こじゃれブログ

プロフィール

みつか

Author:みつか
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



最近のトラックバック



月別アーカイブ

MONTHLY



FC2カウンター



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QR



シチュー引きずり回し



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




9月17日は「世界残業デー」!?

昨日の夜の、「ニュースWEB」の「つぶやきビッグデータ」で1位になった言葉が

「世界残業デー」

だったそうで。

「そんな記念日あったのか?」と思ったら……画面にいきなり、この絵が現れた。

よつばと! 12 (電撃コミックス)よつばと! 12 (電撃コミックス)
(2013/03/09)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


この「世界残業デー」、どこから来たのかというと。
これの「9月17日」の箇所に、「世界残業デー」と載ってたんだそう。

よつばとひめくり2014 ([カレンダー])よつばとひめくり2014 ([カレンダー])
(2014/03/10)
アスキー・メディアワークス

商品詳細を見る


「何でこの日が選ばれた?」という疑問の声は当然上がってましたが、「9時から17時まで、という意味があるのでは?」という説があるそうで。

でもそうしたら、「9時から17時までなら、定時勤務デーじゃないのか?」という声もあったらしい(笑)。
確かに、「9時から17時まで勤務」なら、「世界ノー残デー」ですよね(笑)。

この「世界残業デー」という言葉に違和感とインパクトがあるのは、「残業」という日本独自の文化に「世界」という言葉が冠されているところ、ですよね。

あー、海外でも、「残業」とか「長時間労働」とかをする人はいるそうですが。
ただそれは、エリート候補である一部の人だけだそうで、「新入社員から部長クラスまで、男女関係なく、ほぼ全員が長時間労働なのが当たり前」ってのは、やっぱり日本独自の文化らしい。

こんな“文化”じゃ、そりゃ、少子化も進むよなあ。

「残業」「ノー残デー」「少子化」等々については、書きたいこともありますが、それを書いてると『よつばと!』とは全然関係ない話になりそうなので、ここではやめておこう。

それから。
『よつばと!』の新刊はいつ出るんですかー!?(必死)



スポンサーサイト

テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻の感想。(その3)~第68話から第69話まで~

よつばと! 10 (電撃コミックス)』の感想の続きです。

では、第68話から第69話までの感想をば。

++++++++++++++++++++++++++++++
・第68話「よつばとうそ」

よつば、バランスボールをいろんなところにバンバンぶつけて遊びたい気持ちはわかるぞ(笑)

よつばに「どこいく?」と何度も聞かれても何にも答えず、ただよつばと手をつないだまま歩き続けるとーちゃんは、大人の読者の目から見てもちょっと怖い……ってか、他人が口出しできない迫力がある。親業って大変だな

「いただかれる~~」と泣き叫ぶよつばが、可哀想なんだけどオカシイ(笑)

よつばととーちゃんの、「ぱそこんこわしても?」「…パソコンはかんべんしてくれ」という会話がオカシイ(笑)。とーちゃんみたいな在宅勤務者&よつばみたいな小さい子がいる家では、パソコンのデータのバックアップって特に不可欠なんだろうけど、とーちゃんはやってるのかな……あんまりやってなさそうだな(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
・第69話「よつばとさいかい」

恵那、「ハムスターのかご」よりは「ハムスター本体」のほうが、確実に高価だと思うが(笑)。それとも、綾瀬とーちゃんか綾瀬かーちゃんに、「ハムスターを飼いたいなら、本体は買ってやるから、かごは恵那が買いなさい」とか言われたのかな?

