こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




4月からの朝は、西田&宇多田!

今日は大寒(たいかん)でした。

さて、今年4月からの朝ドラ「とと姉ちゃん」の脚本担当が西田征史氏、ということはずいぶん前に発表されてましたが。

主題歌を歌うのが、宇多田ヒカルだそうで!
「朝ドラのオープニングの曲は、歌詞付きの曲」ってのが、ここ数年、もう当たり前みたいになってますけど、これ、いつ頃からの傾向なんでしょうね。

何にしても、楽しみです。

欲を言うなら、「TIGER&BUNNY」のほうで何か新しい動きがあればありがたい(って、朝ドラ全然関係ない(汗)……でも、西田さんの名前を聞いたらつい期待してしまうのはしょうがないと思う(汗))。



スポンサーサイト

テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


虎とうさぎとアルパカと?(笑)

先日「アマゾン」の商品を見ていたら、こんなものが!(笑)

TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ 鏑木・T・虎徹 12インチ(約30cm) 並行輸入品TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ 鏑木・T・虎徹 12インチ(約30cm) 並行輸入品
()
YES ANIME,INC.

商品詳細を見る


TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ バーナビー・ブルックスJr. 12インチ(約30cm) 並行輸入品TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ バーナビー・ブルックスJr. 12インチ(約30cm) 並行輸入品
()
YES ANIME,INC.

商品詳細を見る


「虎」と「うさぎ」が、更に「アルパカ」とコラボした!(笑)

あ、一つ前の記事でも書きましたが、今「プレミアムバンダイ」で、「タイバニ×ラスカル」のコラボグッズの購入予約を受け付けてますね。
こっちは、「虎」「うさぎ」「ライオン」が、「あらいぐま」とコラボしてます(笑)。

あ、この「タイバニ×ラスカル」ってのは、「The Rinsing」の序盤でマーク・シュナイダーが虎徹に言った「虎っていうより、あらいぐまだね」という、あの台詞から生まれたアイデアなんだそうで。
確かにそういう台詞、あったけど……言われるまで気づかなかったよ(汗)。

平川大輔が演じたヴィルギル・ ディングフェルダーは、本名を「アンドリュー・スコット」といいましたけど……。
BBCのドラマ「シャーロック」で、シャーロックの敵であるジム・モリアーティを演じた役者さんの名前が、「アンドリュー・スコット」なんですよね(笑)。
まあ、偶然でしょうけど(笑)。

「The Rinsing」で、ヴィルギルが自分の本名を「アンドリュー・スコット」と明かしたシーンで、「絶対どっかで聞いた名前なんだが、どこで聞いたんだっけどこで聞いたんだっけ」と気になって、一瞬映画のストーリーから頭が離れてしまったっけ(汗)。



上のぬいぐるみ、ヒーロースーツバージョンもあるようです(笑)。

TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ ワイルドタイガー 12インチ(約30cm) 並行輸入品TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ ワイルドタイガー 12インチ(約30cm) 並行輸入品
()
YES ANIME,INC.

商品詳細を見る


TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ バーナビー・ブルックスJr. ヒーロースーツver. 12インチ(約30cm) 並行輸入品TIGER & BUNNY コスプレアルパカ ぬいぐるみ バーナビー・ブルックスJr. ヒーロースーツver. 12インチ(約30cm) 並行輸入品
()
YES ANIME,INC.

商品詳細を見る


今更ですけど、ヒーロー(今間違えて「ホーロー」と打ってしまった)たちの中で、バーナビーだけは本名とヒーロー名を使い分けていないので、グッズを探す時、ややこしいことがある(汗)。

それにしても、虎徹はバーナビーに「ヒーローが素顔を晒すな!」みたいなことを言ってましたけど。
これも今更だけど、ブルーローズとドラゴンキッドは、誰がどう見ても素顔バレてると思うけど(笑)。




「特別展 The World of TIGER & BUNNY」に行ってきた一般人のメモ。

6月24日から7月6日まで東京都豊島区の「池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA」にて開催されていた

「特別展 The World of TIGER & BUNNY」

に(2回)行ってまいりました!
この通り!

