていたら、「局留め」や「定額小為替」に関して詳しく知っているのが自分だけだったときー。
更に、「何でそんな専門的なことに、そんなに詳しいの?」と聞かれたときー。



定額小為替についてって、知識から実務(笑)まで詳しい人と、知識すら全然ない人とで、真っ二つに分かれますね。
(私の周辺だけの現象なのかな?)
しかも、外見で「この人は詳しそう」とか「この人は知らなさそう」とかが判断できないのが、面白いところです。




ショートコント:天気予報。

気象予報士「天気は、北と南と東と西から崩れてきそうです」
視聴者「全方向かよ!」


今日(5月24日)は上弦の月でした。
今日はよく晴れた真夏日で、日没後は月も見えたのですが、明日の天気予報を見ていたら、こんなネタが浮かんでしまいました……。




悲しいとき―(その16)

ブレスレットだと思って買ったものが、実はアンクレットだったとわかったときー。


これのどこが「悲しい」のか、おわかりいただけますよね?
でも、店員さんも、ブレスレットのケースに並べていたぞ……。

「足のむくみ」といえば脹脛(ふくらはぎ)がすぐに連想されますが、骨っぽいイメージのある足首も、時間帯や健康状態によって、結構サイズが変わります。
「今は細いぞ!」というタイミングがあったら、ブレスレットをアンクレットとして使ってみるのも、気分が変わって楽しいかも知れません。
ただし、「割れたり欠けたりする危険性の低い素材のもの」「大きいチャームや尖った形のチャームの付いていないもの」に限りますが。

以前私は、普通に歩いているつもりなのに、なぜか自分の靴のかかとで反対側の足の内側のくるぶしを蹴ってしまうことがよくありました。
結構、痛かった。
どれだけドン臭かったんだ私。




悲しいとき―(その15)

自分の部屋でダーツの練習をしていて、いいところに命中したのに、そのダーツを、その直後に投げたダーツで思いっ切り叩き落してしまったときー。(安物使ってるからだろそりゃ)




悲しいとき―(その14)

張り切って「洋風おでん」を初めて作ってみたら、結局「ポトフ」とどこがどう違うのかわからないものが出来上がったときー。



あ、それとも、もともと「ポトフ=洋風おでん」という認識で良かったのでしょうか?

日本で「おでんくん」というアニメがあるんだから、フランスでは「ポトフちゃん」っていうアニメを作ればいいのにな。
そのときは、原題は「マドモアゼル・ポトフ」にすれば可愛いと思う。

「ポトフ」って「ポット・オブ・ファイヤー」って意味らしいですね。
言われてみれば、音が似ていますね。
「ポット・オブ・ファイヤー」を何回も言っているうちに、「ポトフ」になってくる……かも知れません。(私はならなかったが。)




悲しいとき―(その13)

ツカミのつもりでふった話題に、相手が異様に熱心に食いついてきて、なかなか本題に入れないときー。

相手のその食いつきに調子を合わせているうちに、何が本題だったのか自分でも忘れてしまったときー。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。