「エレベーターには点検のための秘密のボタンの押し方がある」ってのは、現実に本当にありそうな話だと思ったが(笑)。「全部押したら爆発する」ってことは、流石にないにしても(笑)。でも恵那は、最初は信じてたんだなこの「爆発する」って話を(笑)

でもすみません、私も、デパートなんかでエレベーター内のボタンの前に立ってしまい、なおかつエレベーター内が込んでるときは、全部のフロアのボタンを押してます(汗)。だって、「○階お願いします」と口で言えばいいのに、人の(つまり私の)背後や横から、無言で人の(つまり私の)目の前すれすれに人差し指を突き出してきてボタンを押すヤカラがけっこういて、危なくてしょうがないから(汗)。急いでいる人には申し訳ないんですが、何度か、本当に危ない思いをしたもので(汗)

相手が子供とはいえ、真顔で「いま よみがえりのぎしきしてるから」と言われたら、大人もそりゃ驚くな(笑)

あ、みうらのかーちゃん、娘にそっくりだな。よつばの言う通り、「おおきいみうら」だ(笑)

みうらのかーちゃん「みうらが作」
恵那「わーーーー!!」
↑この会話オカシイ(笑)……あ、「会話」ですらないのかこの時点では(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
さてと、各話の感想は(簡易版ながら)書き終わったけど……何かこう、総括的な感想も書きたいな……書けるかな?

++++++++++++++++++++++++++++++
↓この第10巻の、カバーを外した状態。
よつばと!第10巻カバーなし。
(※クリックで少し大きくなります。)
↑上のほうにいろいろはみ出しているものは、「ここについて感想を書こう」と思って貼った付箋です(笑)。

↓今の季節にぴったりの1枚……なのでは?
音楽CD よつばと(音符記号)組曲「冬将軍」音楽CD よつばと(音符記号)組曲「冬将軍」
(2006/11/22)
栗コーダーポップスオーケストラ

商品詳細を見る

↑漫画の本編で描かれている季節は、今のところ「春から初秋」ですけど、このCDのライナーには、「真冬」の様子が描かれてます、そこがちょっと新鮮です。

++++++++++++++++++++++++++++++
『よつばと!』第10巻の感想。(その1)~第63話から第64話まで~戻る
『よつばと!』第10巻の感想。(その2)~第65話から第67話まで~戻る



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻の感想。(その2)~第65話から第67話まで~

よつばと! 10 (電撃コミックス)』の感想の続きです。

では、第65話から第67話までの感想をば。

++++++++++++++++++++++++++++++
・第65話「よつばとジャンボ」

第10巻まで来たってのに、今までこのサブタイトルがなかったのが不思議だ。他にも、この漫画って細かく見ていくと、え、ここに至るまで、○○って、なかったの!?みたいなシチュエーション、けっこうあるかもなあ

とーちゃんとあさぎのあの写真は、ああなった流れを知らない目で見たら、絶対誤解するって(笑)

写真を見て「とらってのはどれだ」と必死に探ろうとしているジャンボがオカシイ(笑)

そのジャンボの「モノクロ写真かよ…カッコつけやがって」という言葉もオカシイ(笑)

そういえば、ジャンボが「とらは男だ」「そしてあさぎの彼氏だ」と誤解しているシーンでは、その場には、より誤解を煽るようなことしか言わない人物ばっかり居合わせるのはなぜだ(笑)

よつばの作ったホットケーキが残っているということは、ジャンボが来ているこの日は、やんだが昼に来た日と同じなのか

・「眠くなると体が温かくなるってのは、眠りに入るためには、体温は少し下がったほうがいい→体温を下げるために、体内の血管が体表に近づいて、熱を放出しようとする→体を外から触ると、温かく感じるってシステムの結果だ……と聞いたことがあるんだけど、これ、合ってるのかな?