タイバニ展・その10。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

間違えた、こっちだった。

タイバニ展・その11。
(※写真クリックでかーなーりー大きくなります。)
いや、1枚目の写真も会場のすぐ外で撮ったものだから完全な間違いではないけど、こっち↑のほうが、より相応しい。

開催初日の大混乱ぶりがあちこちで伝えられていましたが、私が1回目に行った日――6月29日だったかな?――は、全く混乱はしておらず。
すいっと入れて、ゆっくり見て回ることができました。

++++++++++++++++++++++++++++++
展示の目玉は、やっぱり、アニメに登場したダブルチェイサーでしたかね。
これを見て思い出したんですが、2012年9月のイベントで平田・森田が乗って登場したダブルチェイサーって、アニメに出てきたダブルチェイサーとは全然違うデザインのものでしたね。(サイドカーの位置も逆だったし。)

アニメバージョンのダブルチェイサーを見て思ったのは、「思ったより大きい」、そして「思ったより白の面積が広い(洗車が大変そう)」ということでした。

あーそれから。
展示の都合上しょうがなかったのかも知れませんけど、ダブルチェイサーに当てられてた照明の光が強烈で、眩しくて眩しくて、また、どの角度に移動しても必ず照明の光が目に直接入るレイアウトになっていて、それがちょっとばかり惜しかった(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
ヒーロースーツ(ワイルドタイガーとバーナビーの)も、間近で見たのは初めてだったな。
見てみて「これを着た人が近づいてきたら、それが別にヒーローじゃなくても(たとえ鍛えてないひょろひょろの人でも)、かなり怖いな」と思ったんですが……しかし。
鍛えてない人だったら、そもそもあれを着て動き回るのは無理だ。

++++++++++++++++++++++++++++++
「シュテルンビルト」って、「星」とか「星座」って意味なんですね。
テレビアニメの1クール目のオープニング曲が「オリオンをなぞる」、エンディング曲が「星のすみか」と、両方とも星にちなんだ曲タイトルだったのって、その「シュテルンビルト=星、星座」ってことにちなんでるのかな?

オリオンをなぞるオリオンをなぞる
(2011/05/11)
UNISON SQUARE GARDEN

商品詳細を見る


今更ですが、テレビアニメ1クール目のオープニングにこの曲を持ってきたお方は、ほんと、慧眼だったと思います。
テレビアニメ第1話が放送されてから3年以上が経っているのに、今聴いても、曲調といい歌詞といい、「タイバニ」の原点を感じさせる曲です。

++++++++++++++++++++++++++++++
このシュテルンビルトに林立するビルのデザインや、「The Beginning」の遊園地のデザインを見た時、「――これ、日本人がデザインしたなあ」と思ったんですよ……日本人なら(というか、日本に長く住んでる人なら)、「ビルや遊園地のデザインを考えてください」と言われたら、たとえ建築や防災の専門家じゃなくても、「巨大地震に耐えられる構造か?」ってことを、もう無意識レベルで考えて、デザインすると思うんですが。

でも、「タイバニ」の世界の建築物って、
「“頭”部分が大きくて、なおかつものすごく重そう」
「んでもって、“首”部分がいとも簡単にポキッと折れそう」
ってのがけっこういっぱいあるじゃないですか(汗)。

あれって「現実世界じゃ、こんなもの、絶対造れないよなあ」という思いの裏返しですよね。
そこが、「――これ、日本人がデザインしたなあ」と思った所以。

シュテルンビルトがああいう3層式の構造になったのは、「過去何度も水害に見舞われた経験を教訓とした」という設定なんですね。
一応、過去の自然災害を教訓にはしてるわけだ……でもその結果、「層の間を支える柱が崩れたら万事休す」という構造にもなっちゃったわけですが。
現にジェイクとクリームも、「柱を壊す」と脅迫してましたしね。

現実であれフィクションであれ、「大勢の人が狭い土地に集まって生活する」となると、都市も建築物も、どうしたって無理のある構造になるものなんでしょうかねえ。

++++++++++++++++++++++++++++++
虎徹の腕時計の設定画が細かくてびっくり。
確か「ワイヤーウォッチ」と書かれていたと思うんですが、ワイヤーを仕込める構造になってるんですね、特注の時計なんだろうな。
ってか、あのワイヤーって、ワイルドタイガーのスーツのときしか出てないような気がしてたんですが、そうじゃなかったんだな。

あの時計に似た時計ってグッズとして出ないかなあ、ワイヤーは出せなくてもいいから。(当たり前だ)
ああいうヘビーデューティーな感じの時計って好きなんですよ。
カシオのプロトレックとか、スントのベクターとか、カタログをいくら見ていても飽きない。
デパートの時計売り場なんかでも、ガラスケースの外からいくら眺めていても飽きない。(お店の人すみません(汗)。)


ちなみに私が今欲しいのはこれ。(どうでもいいわ)

[カシオ]CASIO 腕時計 PROTREK プロトレック タフソーラー 電波時計 MANASLU MULTIBAND 6 PRX-2500T-7JF メンズ[カシオ]CASIO 腕時計 PROTREK プロトレック タフソーラー 電波時計 MANASLU MULTIBAND 6 PRX-2500T-7JF メンズ
(2011/11/09)
PROTREK(プロトレック)

商品詳細を見る


「メンズ」ってありますけど、このシリーズで「レディス」仕様のものって見たことないんですけど(ってだから、どうでもいいわ)