++++++++++++++++++++++++++++++
・第66話「よつばとでんきや」

よつばがやってる指の形を見て、それは左手でやらないと(笑)と思ったんですけど、「フレミングの法則」って、左手バージョンの他に、右手バージョンもあるんですってね、知らなかった……ってかそもそも、指の形は覚えていても、3本の指が何を表すかは全然覚えてなかった(汗)。ちなみに、「フレミングの法則」とだけ言うときは、それは左手バージョンのことを意味するらしいです

風香、試験明けはそういう若干奇天烈な言動に走りたくなるのもわかるぞ(笑)

よつばが、売り場に出ているケータイの店頭見本を耳に当てて「なにィ!!そんなバカな!!」と血相変えて叫んでますけど……よつばって電話での第一報は、悪い知らせだという刷り込みでもされてるのか(笑)。そういえば以前、綾瀬家と糸電話で話した時も、振り込め詐欺に引っかかりそうになってたし(笑)

今頃になって気づいたんですが……この漫画は月刊誌掲載ですけど、月によってページ数がけっこうバラバラだったりします?(汗)この回って、かなりページ少ないですよね?(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
・第67話「よつばとかでん」

とーちゃんの「そのままでかわいいと思うけど」という言葉に、一瞬呆気にとられた後、顔を赤らめる風香(笑)。この2人って、自分では気づかないうちに相手をイラッとさせたりカチンとさせたり、ってことはよくしてるけど、逆にいい気分にさせることもある相性なんだろうか、それはけっこういい相性だと思うぞ(笑)

風香、カバンにいろいろぶら下げ過ぎだー!(笑)私もああいう感じの小物はいっぱい持ってるけど人が見たらどう思うかってことの他に、動いただけで音がうるさいんじゃあるまいかとか気づかないうちに落としたらどうしようってことが心配で、カバンにはほとんど何もつけてない!

あ、でも、「笛を持ち歩く」ってのは、マジで大事なことだそうです。都会に生きる人間は、「小型のホイッスル、ライト、ラジオ」くらいは、持ち歩いたほうがいいそうです

マッサージチェアに座って爆睡してる人ってのはよくいるけど、だいたいは高齢の、「散歩ついでに寄ってみた」って感じの男性だな、「学校の制服を着た女の子」は、滅多にいないかな(笑)

そして、どう見ても買う気は全然ないくせに、しょっちゅうマッサージチェアに座るためだけに家電売り場を訪れる客のことは、お店の側は、その客の顔とか来る時間帯とか来る頻度とかはだいたいチェック済みだそうなので、そういう行動をとっている客はほどほどに(汗)。そして、たまには数千円くらいの買い物はそこでしよう(汗)

それにしても、普段着のとーちゃん、普段着のジャンボ、学校の制服を着た風香、よつばの4人は、通りすがりの人たちから見ると、どう見えるんだろうな(笑)。もしとーちゃんとジャンボが背広姿で、風香が私服だったら、けっこう簡単に説明がつきそうだけど

++++++++++++++++++++++++++++++
↓この第10巻のウラ表紙。
よつばと!第10巻ウラ。
(※クリックで少し大きくなります。)

↓来年のカレンダー。
「よつばと!」2011カレンダー「よつばと!」2011カレンダー
(2010/11/26)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


++++++++++++++++++++++++++++++
『よつばと!』第10巻の感想。(その1)~第63話から第64話まで~戻る

『よつばと!』第10巻の感想。(その3)~第68話から第69話まで~進む



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻の感想。(その1)~第63話から第64話まで~

『よつばと!』第10巻の感想です。

よつばと! 10 (電撃コミックス)よつばと! 10 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


まずは第63話第64話の感想をば。

++++++++++++++++++++++++++++++
・第63話「よつばとあそぶ」

よつばのとーちゃんは「ほぼ日手帳」のユーザーらしいな

よつばが、洗い物をする動きをしながら言ってる「あーめんどくさいめんどくさい」って、とーちゃんの口癖だな?(笑)とーちゃん、食器洗い機を買えばいいのに(笑)

よつばととーちゃんの、
「コーンスープとー、えーっと、だいこんおろし」
「君んち貧乏なの?」

↑このやり取り、オカシイ(笑)

とーちゃんがよつばのかくれんぼにつきあいながら、「ルールがわからん」と独り言を言ってますけど、さしものとーちゃんも、よつばの行動パターンを全部理解しているわけではないのか(笑)

・「カーテンを体に巻きつけて遊ぶって、子供は必ずやりますよね、テツandトモのネタにもそんなのあったしな(笑)