++++++++++++++++++++++++++++++
イワンの普段着の設定資料で、「草履」の絵が、「前から見たところ」「斜め上から見たところ」「裏から見たところ」みたいに、アングルによって何カットも描かれていたのが何だかおかしかった(笑)。
そんなところまで気にして観たことなんてなかったけど、設定を作る人って大変だなあ。

++++++++++++++++++++++++++++++
グッズは、もうかなりのアイテムが完売になってるだろうなと思っていたらその通りでして、でも、私が欲しいと思ってたものは意外と残ってました。
(「単価が安くて、嵩張らないアイテム」が好きなもんで(笑)。)

それにしても、グッズ売り場が狭くて、レジの数が少なかったなあ(汗)。
あれじゃ、人が(客が)捌けないよ(汗)……「会場に入ってからグッズ売り場まで3時間待ち」にもなるよ(汗)。

++++++++++++++++++++++++++++++
以上が、1回目に行った時の感想なんですが、2回目――最終日である7月6日――に行った時は、何点か勝手が違いまして。
池袋駅から会場まで、1回目は雷雨のため雨傘をさし、2回目はかんかん照りのため日傘をさしてました。

いや、そんなことじゃなくて。

++++++++++++++++++++++++++++++
2回目は、来場者が多くて、まさかの入場制限がありました!
「『最終日に、来場者多数のため入場制限』って、2010年秋の「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」か(汗)」と思いました!

でも、最終日に来るくらいですから、みんなもうグッズ目当てじゃないのは明白で。
多分、「既に1回来たけど、最後にもう1回見ておきたい」というお方が大半だったと思います。

だから、入場制限を受けて、けっこう長時間並ぶことになっても、何というか、場の空気が全く殺気立ってないんですよね。
それどころか、「最終日に入場制限がかかるほど、来場者が多いなんて……そこまでこの作品を愛してる人が多いんだなあ」というような、ほのぼのした空気さえ漂ってました……少なくとも、私が並んでた時間帯は。

++++++++++++++++++++++++++++++
あーそうそう、「入場制限」の具体的な手順としては、
「まず整理券を受け取り、その整理券に『15:00から入場』のように記載されている時刻までに、指示された場所に並び、指定時刻になったら、指示に従って入場」
という流れだったのですが。

30分刻みで、20人ずつに分けられていたのですが、指定時刻が来て入場が始まったら、係員さんに「前売券をお持ちのお方は先にお進みください」と言われ、前売券を持っていた私はずんずん進んでいって、ほとんどグループ1位で入場することができました。

最初は「え、いいの?」と思ったんですが……でもよく考えたら、「前売券を持っている客が、当日券を買う客のために待たされるのはおかしい」というのなら、確かにそうだ。

それにしても、「前売券を持っている人がほとんどいなかった(ようだ)」ということからして、やっぱり「既に1回来たけど、最後にもう1回見ておきたい」というお方が多かったんだなあ……前売券を持ってたのって、20人中、私1人だけだったみたいだし。
私は2月の時点で、前売券を2枚買ってました(笑)……2回行きたくなるって、信じてたからな。

++++++++++++++++++++++++++++++
会場だった「池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F」って、以前「最遊記シリーズ原画展」を観にいった場所だ……ということは覚えてたんですが。
このブログの過去記事を遡ってみたら、あれは2009年11月のことだったのか、けっこう経ってるな。
ちなみにこの「最遊記」シリーズでも、メインキャラのうちの1人を、平田広明が演じてます(笑)。

(今、「最遊記シリーズ原画展」というイベントタイトルを見て、「何でW・Aのほうは入ってなかったんだろう?」と思ったんですが……。
あの頃はまだ、『W・A』が一迅社に移ってなかったからかな?)

++++++++++++++++++++++++++++++
このイベントの来場者って、東京会場だけで何人くらいだったのかな(延べ人数で)。
どっかに発表されてるかな?
あ、初日だけで2000人超えたのは確実らしいですが(汗)。

「タイバニ」は今のところひと区切りついた感じで、新しい動きは特にないようですが。
でも、何かしら、やってくれないかな……できれば、ファンがあんまりお金をかけないで済む方向で。(オイ(汗))

あ、「テレビアニメのオープニング&エンディング」「劇場版の主題歌&挿入歌」等を全部入れたCDを出してくれないかな。
普通そういうCDって、長く続いてるテレビアニメで出すものだけど、「タイバニ」も曲数でいえば、CD1枚分くらいの曲は充分あるんだし!

++++++++++++++++++++++++++++++
他には……。

グッズ売り場近くの出口に貼られていた、「サンシャイン水族館」の新婚ラッコカップル「ロイズ(オス)&ミール(メス)」のポスターが可愛かったです!(笑)



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


「劇場版TIGER&BUNNY -The Rising-」のDVD&BD発売まで、あと4日!

来月4日(ってか、あと4日で)、これが発売になりますね。

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (初回限定版) [Blu-ray]
(2014/07/04)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る


前作の「劇場版TIGER&BUNNY -The Beginning-」を「アニメイト」で予約した時は、「定価が1万円を超えるものには内金が必要」と言われたっけ……アニメの商品で「内金が必要」と言われたのは、初めてだった(笑)。

で、同日、こんなものも出るようです。

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 扇子BOOK劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 扇子BOOK
(2014/07/04)
不明

商品詳細を見る


タイバニのムックは今までいっぱい出てますが、グッズとセットって珍しくないですか?


グッズといえば……。
6月24日から、「池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル」にて
「特別展 The World of TIGER & BUNNY」(通称「タイバニ展」)
が始まりましたが……。

その24日の会場は、ネット上のニュースで取り上げられるくらいのものすごい混雑ぶり・混乱ぶりを呈してしまっていたそうで(汗)。
「朝5時や6時から並び始めた人が、8時間とか10時間とか12時間とか経っても、会場に入れない」とかいう状態だったらしいですが……そうともなれば、取り上げられもするか(汗)。

初日に大混雑・大混乱したのは言うまでもなく、「会場限定・個数限定のグッズを求める人が殺到し、主催者側がそれに対応し切れなかったから(らしい)」です。

その初日をクリアした後は、どうにか通常営業できているらしいですが……しかし……。

「大きな会場を借り切って、1日だけやる」
というイベントならともかく、
「それほど大きくない会場で数日かけてやるイベントで、会場限定・個数限定のグッズを売る」
ってのは、もうそろそろやめたほうがいいと思う(汗)。
(これは「タイバニ」に限らないことですが。)

この「タイバニ展」は、3月の大阪会場でも、初日は混乱したらしいし。
2月の劇場版公開初日には、映画館によっては「グッズを求める人が殺到し、来場者全体の身の安全が保障できない」って状態にすらなりかけたのに(汗)。

いつか死傷者が出ないかと、最近本気で心配です(汗)。

今回の池袋の初日の件も、死傷者が出なかったのは、運が良かっただけだと思います。
会場に行かれた方々、とりあえずは無事だったようで、何よりです。

「主催者側が、グッズをたくさん用意すればいい」とか、「開催期間を長くすればいい」ってことでもないんですよね……それをやっても、「初日に人が押し寄せる」って事態にはなるだろうから。

もし「数日かけてやるイベントで、会場限定・個数限定のグッズを売る」ってことをやるなら、去年六本木でやった「ワンピ展」並みに、「大きい会場で」「物販のための人手を充分確保し」「もちろんグッズそのものも、数を充分に用意する」。
それができないなら、繰り返しになりますが、「数日かけてやるイベントで、会場限定・個数限定のグッズを売る」ってことは、もうやめたほうがいい(と思う)。

作品やイベントの興行的な成功も大事ですが、ファンの身の安全のほうが、もっと大事であるはずです。
それに「イベントで、ファンが死傷した」なんてことが起きたら、せっかくの名作の名前に傷がつくことにもなりますし。
エラい方々(←誰に言えばいいのかわからないが)は、今後はそのあたり、充分ご配慮・ご検討くださいますように。


(さっきから死傷者死傷者と、エンギでもないことを書き連ねてますが。
この私自身が、もう「元気な若いファン」では決してないもので、自分がそうなるんじゃないかという不安を、けっこうリアルに感じてるんですよ(汗)。)


さて、上の商品2点が発売される日の前日は、こんなのも出るらしいです。

smart特別編集 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- スペシャルBOOK (e-MOOK 宝島社ブランドムック)smart特別編集 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- スペシャルBOOK (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2014/07/03)
不明

商品詳細を見る


「宝島社ブランドムック」は、ゆるキャラを扱うことはときどきあるみたいですが、ここまで「アニメ!」ってものを扱ってる号は、やっぱり珍しいみたい。

それにしても、「宝島社」が「JICC出版局」だった頃を思うと、隔世の感が……いや、ぐるっと回ってもとに戻ったのかなこれ?(笑)



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


アニメイトに行くとだいたい散財する(爆)。~「TIGER & BUNNY ぴあ (ぴあMOOK)」をゲット!~

先日、これを買いました!

TIGER & BUNNY ぴあ (ぴあMOOK)TIGER & BUNNY ぴあ (ぴあMOOK)
(2014/03/22)
不明

商品詳細を見る


表紙デザインも価格も、一見よくあるムックなんですが。
このムックの「買って良かった」ポイントは、今までの「タイバニ」関係の主立ったイベントの簡単なレポートが、写真入りで載っていたこと!
「イベントの様子なんか、DVDやBDでいくらでも観られるだろうが」と言われてしまいそうなんですが、それでも、「何ページか費やされ、(多少は)詳細に書かれた、雑誌の記事」として、読みたいものなんです!