でも、
子供がカーテンを体に巻きつける→そのまま足を床から離してカーテンにぶら下がろうとする→重さに耐え切れず、カーテンのフックが変形したり、カーテンレールごと外れたりする→子供、カーテンやカーテンレールごと落下
となるとマジで危ないので、小さい子供のいる家は、本当はカーテンじゃなくてブラインドにしたほうがいい、という説もあるとか

++++++++++++++++++++++++++++++
・第64話「よつばとホットケーキ」

子供が作る最初の料理(ってか、お菓子?)って、たいてい「ホットケーキ」なのかな? 私もそうだった気がする

とーちゃん、よつばに「粉牛乳卵」の順でボウルに入れさせてるけど、本当は「卵牛乳粉」のほうがいいはずなんだがな

・「子供は、手が汚れると、大人の服か、絨毯で拭くって法則が描かれてる(笑)

・「ホットケーキのタネをおたまにすくって、フライパンに運ぶまでって、確かに緊張する。もうちょっと年が上がるとボウルごとフライパンの上に持っていけばいいんだとわかるんですけどね

やんだ、男が女の作った料理を「下手だ」とか「まずい」とか言うのは、女が男に「車の運転が下手ね」と言うのと同じくらいのタブーだぞ(汗)

「こんなにいっぱいつくってもおなかいっぱいでたべられないでしょ!!」と怒るよつばにとーちゃんが何て言うのかと思ったら、「とーちゃん本当はホットケーキ大好きマンだ!」でしたか! 私はてっきり「ホットケーキは冷凍保存できる!」と言うのかと思ったんだが!(笑)

そのとーちゃんの言う「回さなくていい、フライパンのまん中だけに落としてみろ」って、意外と盲点かも知れない

ホットケーキを焼くのを初めてうまくやれたよつばの顔、喜びが伝わってくる。私も、初めて均一の狐色に焼けた時は、すんごく嬉しかったのを覚えている。(「円く焼く」ってのは流石に最初からできた、小学生になってからだったので)

やんだが、よつばのホットケーキを「ひどい」と言うとーちゃんのフォローにいつの間にか回っている(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++
『よつばと!』第10巻の感想。(その2)~第65話から第67話まで~進む



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻発売まで、あと1週間!

数日前、『よつばと!』第10巻発売についての記事を書いたのですが……。
なぜか、第9巻の記事にばかりアクセスが集中しているようで、不安になってきた……(汗)。

なので、念のため、もう1回宣伝します!
あと1週間で発売になるのは、第10巻です!
↓これです!
よつばと!(10)(DC)よつばと!(10)(DC)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


↓ついでに、去年の同日に発売になった第9巻もチェックしてみたのですが……。
よつばと!  9 (電撃コミックス)よつばと! 9 (電撃コミックス)
(2009/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

↑今見てみると、この第9巻の表紙って、これから発売になる第10巻の表紙と似てますね(汗)。
道が手前から奥に伸びていて、その途中によつばが立っていて、よつばの影が道に落ちているというあたり、同じだ(汗)。
本屋さんはどうか、お客さんが間違った巻を買わないように、商品のレイアウトに注意してあげてください(汗)。



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック


『よつばと!』第10巻発売まで、あと約10日!

『よつばと!』第10巻発売まで、あと約10日です!
↓表紙デザインは、これだそうで!

よつばと!(10)(DC)よつばと!(10)(DC)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


ところで、10月末から11月頭にかけて、いろんなものの発売スケジュールが、「何これ!? イジメ!?」状態だったんですけど……またその時の感覚が戻ってきてるんだなこれが(汗)。




『よつばと!』第10巻発売まで、あと1ヶ月10日!

『よつばと!』第10巻の発売予定日が発表されましたね!
11月27日だそうで!