こういうムックって、劇場版公開の時期に合わせて発売になることが多いので、当然「劇場版のメイキング」みたいなことについては詳細に書かれてるんですが。
同時に、前年や前々年にあったイベントの内容についての記事も載っているというのは、珍しい構成だと思う。

また、「タイバニ」のイベントって、テレビアニメ最終回上映を含むイベントを徹夜でやってみたり、ライブビューイングの動員数で日本記録を作ってみたり、テレビアニメの声の出演の主役2人が舞台でも主役2人を演じてみたり、劇場版公開日にイベントの中でその劇場版をまるまる上映してみたり、と、「これはちゃんとレポートを書かないともったいない」と思わされるような内容のものばかりだから、なあ。


今後、「タイバニ」って、どう展開していくんでしょうね……公式に発表されていたことは、「The Rising」の公開をもって、一応、全て終えた形になってますが……。


「ココデオワルハズガナイノニ」という、あのフレーズが、私の頭の中をよぎりまくってるんですけど、ここのところ!(笑)



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


「戦うヒーローの変身シーン」を考える?~「TIGER&BUNNY」と『BLEACH』と~

「劇場版TIGER&BUNNY-The Rising-」を観て、ふと思ったこと。

この「The Rising」では、ヒーローの変身シーンは、虎徹のものしか描かれてませんでしたが、「The Beginning」では、全員分が描かれてましたよね。

アニメでも実写でも、「登場人物が変身して戦う」という作品はたくさんありますが。
「The Beginning」は、

「『まさに今、ヒーローたちの変身が進んでいるところ』、しかも『ヒーローたちがまだ最前線に出る前の、言ってみれば舞台裏のシーン』があそこまで丁寧に描かれているのは珍しい」

という意味で、話題になっていた気がします。

で。
話変わって、漫画の『BLEACH』なんですが。

この漫画の初期の頃って、

「一護が、普通の人間には見えない死神代行として動き回っている間、『普通の高校生の姿をしている一護』の代わりをどう立てるか、どう描くか」
「そもそも、『普通の高校生の姿をしている一護』から『死神代行としての一護』に移る瞬間や戻る瞬間を、どう描写するか」

ってことに、すんごく神経が払われていた気がするんですよ……モッドソウルとか、スピアヘッドとか、ソウルキャンディとか、今思うと、「よ、よくここまで用語編み出して設定作った(汗)」と思うほど。

でも、「○○編」というような、一つのエピソードが長くなって以来、「一護の変身シーン」って、全然描かれなくなりましたよね……一護が「死覇装を着た死神代行」でいる状態がずーっと続くようになったから。

コンなんて、原作では、第29巻から第57巻まで出ていなかったとか?(汗)
まあ、もともと「『普通の高校生の姿をしている一護』の代わり」が最重要任務だったから、無理もないんだが(汗)。

アニメだって、望実と影狼佐のあのエピソード(「護廷十三隊侵軍編」でしたっけか)が新設されてたから、コンは終盤もけっこう登場していたような気はしますが、あのエピソードがなかったら、まさに「第29巻から第57巻まで出番がない」的な位置づけだったんですね(汗)。


『BLEACH』ならこのコン、『NARUTO』ならパックン、『銀魂』ならエリザベス……みたいに、「人間じゃない生き物」が存在感を持って(というか、作者側が持たせようとして)作品初期から登場することって、けっこうあるみたいですが。

息長く登場するには、「戦闘力としてそこそこ頼りになる」ってことの他に、「見た目も言動も、性別不明」「男やオスなら、枯れてる」ってことが、重要なポイントかも。

この『BLEACH』のコンとか、他には『べるぜバブ』のコマちゃんとか、ああいう「エロエロ全開」ってキャラは、たとえサイズが小さくて大したことできなかったとしても、女性読者の目から見ると、何となく安らげなくて、可哀想だけど、正直言って、どっちかというと、嫌なもんなんですよね(汗)。



ま、まあ、少年漫画も、昔に比べると、そういう「正直言って嫌なもん」の部分も、かなり改善されたと思いますが。
昔の少年漫画って、こともあろうに主人公の少年キャラがコンやコマちゃんみたいな行動をしょっちゅう取って、
「女性キャラ側も、口では『キャー』『やめてー』とは言うものの、本当は喜んでる」
みたいな描き方がされてたし、なあ。

まあ「表現の自由」は大事ですが、そういう漫画が、「女は、口では嫌がっても、心の中では本当は喜んでる」みたいな誤解を、長きにわたって、深く広く広めてしまった面があったのも、確か。
その罪は深い(深かった)と思うぞ……大半はもう、過去のものになったと思いますけどね……思いたいですけどね。


――って、わーっ、話が逸れ過ぎた!(汗)

今回の「The Rising」観てると、なぜか『BLEACH』を思い出すことが多くてですね。
別に「バーナビーの声と一護の声が同じだから」ってことではないと思うんですが、ただの偶然だと思うんですが……いや、偶然ではないか。
森田ボイスを聴くと、無意識レベルで一護にまで遡るのかもな。
「戦国BASARA」の慶次も、「ポケモンBW」のポッドも、「キングダム」の信もいいけど、「ときメモ」の瑛もいいけど、森田ボイスといえばやっぱり「一護の声」なのかもな……「千年血戦編」の一護の台詞も、森田ボイスで聴きたいよー!

(あ、私は「ときメモ」やってないのに、何でナチュラルに瑛の名を盛り込んだ(笑)。)


↓「The Rising」のDVD及びBDの予約受付も、始まったようです。

【Amazon.co.jp限定】劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (スチールブック付き)[SteelBook] [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- (スチールブック付き)[SteelBook] [Blu-ray]
(2014/07/04)
平田広明、森田成一 他

商品詳細を見る


↑ライアンなんかこの世に存在しないかのように見つめ合う2人(笑)。

今更ですけど、「The Rising」ではこの2人、「The Beginning」やテレビシリーズほど、「緑&赤」って感じがしませんね。
「緑&赤」が全面的に出ていた「The Beginning」やテレビシリーズも良かったけど、映画館のスクリーンで観るには、「緑&赤」が抑え目な「The Rising」の色設定もシックで良かったな……ってあの2人の色使いが抑え目だったのは、ライアンの色使いがド派手だったせいか(笑)。
小さい子供キャラ3人が「緑、赤、黄色」なら可愛いかも知れないが、いい年した大人3人の普段着が「緑、赤、黄色」では、ちょっと笑っちゃうかも知れないしな(笑)。

ライアンってあの後、どうしたんでしょうね……「大富豪に雇われた」というのは本当なんだろうけど……高い報酬受け取ってピンで活動しつつ、、たまにはバーナビーや虎徹のことを思い出したりしてるのかなあ。

しかし、あれだけ鳴り物入りでスカウトしたライアンに、あんな短期間で逃げられるあたり、ロイズさんも人を見る目があるのかないのか、よくわかりませんね(笑)……自分の部下が同じこと(鳴り物入りでスカウトした新人に、短期間で逃げられる)やらかしたら、さんざん嫌味言うんだろうけどなあ(汗)。



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


2014年カレンダーコレクション。~「TIGER&BUNNY」~

今日(10月23日)は霜降(そうこう)でした。

そろそろ、来年のカレンダーが店頭に並び始める頃です。
並んでいないものについても、予約が始まる頃です。

で。
もう何回か載せましたが、2014年の「TIGER&BUNNY」のカレンダーは、これ↓だそうで。
劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 2014カレンダー劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 2014カレンダー
(2013/11/27)
MBS ©SUNRISE/T&B PARTNERS

商品詳細を見る


劇場版の公開は2月8日ですが、↑このカレンダーの発売はそれよりかなり前の11月27日です。
このカレンダーの絵を観れば、劇場版の内容がちょっとわかったりするのかな?

↓ちなみに2013年のは、これ。
TIGER&BUNNY カレンダー2013年TIGER&BUNNY カレンダー2013年
(2012/10/20)
不明

商品詳細を見る


↓ちなみにちなみに、2012年のは、これ。
TIGER&BUNNY [2012年 カレンダー]TIGER&BUNNY [2012年 カレンダー]
(2011/11/02)
.

商品詳細を見る

↑これは、クリアホルダーの絵柄にもなりましたよね。
私も持ってます。


ところで、来年2月公開の劇場版で中村悠一が演じる新ヒーローの名前は「ライアン」だそうですが、これ明らかに「ライオン」に音が似ているから決まった名前でしょうね。
「タイガー」と対比させるための。

あ、対比というなら。
ライオンはアフリカの動物ですが、虎はもともとはアジアの動物だ、ってのも、対照的ですね。

ついでにいうなら。
「アニエス」という名前には、「羊」という意味がある、という説があるそうで。
あと1ヶ月もすると街にはクリスマスソングが流れているはずですが、ミサ曲の中には「アニュス・デイ」という章がありまして、これは「神の子羊」という意味なのです。
「Agnus Dei(アニュス・デイ)」の「Agnus(アニュス)」と、人名の「Agnes(アニエス)」、綴りも発音も似てますよね。

(※ アクサン・グラーヴが出ないが許してくれ(汗)。)

そして、「Agnes」という綴りからわかるように、この名前、英語読みでは「アグネス」です。
日本だと「アグネス・チャン」が有名ですが、他には、マザー・テレサのもとの名前が「アグネス」なんですよね。

――などと考えながら「TIGER&BUNNY」を観ると、また違った楽しみがあるかも知れません。(そうか?(汗))

そうか、「TIGER&BUNNY」は、「虎と兎の絆のお話」であるだけじゃなく、「牛が羊に片思いしているお話」でもあったんだなあ、うんうん(笑)。



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


優雅で感傷的な(男たちの)三角関係?(笑)~「TIGER&BUNNY」と『アーシアン』と~

いくつか前の記事で、

「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」では、「虎徹、バーナビー、新ヒーロー」の位置関係が、『アーシアン』の「ちはや、影艶、さやか」みたいになるのかな?