よつばと!(10)(DC)よつばと!(10)(DC)
(2010/11/27)
あずまきよひこ

商品詳細を見る

↑表紙デザインは未発表のようですが。

第9巻が発売されたのが、去年の11月27日でしたから……。
よつばと!  9 (電撃コミックス)よつばと! 9 (電撃コミックス)
(2009/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る


ちょうど1年置いて、新刊発売となるわけですね!

第9巻の最後の話は……「よつば、とーちゃん、あさぎ、虎子、恵那」が気球大会を観にいって、よつばが土手をダンボールシートで滑って引っくり返って「あははははは」となったところで終わってたのか。
第10巻ではどんな展開になってるのかな。

↓11月27日となれば、もうこのアルバムも似合う季節かな?
音楽CD よつばと(音符記号)組曲「冬将軍」音楽CD よつばと(音符記号)組曲「冬将軍」
(2006/11/22)
栗コーダーポップスオーケストラ

商品詳細を見る

↑このCD、私は持ってることは持ってるんですが、ずいぶん長いこと聴いてないな(汗)……久しぶりに聴いてみようか。




よつばと「ソーセージ丼・イタリアン風」と私。

よつばと! 9 (電撃コミックス)』に登場した「ソーセージ丼」を、想像だけで作ってみた……ということを書いたら、それ以降、「ソーセージ丼」での検索件数が多くて多くて!(笑)
皆さん「ソーセージ丼」についてのどんな「より深い、詳細な、突っ込んだ情報」を求めておいでなのか!(笑)

↓んで、調子に乗って、第2弾を作ってみました。
ソーセージ丼・イタリアン風。

第1弾のときの「ご飯」「ソーセージ」「パプリカ」「海苔」「目玉焼き」から「海苔」「目玉焼き」を抜いて、「数種の茸」「スライスチーズ」を加えて、全体をトマト風味に味付け。
まあ「茸、チーズ、トマト」の組み合わせは王道なので、無難なアレンジです。
あ、「ソーセージ丼・イタリアン風」と命名してみましたが、トマトとチーズが使われてりゃ「イタリアン」と言えばいいってものでもないぞ>私(笑)。


↓丼ものといえばこの本。
とびっきりの、どんぶりとびっきりの、どんぶり
(2002/06)
小林 ケンタロウ

商品詳細を見る

↑「ソーセージ丼」ってのも、これに本当に載ってたような気がするな……あー、似た感じのものがあった、68ページの「ラタトゥイユ丼」がそうだ!
トマト味だし、「ラタトゥイユ」とはいっても、ソーセージ入ってるし!

ちょっと話は逸れますが、「ラタトゥイユ」とか「カポナータ」とかに、家ではソーセージベーコン入れて作ってる人って、けっこう多いんじゃないのかな……だってやっぱりそのほうが、コンロは一つで済むし洗い物は減らせるし結果楽だしモゴモゴ(って自分がそうなだけだろうが私(爆))。




よつばとソーセージ丼と私。

よつばと! 9 (電撃コミックス)』に文字情報だけで登場した「ソーセージ丼」ってのがどうしても頭から離れず、想像だけで作ってみました。
↓これです。
ソーセージ丼。
↑「ご飯」「ソーセージ」「目玉焼き(半熟)」「海苔」を使った上で、栄養バランス的なことを考えて、パプリカを蒸して、トマトケチャップをかけてみました。

これ、食べている途中で気づいたんですが、「ビビンバ」状態になるんですね。
別々の容器に盛ってから食べたのなら「行儀悪い食べ方」になりそうな食べ方を、丼だと堂々とできるのが、何だか解放感があっていいです(笑)。
盛り付けも楽だし、洗い物も少なくて済みますし。(←とーちゃんは多分こういうことに重きを置いてるんじゃないかと思う)


↓とーちゃんがよつばの夢の中で食べてしまったキャラメルコーン(と同じ種類のもの(と思われるもの))。
キャラメルコーン。
私のほうは、すんごくすんごく久しぶりに食べましたよキャラメルコーン!
人様の家でおやつにいただいたことは何回かあったような気もするんですが、「自分で買って食べた」というのは、下手したら数十年ぶり?
昔に比べて内容量が減ったように思えたんですけど、それは本当に減量されたのか、それとも単に私の手や体がデカくなったからそう感じられただけなのか、どっちなんだ……両方か?