というようなことを書きましたが。

『アーシアン』では、地球人のプラス面をチェックする天使・ちはやと、マイナス面をチェックする天使・影艶がコンビを組み続けて、やっと息が合ってきたかという頃に、ちはやが異動になって後釜にさやかが来ることになり、さやかは影艶と組めることに大喜びするが、ちはやと影艶はまさか離れ離れになるとは思ってもおらず大ショックからなかなか立ち直れない……みたいな流れになってたんですよね。

「TIGER&BUNNY」で、「主人公のヒーロー2人は、同じ企業に雇われている社員同士でもある」という設定を知った時、「じゃあ、いくら今は自他共に認める最高のコンビでも、企業の思惑一つで、どっちか、あるいは両方が異動になったり転勤になったり配置転換になったり、ってのも、絶対ないわけじゃないんだなーこの2人」と、漠然と思ったんですよね。
テレビアニメの中ではそういうエピソードはなかったですが、視聴者に「そういう展開もあり得ないわけじゃないな」と思わせるところが、この作品のリアルさでしたね、ほとんど冷徹とも言えるほどの、リアルさ。

異動とか配転とかいえば。

世の中確かに、報復人事とか、理不尽な配転とかってのはありますが。
そうじゃない人事にまで、「自分が気に入らない」という理由だけで、いつまでもいつまでもいつまでもいつまでも怒ってたり、ふて腐れてたり、落ち込んだ様子を前面に打ち出して溜息ばかりついてたり、ってのは、いけませんね(汗)。

私も以前いた部署で、そういう、いつまでもいつまでもいつまでもいつまでもふて腐れてたり、溜息ばかりついてたり、という複数の人たちと一緒だった時期があったんですが……いやーマジしんどかった、もうあんな環境、二度とごめんだ(汗)。

――と、「TIGER&BUNNY」からも『アーシアン』からも、話がずれた。


さて、この記事を書くに当たって、実は『アーシアン』の「さやか」の名前を思い出せなくて、Wikiで一生懸命調べてしまいました(汗)。
このさやかが登場するエピソードは、アニメにはなったのかな?
それとも、ドラマCDになったのかな?

あ、演じたのが女性(矢島晶子)だということも、今回初めて知りましたよ!(汗)

そうだ、女性が演じていて、「さやか」なんて名前ですが、この「さやか」って子は男の子です、今更ですが。

う-ん、「矢島晶子が演じる男の子」といえば……『アーシアン』は実は「クレヨンしんちゃん」への布石だったのか!(んなわけあるか(笑))


↓いつの間にか(?)完結していた、原作『アーシアン』。
アーシアン 完結版 文庫版 コミック 全5巻完結セット (創美社コミック文庫)アーシアン 完結版 文庫版 コミック 全5巻完結セット (創美社コミック文庫)
(2008/01/18)
高河 ゆん

商品詳細を見る


↓『アーシアン』関係のCDは何枚か持ってますが、最初に出たこの1枚がいちばん好きだな。
アーシアン*オリジナル・アルバムアーシアン*オリジナル・アルバム
(1988/07/24)
濱田金吾、MILK 他

商品詳細を見る

↑ってこれ、もう四半世紀も前に発売になったものなのかー!(汗)
四半世紀前と言ったら、「タイバニ」に出てた声優の中では、カリーナ役の寿美菜子や、宝鈴役の伊瀬茉莉也や、楓役の日高里菜なんて、まだ生まれてないんじゃ……あ、伊瀬茉莉也は1988年生まれだから、ギリギリ生まれてはいたか?
どっちにしろ、ギリギリであることに変わりはない。

あ、「今年の8月で、生まれてちょうど半世紀」という声優はいたようですが(笑)。


それにしても中村悠一って、「ポケモン」のエヌと言い「銀魂」の坂田金時と言い「タイバニ」の新ヒーローと言い「戦国BASARA」の島左近と言い、作品が既に盛り上がっているところへ途中からやってきて美味しいところを持っていモゴッ(以下自粛(汗))まあそれだけ期待されている役者だということでしょうか。


(この記事のタイトル、何のパロかわかる人、いるかな?)



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


「LOVE LETTERS」観劇直後のこと。

1週間ほど前、
「6月16日に、パルコ劇場で上演された「ラヴ・レターズ」を観に行った」
ということを書きましたが。

その直後のことをば。

終演後、階段を降りていったら……そこは、「ワンピ」ショップだった(笑)。

ついさっきまで、「親愛なるメリッサ」のことを涙ながらに語っていたその声が、「ナミ、すわあ~~ん、ロビン、ちゅわ~~ん」と変換されて、私の頭の中に響いたのでした(笑)……いや、私だけじゃない、あのショップにいた女性客の大半は、そうだったと思う(笑)。

↓船長のパネルの横にあった注意書き。
ルフィの台詞・わりぃ!
(※写真クリックで少し大きくなります。)

で、同じフロアの、ちょっと離れたところには、WJのショップが!
(正式な「ジャンプショップ」ではないようなんですが、雰囲気は似てました……「往年の名作から最新作まで、集英社の漫画にちなんだグッズのショップ」って感じだったかな?)

面ファスナーで留める「NARUTO」のワッペンとか、かっこよかったけど、単価の高いものが多くて、そっちは諦めた(涙)。

↓で、そこで買った、「タイバニ」グッズ!
ヒーローTVのキーホルダー。
(※写真クリックで少し大きくなります。一円玉は大きさ比較のためのものです。)
↑このシリーズの中では、「アニメイト」でも、これだけがなかったんですよね……「ウロボロスのものさえあるのに(あるんです)、何でヒーローTVのがないんだ」と思ってた。
もう現物にお目にかかることはできないと思ってたんですが、意外なところでお目にかかれて、しかもゲットできた!


↓アマゾンでも扱われてます。
TIGER&BUNNY HERO TV ラバーキーホルダーTIGER&BUNNY HERO TV ラバーキーホルダー
(2011/11/23)
コスパ

商品詳細を見る


↓ちなみに、「ウロボロス」のはこれ。
TIGER&BUNNY ウロボロス ラバーキーホルダーTIGER&BUNNY ウロボロス ラバーキーホルダー
(2011/11/23)
コスパ

商品詳細を見る

↑ちょっとかっこよくないですか?(笑)


それにしても、「ラヴ・レターズ」の後は「ワンピ」、「タイバニ」と、予想外に平田ボイスに駄目押しされた1日でした(笑)。



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック


春の「無印良品」はタイバニ(カラー)祭り!(笑)

今日(3月17日)は彼岸入りでした。

さて、街がタイバニカラーで溢れているのはクリスマスシーズンですけど。

今の季節の「無印良品」は、やや薄めたトーンのタイバニカラーで溢れています(笑)。

↓例えば、ロールケーキ。
無印良品の緑とピンクのロールケーキ・その1。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓パッケージに入った状態。
無印良品の緑とピンクのロールケーキ・その2。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓虎焼き。
虎焼きでタイバニ・その1。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓パッケージに入った状態。
虎焼きでタイバニ・その2。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓バウムクーヘン。
バウムクーヘンでタイバニ・その1。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓パッケージに入った状態。
バウムクーヘンでタイバニ・その2。
(※写真クリックで少し大きくなります。)

↓マシュマロ。
無印良品の桜と抹茶のマシュマロ。
(※写真クリックで少し大きくなります。)
↑ここまで来ると色が薄すぎて、どっちがどっちの色か、一瞬わからない(笑)。

春というと、「桜」や「苺」、「抹茶」や「若草、若葉」の季節だってことで、「赤、ピンク」と「緑、黄緑」を対比させて商品化しやすい季節なのかも知れない……って、あれ?
「抹茶」は「春の季節もの」なのか?(汗)
「新茶」だと、もうちょっと後の季節のものですよね?


それにしても、甘いお菓子買い過ぎだ私(汗)……さすがに、時期はバラして買ったけど。


↓近々発売される、ちゃんとしたタイバニグッズ。
TIGER&BUNNY-SINGLE RELAY PROJECT-CIRCUIT OF HERO Vol.1TIGER&BUNNY-SINGLE RELAY PROJECT-CIRCUIT OF HERO Vol.1
(2013/03/27)
ブルーローズ(寿美菜子) バーナビー・ブルックス Jr.(森田成一)

商品詳細を見る

「赤と青」というと、某戦国もののゲーム&アニメのメインキャラ2人を思い出すけど、↑この2人も「赤と青」ですね。


あ、「無印良品」の、食べ物コーナーじゃなく化粧品コーナーに、今流行りの「化粧水・乳液・美容液」が一つになったジェルが何種類かあったんですが。
緑系の容器のものは「ストレス肌シリーズ」で、赤系の容器のものは「エイジングケアシリーズ」でした。

それで……え、どっちかというとストレスがたまっていそうなのは「赤」のほうで、エイジングケアが必要なのは「緑」のほうじゃ?……などと思い、店内でひとり、吹きそうになっていたのでした(笑)。



テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。