↓虎子が「イモスティック」というものを買っていたのを思い出して、私も買ってみた「大学芋」
大学芋。
でも、虎子が買ったのは多分、「甘いサツマイモ」じゃなく、「塩味のジャガイモ」だな。


第10巻が出るまでにまたすんごく待たされそうだし、その間に、とーちゃんが普段作ってる料理のレシピ本が出てくれないかなあ。
あととーちゃんは、第10巻では食器洗い機を買ったほうがいいと思う(笑)。




『よつばと!』第9巻の感想。(その3)~第61話から第62話まで~

よつばと! 9 (電撃コミックス)』の感想の続きです。

++++++++++++++++++++++++++++++

・第61話「よつばとききゅう」

恵那って、苦労性で損な性格だなあ、「3人姉妹の末っ子」のイメージじゃないなあ(笑)。
でも、あさぎも、そういう恵那のことはあんまり子供扱いしてない気がする……どっちかというと、風香のほうを子供扱いしている気がする(笑)。

「足をかかえてなら回せると思う」(とーちゃん)
「いえ遠慮します」(あさぎ)
↑このやり取り、オカシイ(笑)。
とーちゃん、「足をかかえてなら回せる」って、それ「テレビサラリーマン体操」のノリだよ(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++
・第62話「よつばとそら」

ああいう屋台で売ってるたこ焼きとか、焼きそばとか、ホットドッグとか、牛串とかって美味しいんだよなあ。

あーそうだ、いつだったか、「ためしてガッテン」か何かでやってたんですが……。
キャンプ場などの屋外で作った焼きそばを被験者に食べさせると、ほとんどの人が「外で食べると美味しいね」と言うんだそうだが、あれは、「外で食べるから美味しく感じる」のではなく、本当に美味しい焼きそばだから、なんだそうだ。

キャンプ場などで作られる焼きそばは、「強い火力」「そばや具を広げて一気に炒められる大きい鉄板」「水蒸気をガンガン飛ばせる開放空間」などが揃っているから美味しく作れるんだそうで、その証拠に、一般家庭で作るのと同じ条件で作られた焼きそばを、同じ場所で、同じ被験者たちに食べさせたら、同じ「外で食べてる」のに、「外で食べると美味しいね」と言う人は激減したらしい。


「竹とんぼを巡って、虎子に対抗意識を燃やすとーちゃん」と、「飴を巡って、子供たちに対抗意識を燃やすあさぎ」がオカシイ(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++

この漫画って一時期、「(作品中の)8月の終わりと共に、連載も終わるんじゃないか」と言われていたそうで、しかしそれはなかったですが……。
でも、「(作品中の)今の年度の終わりと共に、終わるんじゃないか」って気は、今回はちょっとしたな。
だって、あれだけ天真爛漫なよつばも、小学校に通い出したら、あのままではいられない気がするし……。

「この漫画の連載が終わる」なんて、考えるだけで寂しいんだけど、でも、「感想その2」でも書いたように、小岩井親子があの家に引っ越してきてからまだ半年そこらなのに、その半年は、コミックスで9冊にもなってるんですよね。
第1巻が出たのが確か2003年8月だから、年数にしても、6年以上続いてる。

だから、「(作品中の)今の年度の終わりと共に、連載も終わる」としても、それはそんなにすぐのことじゃないだろう……といっても、「(作品中の)今の年度の終わりまでは続く」って保証もそもそもないから、そうそう安心もしていられないんだけどな!(汗)

++++++++++++++++++++++++++++++
『よつばと!』第9巻の感想。(その2)~第59話から第60話まで~戻る



テーマ:よつばと! - ジャンル:アニメ・コミック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。